中古車売却 中古車買取 コラム

カギを差し出す男性

車検

車検切れの不動車を処分する方法|手続きに必要な費用や注意点

不動車は事故や故障で動かなくなったものだけではなく、車検切れで動かせなくなった車も該当します。車検切れの車は動くかどうかに関係なく、公道を走らせることはできないため、処分に手間がかかります。車検切れの不動車を上手に処分する方法を知り、スムーズに処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検切れの不動車を処理するための手段

車検切れの不動車を処分する方法は、大きく2つであり、「売却して処分」「廃車して処分」のどちらかに分けられます。どちらの方法を選ぶ場合でも、手順を把握し、スムーズに進めることが大切です。また、売却はさらに2つの方法に分けられるため、それぞれの違いを知り、自分に合った方法で処分しましょう。

廃車買取業者に買い取ってもらう

不動車でも買取は可能であり、廃車専門買取業者なら値段を付けてくれることが多いです。車検切れでも綺麗な状態なら高値がつくことも多く、仮に動かせない場合でも値段は付けてもらえます。車検切れで動かせない場合でも、業者に依頼して引き取ってもらうことは可能です。 また、廃車専門の業者なら、買取だけではなく廃車の代行も行っていることが多いです。売却と廃車を同時に進められるため、処分もスムーズに進めやすいでしょう。

自分で廃車の手続きを行う

廃車して処分する場合は、業者に依頼するだけではなく、自分で手続きをすることも可能です。廃車手続きは「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つに分けられ、それぞれで手続きが異なります。永久抹消登録の場合は、車を事前に解体しなければなりません。 解体するには業者に引き取ってもらうか、仮ナンバーを取得して、自身で解体業者まで持ち込みましょう。一時抹消登録の場合は、車の解体は不要なため、登録手続きの完了だけで廃車は完了です。車を完全に処分するなら、永久抹消登録が必要なため、業者依頼か仮ナンバーの発行で、車検切れに対応しましょう。

車の販売店に下取りしてもらう

車を売却して処分する場合は、買取だけではなく下取りも選択肢のひとつです。ディーラーや中古車販売店で新しい車を購入する場合は、古い車を下取りに出し、新しい車の購入代金を値引きしてもらうことができます。 下取りは買取よりも査定が厳しく、査定額が下がりやすいため注意が必要です。車検が切れているだけなら問題はありませんが、故障して自走できない場合は、値段がほとんど付かないこともあります。また、場合によっては廃車費用を請求され、マイナスになる可能性もあるため、注意しましょう。

車検切れの不動車の手続きに必要な費用

車検切れの不動車を処分する際には、方法に応じて費用がかかります。必要な費用は複数ありますが、方法次第でコストを抑えることは可能です。また、一部費用をかけずに処分できる場合もあるため、ポイントを把握して、上手に手続きを行いましょう。

レッカーによる引き取り費用

処分に伴い不動車の輸送が必要な場合は、レッカーを利用しなければなりません。レッカー代は移動距離によって異なりますが、1万円程度が目安です。また、買取業者の場合は、レッカー代無料サービスを行っている場合もあります。 不動車を処分するなら、輸送は必要になることが多いですが、業者の選び方次第でコストはカットできるため、サービス内容まで踏まえて業者を選びましょう。

廃車手続きの代行費用

廃車手続きを業者代行してもらう場合は、代行手数料が発生します。廃車の代行は車の買取店から行政書士、代行業者が挙げられ、それぞれで費用が異なります。基本的には数千円から1万円程度が相場と考えましょう。 しかし、代行手数料は業者ごとに費用が異なり、無料で行う業者もあります。また、自身で行う場合は、永久抹消登録は無料、一時抹消登録は手数料350円で登録できるため、自分で登録するのもおすすめです。

解体にかかる費用

不動車を解体して処分する場合は、解体費用が必要です。費用は業者によって異なりますが、1万円程度が相場でしょう。解体処分なら費用がかかりますが、売却なら余計な費用はかかりません。車が綺麗な状態で残っているなら、解体処分する必要はないため、費用のかからない売却のほうが、お得に処分できます。

車検切れの不動車を処分する時の注意

車検切れの不動車を処分する際には注意点もあり、方法次第ではデメリットを抱える可能性もあります。損なく上手に処分するには、注意点を守ることが大切です。不動車は処分の方法次第で得られるメリット、抱えるデメリットが異なるため、注意点を理解して、上手にリスクを回避しましょう。

早めに処分を決める

車検切れの不動車は、早めに処分を決めることが大切です。車検切れでも名義を持っていると税金はかかるため、素早く処分を決め、余計なコストを避けなければなりません。 処分といっても必ずしも手放す必要はなく、車検を更新して継続して使用するのもひとつの手です。手放す場合でも継続して使用する場合でも、処分の方法は早めに決め、損をしないようにしましょう。

その後の車検方法はナンバーの有無によって変わる

車検切れの不動車をもう一度動かすためには、車検の更新が必要です。車検の方法は、ナンバーの有無によって変わり、廃車したかどうかで決まります。一時抹消登録をし、ナンバープレートを返納している場合は、新規中古登録検査を受ける必要があります。 車検が切れているだけで廃車をしていない場合は、通常通りの継続検査で構いません。ナンバーの有無で車検の方法が異なるため、手持ちの車の状態に合わせて車検方法を選びましょう。また、新規中古登録検査の場合は、車検の取得だけではなく、名義の再登録も必要なため、忘れずに行わなければなりません。

適切な手段で車検切れの不動車を処分しよう

車検切れの不動車を処分するなら、売却か廃車登録のどちらかが必要です。また、手放すだけではなく、車検を更新して継続して使用することも可能です。どの方法を選ぶ場合でも、早めに処分を決めることが大切なため、車検切れの車は間を開けずに処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト