中古車売却 中古車買取 コラム

購入

格安中古車は不人気車が狙い目。おすすめの理由や不人気な車種タイプ

更新日:

車の購入は費用がかかり、新車なら数百万円かかることも少なくありません。車は「資産」であり、「ステータス」でもあるため、少し値が張ってでもよいものを買いたいと考える人もいるでしょう。しかし、基本的な走行性能に問題がないならOKと考える人も多く、お得に車を手に入れたいと考える人は多いです。 コスパ重視でお得に車を買うなら、中古車の中でも不人気車に目を向けるのがおすすめです。不人気車はコスパに優れたものも多いため、上手に選んでお得に車をゲットしてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不人気車の中古車がお勧めの理由

車を買うなら「新車」「人気車」と考える人は多く、「中古車」で「不人気車」と聞くと、マイナスのイメージを持ってしまう人もいるでしょう。マイナスイメージを持たれがちな中古の不人気車ですが、実は購入するメリットは大きく、コスパを重視するならまさにおすすめの車です。なぜ中古の不人気車がおすすめなのか、不人気車ならではの魅力と共に知っていきましょう。

人気車に比べてコストが落ちやすい

不人気車の最大の魅力は購入コストの安さにあり、人気車に比べると、格段にコストが落ちやすいのが特徴です。人気車の場合は中古になってもほとんど値が落ちず、新車同然の価格のまま売りに出されていることも少なくありません。 安くなったものを購入しようと思えば、10年落ち程度まで待たなければならないことも多く、それでは品質に問題が出てしまいます。不人気車の場合、中古車になった時点で価格は落ちやすく、3年落ち程度でも大幅に値引きされていることも少なくありません。 中古車の価格は市場の需要に大きく影響されるため、不人気車なら新車購入時の半分以下のコストで購入できる場合もあります。

価格の割に性能はよい車が多い

不人気車=性能が悪いとは限らず、性能がよいモデルも多いです。人気車並み、あるいはそれ以上の性能を誇る車もあり、低価格で高性能であることも、コスパが高い理由のひとつです。不人気になる理由は車ごとに違いますが、「デザイン」や「販売戦略の成否」といった、性能に関係しない理由で人気が出なかったものもあります。 知られていないだけで隠れた名車が眠っている可能性も高く、掘り出し物を見つけられれば、よりお得に車を購入できます。

あまり走っていないユニークな車に乗れる

不人気車は市場の需要が低いことから乗っている人が少なく、他の人とは違ったユニークさを演出しやすいです。人気車やトレンドとは少し違ったデザインのものも多いため、デザイン面で個性を発揮したい人にもおすすめです。 流行りの車が多く走る中で、ユニークさを発揮してオリジナリティをアピールできるため、唯一無二の車に乗っているという優越感も味わえるでしょう。

不人気車となる車種のタイプ

不人気車の車種タイプには共通したポイントがあり、人気が出ない理由にも大きく関係しています。どのような車種タイプが多いかを知ることが、不人気車の理解に繋がります。不人気車に多い車種タイプを知り、どのような理由で人気がないのか知りましょう。

セダンタイプの車

セダンタイプの車は、高級車モデルとして知られていますが、日本では一部を除いてあまり人気がありません。高級車モデルで優れた走行性能を有しているものの、フォーマルすぎるデザインや価格の高さから敬遠する人が増えています。 現在の主流は「安くて可愛いコンパクトカー」であるため、セダンの特徴はほとんど真逆と言えるでしょう。セダンタイプは性能が悪いから不人気になったわけではなく、単に市場のトレンドに合っていないことが理由です。 そのため、性能面では問題なく、むしろ高性能なものが多いため、中古車で選ぶならコスパが高く、お得なものも多いです。

新車発売当時にデザインが受け入れられなかった車

車の人気を決める上ではデザイン性は重要であり、新車発売当時にデザインが受け入れられなかった車は不人気になりやすいです。デザインにもトレンドがあり、市場のトレンドとマッチしないものは不人気になります。 斬新で一般受けしづらいデザインはもちろん、ターゲット層とマッチしないデザイン性でも人気が出ないため、悪くないデザインのものも多いです。デザインが問題の場合は性能は優れていることも多いため、このタイプもお買い得なものが多いでしょう。

競合車種に人気の高い車が存在した

新車発表のタイミングは他社メーカーと重なることも多く、競合車種に人気の高い車があると、そちらに埋もれてしまい不人気になることもあります。競合車種に人気を奪われている場合でも、性能面は問題ないことが多く、単に知名度のなさが原因で不人気になっていることが多いです。 そのため、コスパが高いものも多く、隠れた名車が存在する可能性も少なくありません。掘り出し物を見つけられる可能性も高いため、競合した車種と比較して、性能を見比べて購入を検討するとよいでしょう。

生産台数が多く売れ残った車

車の人気は需要と供給のバランスにも影響しており、生産台数が多く、供給過多になって売れ残った車も不人気車になりやすいです。生産台数が多い=ある程度人気があったと言えますが、モデルチェンジで型落ちになると手放す人が増えます。 多くの人が一気に手放し、中古車の在庫が増えると業者でも処分に困り、一気に値崩れします。値崩れすることで車の価値が下がり、不人気になってしまうことも多いです。元は人気車であるケースも多いため、性能面は問題なく、デザイン性も優れているものが多いでしょう。

同車種の新モデルに人気が出たため中古流通量が多い

同車種で新モデルが発売され、新モデルの人気が高いと旧モデルの人気が落ち、不人気になることが多いです。人気が高いのは基本的には最新モデルであり、新モデルの発表とともに買い替え、中古流通量が増えることが不人気になることもあります。 稀に新モデルの性能が悪く、旧モデルが再評価されて人気が集まることもありますが、基本的には新モデル発表のタイミングで人気は落ちると考えましょう。

メーカーの人気がなく販売量が少なかった

メーカーの人気がなく、販売量が少なかった車も不人気になりやすいです。これは「メーカーブランドイメージの悪さ」や「知名度の低さ」が関係しており、車の性能自体は問題ないケースも多いです。単に知られていない、先入観で避けられていることも多く、販売量が少ないため、ある意味プレミア的な価値は高いと言えます。 販売量が少なく、市場では珍しい車でも、不人気車なら安く購入できます。あまり知られていない車もあるため、個性的な車が欲しい人は、あえて知名度が低いものを選ぶのもおすすめです。

スペックが不十分で使い心地が落ちる車

不人気車の中にはスペックが不十分で、使い心地が落ちるものもあり、これには注意が必要です。「車内空間が狭い」「車高が低いor高い」など理由は車によって違いますが、理由を正しく知った上で購入を検討することが大切です。 スペックに難があるものを買ってしまうと、どれだけ安くても不満を抱えてしまい、結果的に損をしたと感じる可能性もあります。もちろん、人によって求めるものは違い、マイナスとされている点をプラスに感じる人もいます。 基本的な性能自体は問題ないものも多いため、特徴を把握して、許容範囲であるなら購入しても問題ないでしょう。

品質の高い不人気車の中古車を格安で買おう

中古車はコストを抑えて購入できますが、さらにお得なのは不人気車です。中古の不人気車なら、購入コストは非常に安く、かつ性能に優れているものも少なくありません。高性能な車を安く手に入れられるため、コスパは非常に高いです。 不人気になる理由は車によって違いますが、きちんと調べ、納得して購入するなら問題はありません。不人気車でも素晴らしい車はあるため、上手に選んで格安でコスパに優れた車を購入してください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト