中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

不動車を下取りしてもらう方法|手順や業者の選び方を紹介

更新日:

車を処分する方法のひとつに、下取りがあります。これは現在持っている車を引き取ってもらい、その査定額を新しい車の購入代金から割り引いてもらう方法です。下取りは買取よりも査定が厳しくなりがちです。不動車でも引き取ってもらえるのか知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車が下取りできる理由

結論から言えば、不動車でも下取りに出すことは可能です。動かない車でも価値は残っており、正しく価値を見出してくれるなら、いくらかの値段をつけらもらえる可能性もあります。 もちろん、不動車であることはマイナスに働きやすく、下取りの場合は特に査定額が下がりやすいことは理解しておきましょう。動く車よりは価値が下がりやすいですが、それでもなぜ下取りしてもらえるのか、理由は大きく3つに分けられます。

オークションで転売ができる

業者はオークションへの転売ルートを持っており、状態の悪い車でも、動きさえするなら転売が可能です。不動車でも少し手を加えて動くようになるなら、十分転売用に使えるため、査定額を付けて引き取ってくれる場合はあります。 不動車といっても状態は車によって違い、故障の程度が浅いものや、車検切れが理由で法的に動かせないだけのものなら、下取りでも高値が付きやすいでしょう。

分解したパーツが販売できる

仮に修理が難しい不動車でも、分解してパーツ販売をすることで、業者は利益を得られます。新車、中古車の販売だけではなく、パーツの販売も行う業者なら、パーツの仕入れ用と考え、不動車を下取り用に引き取ってくれます。 また、パーツ取り用の車を求める業者もあり、完全に故障していても業者間でのオークションなら転売できることも多いです。

リサイクルに利用する

パーツ単位で見て使える部品がなくても、資源的な価値を見出して、車を引き取る業者もあります。車は金属や樹脂パーツが多く、これらはリサイクルして再利用できます。素材単位での売却も可能なため、リサイクル部品を集めて利益を得る業者もあるでしょう。 ただし、素材単位でしか価値がない場合は、下取りだと査定額がほとんど付かない場合も多いです。場合によっては解体に必要な費用を請求される可能性もあるため、状態が悪い場合は注意しましょう。

不動車を下取りしてもらう時の手順

不動車をスムーズに下取りに出すには、手順を把握しておくことが大切です。全体の流れを知っておくことで、車を手放すところから新しい車の購入まで問題なく進められます。

下取りを依頼する業者を決める

下取りをしてもらうには、まずは業者を決めましょう。選定する際には、査定に出し、もっとも高値を付けてくれた業者を選ぶのが一般的ですが、下取りの場合は購入する車から先に決めるのもおすすめです。 欲しい車を探し、それを扱う業者を見つけて下取りの交渉も行います。購入する車を決めたら現在手持ちの車を見てもらい、そこから詳細な下取り額や購入契約へと進みましょう。

車を引き取りに来てもらう

業者と下取りの交渉が終わった後は、車を引き取りに来てもらいます。不動車の場合はレッカーを利用して移動させることが多く、費用は1万円程度かかります。業者によってはレッカー代を無料サービスとしていることもあるため、サービス内容をチェックしておくことも大切です。 また、車検切れでないなら、自身で牽引して持ち込むことも可能です。持ち込みの場合はレッカー代は不要で、余計なコストを抑えることができます。

廃車の手続きを進めてもらう

車を引き渡した後は、廃車の手続きも依頼しましょう。業者によって廃車代行の費用は違い、無料か有料かも異なります。 廃車は自身でも行えるため、コストを見て決めるのも良いでしょう。廃車手続きが完了した後は、購入した車の納車を待つだけです。納車をもって不動車の下取りから、処分までの手順は全て完了します。

不動車を下取りに出す業者の選び方

不動車を下取りに出す場合は、どの業者を利用するかも重要です。同じ車でも業者によって引き取りの条件は違い、査定額が異なることも多いです。 また、実施しているサービス内容によって、得られるメリットも異なります。業者選びがもっとも重要なポイントと言えるため、少しでもお得に引き取ってもらえる業者を探しましょう。

不動車専門の業者を選ぶ

不動車を下取りに出すなら、不動車を専門に買い取っている業者を選ぶのがおすすめです。不動車専門の業者なら、状態の悪い車でも積極的に引き取ってくれることが多く、0円以上の金額保証をしていることもあります。 これは不動車の活用ノウハウが充実しているからで、他の業者で値が付かなかった車でも、いくらかの査定額を付けてくれることはあるでしょう。不動車専門の業者の場合、中古車販売をしていないことも多く、下取りではなく買取による対応になる場合もあります。 買取だけの場合でも利用するメリットは十分にあり、少しでも高値で売れたなら、新しい車の購入代金にも充てられるでしょう。中古車販売を行っていない場合は、別の業者で別途購入契約を結ばなければならず、手間が増えますが、その分買取金額に期待が持てます。

解体業を運営している業者を選ぶ

どの業者でも納得できる値段を付けてもらえない場合は、解体業を運営している業者を選びましょう。この場合は下取りではなく、完全買取での対応になりますが、少なからず価値は見出してくれるため、利用するメリットはあります。 自社で解体を運営している業者なら、リサイクル時に中間手数料が発生せず、費用がかからない分、他の業者よりも高値での買取が期待しやすいです。中古車の販売も行い、かつ解体も行っている業者なら、下取りでの対応が可能な場合もあるため、念入りに探してみると良いでしょう。

不動車でも諦めずに査定を依頼してみよう

不動車は価値がないと思う人も多いでしょうが、実は複数の価値が眠っています。業者によってはきちんと見出し、値段を付けてくれるため、諦めてすぐに処分せず、まずは査定に出してみましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-, ,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト