中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

タイヤなしの車を廃車にする方法|移動の方法や手続きの注意点

更新日:

廃車時には自走できないと困ることも多く、タイヤなしで廃車は可能なのか疑問に思う人も多いでしょう。ひとくちにタイヤがないといっても、事故でタイヤがパンク、あるいは紛失した場合、タイヤを取って保管し、買い替えた車に使用したいなど、複数のシーンが考えれます。 どの場合でも、そもそもタイヤなしで廃車ができることが前提のため、上手に手続きを行う方法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

タイヤなしの車を廃車にできる条件

タイヤなしでも廃車自体は可能ですが、手続きを行うには条件があります。どのような場合でも廃車可能なわけではなく、条件を満たした場合のみ、特例的に認められるものため、どのようなシーンで可能なのか知っておきましょう。

タイヤを買い替えたばかりで手元に置きたい

タイヤを買い替えたばかりで、処分するのがもったいない場合は、タイヤを外して廃車できる場合があります。これは業者ごとに対応が異なるため、まずは事情を説明して交渉しましょう。廃車の方法によっても対応が違うことが多いですが、廃車買取ならパーツがすべて揃っていることが前提の場合が多いです。 そのため、いかに新品でもタイヤを外して廃車ができず、その分買取額をプラスにすることで、調整してくれる場合もあります。古いタイヤだとタイヤの取り外しに手間がかかり、かつ再利用する危険性も高いため断られることが多いですが、新品同然なら外してくれる可能性はあります。

事故でタイヤの部分が破損してしまった

事故でタイヤが破損した場合も、問題なく廃車は可能です。タイヤがないからといって、わざわざ取り換えてから廃車する必要はありません。取り替えてから廃車すると、タイヤの費用分損をするため、必ずそのままの状態で廃車しましょう。 ただし、買取の場合は、タイヤがない分、査定額を減額される可能性はあります。手続き上は問題はありませんが、買取時の利益が減ることは理解しておきましょう。

タイヤを盗まれてしまった

タイヤを盗まれてしまった場合も、事故で破損した場合と同様、タイヤなしでも廃車が可能です。しかし、盗難による紛失の場合は、被害届を提出しなければなりません。 被害届がないと、違法な解体とみなされ処罰されたり、廃車手続きが滞ったりする可能性があるため注意が必要です。破損だけなら問題はありませんが、丸ごとなくなった場合は、被害届の提出は必須です。

タイヤなしの廃車を動かす方法

車はタイヤがないと運転できませんが、動かすことは可能です。タイヤなしの廃車でも移動させ、業者に持ち込むことは可能なため、どのような方法があるかを知り、状況にあった手段を利用しましょう。

レバーを踏むだけのゴージャッキ

ゴージャッキは車を持ち上げて、台車に乗せることでタイヤのない車も動かします。車にセットしてレバーを踏むだけで簡単に動かせるため、装置さえあれば誰でも移動が可能です。ただし、動かせるとはいっても簡易的な移動であり、長距離の移動はできません。あくまで台車の乗せて転がす程度であり、運転はできないため、注意しましょう。

車を吊り上げるユニック車

ユニック車は、車を吊り上げて荷台に乗せて輸送します。タイヤなしでも長距離の移動が可能なため、遠方の業者にも持ち込みが可能ですが、吊り上げることで車が変形しやすい点には注意が必要です。変形すると買取が難しくなるため、基本的には解体を前提とした場合の輸送方法と言えます。

専門業者によるレッカー移動

タイヤがない車は、レッカー車で移動させることも可能です。車の輸送にレッカーを使うのは一般的ですが、距離に応じて費用が変動するため、注意しましょう。基本的には1万円程度が目安で、長距離だとさらに費用は高くなります。 しかし、業者によってはレッカーを無料サービスしている場合もあります。処分先の業者の選び方次第では、輸送費は削減できるため、サービス内容に注目して業者を選定することが大切です。

タイヤなしの車を廃車にする時の注意点

タイヤがなくても廃車して処分は可能ですが、注意点も複数あります。通常はタイヤをつけたまま廃車するため、事前にタイヤを外す、あるいはタイヤなしの廃車は特例と考えましょう。通常とは勝手が違うだけに、注意点を守れていないと廃車がスムーズに進められず、場合によってはトラブルに発展する可能性もあるため、注意しなければなりません。

自分で勝手に取り外すのはNG

タイヤは知識があるなら自分で外すことも可能ですが、業者の許可なしに勝手に外すのは控えましょう。自分でタイヤ交換も可能なため、取り外し自体が違法になるわけではありませんが、タイヤがない状態だと、業者引き取りがスムーズにいかない場合が多いです。 タイヤがないことで、業者に持ち込む際の移動手段を考えなければならず、費用がかかる場合もあります。また、部品がすべて揃っていないことで査定額を下げられる、あるいは買取自体を拒否される可能性もゼロではありません。タイヤを外して処分したいなら、業者に相談し、確認を取ってから外しましょう。

不具合のある箇所は正確に伝える

タイヤなしの車を業者に引き取ってもらう場合は、事前に故障箇所を正確に伝えましょう。不具合をきちんと伝えていないと、引き取りの際に作業がスムーズに進められず、場合によっては別の方法での引き取りを考えなければならないこともあります。 タイヤなしといっても、故障の程度や箇所によって、引き取りの方法は異なるため、状態は正確に伝えて、スムーズに引き取ってもらいましょう。

車両の駐車場所や周辺環境を正確に伝える

タイヤがない車を引き取ってもらう場合は、ユニック車やレッカー車など、大型の車を必要とすることが多いです。そのため、車両の駐車場所や周辺環境を正確に伝え、スムーズに輸送できるようにしましょう。駐車場所や周辺環境次第では、大型の車を運転するのが難しく、荷台への積み込みもできない可能性があります。 スムーズに引き渡すには、できるだけ持ち運びやすい状態にしなければなりません。ガレージが狭い場合は、あらかじめ広い場所に出すなど、作業がしやすように環境を整えておくと、スムーズに引き取ってもらえます。

ルールを守ってタイヤなしの車を処分しよう

タイヤなしの車でも廃車して処分は可能ですが、通常はタイヤをつけたまま廃車にします。タイヤなしでの廃車は特別な措置のため、ルールはきちんと守り、スムーズに処分できるよう工夫しなければなりません。 タイヤがないことで、廃車手続きが難航することもあるため、特別な理由がない限りはタイヤはつけたまま廃車することが大切です。どうしてもタイヤを取り外す必要がある場合は、ポイントを踏まえて準備し、スムーズに手続きを進めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト