中古車売却 中古車買取 コラム

書類を書く男性

購入

保証なしの中古車を購入するリスク│修理責任の所在はどうなるのか?

更新日:

車を安く手に入れるなら、中古車を購入するのがおすすめです。しかし、中古車の場合、車ごとに品質が大きく違い、中には劣悪な状態で売られているものもあります。そのため、価格の安さを魅力に思いながらも、購入して故障したらどうしようと不安に思う人も多いでしょう。 実際に中古車購入によるトラブルは多く、購入後に修理が必要になるケースも少なくありません。購入時には保証の有無を決められますが、中古車だと確実に保証が付いているとは限らないため注意が必要です。保証なしの中古車は本当に購入しても良いのか、万が一の際の修理方法を踏まえて考えることが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古車購入の場合の保証について

カギを手渡しする

より安全に中古車を購入するには、そもそも中古車購入でどのような保証が付けられているか知ることが大切です。購入時に保証あり=新車での購入と考える人も多いでしょうが、実は中古車でも保証を付けることは可能です。 しかし、車ごとに品質が違うように、保証の有無も車ごと、購入先によって取り決めが違うため注意しなければなりません。中古車の販売状態や保証内容を知り、きちんと納得できる形で購入することが大切です。

中古車の現状渡しという販売方法

中古車の現状渡しは安い価格で販売されているのが魅力ですが、反面整備がされていないため注意しなければなりません。いわば業者が仕入れた状態でそのまま売られていることになり、基本的に保証なしの状態と考えましょう。 販売店によっては保証が付いている場合もありますが、整備されていないだけに保証内容は薄く、気休め程度の場合が多いです。安く購入できるため、買ってからカスタマイズをしたり、自身で整備をしたりできる人にはおすすめです。他の中古車に比べると故障のリスクが高いため、自分で車をいじるのが苦手な人にはあまり向きません。

中古車の整備渡しという販売方法

整備渡しは保安基準に適合するレベルで整備をし、販売しているため、品質にはそれほど問題はありません。日常的な使用ならほとんど問題なく使える場合が多いですが、車検に通るといっても整備の基準は車によって違うため注意が必要です。 保安基準に適合している場合でも、基準ぎりぎりで品質が低いものが販売されている可能性もあります。保証の有無は販売店ごとに対応が違い、これも注意しなければなりません。現状渡しに比べると整備されている分、最低限度での品質は保証されていますが、故障や不具合のリスクが少なからずあることは理解しておきましょう。

中古車の保証付きという販売方法

中古車でも保証付きで販売されていることはありますが、販売店によって保証の内容が違うため注意しなければなりません。中古車でも新車保証と同様の購入から何年間は無料で修理するという手厚い保証もありますが、無料修理でも数カ月しか対応していないこともあります。 また、中古車の保証は必ずしも付けられるとは限らず、別途オプションで費用を払ってつけなければならないこともあります。保証の取り扱いがあるかどうかも販売店ごとに違うため、欲しい車のタイプがある程度決まったなら、保証内容を考慮して購入先を決めることも大切です。

保証なしの中古車を修理する場合のリスク

police department tow truck delivers the damaged vehicle

保証がある車なら、適用期間中なら新車、中古車に関係なく無料で修理を請け負ってくれます。中古車でも安心して使いたいなら保証を付けるのがおすすめですが、販売店や車によっては保証を付けられないこともあるでしょう。 保証なしの場合、故障して修理する際にはいくつかのリスクがあります。リスクを知って、保証なしがどのような状態なのか、改めて確認しましょう。

部品の経年変化による劣化の場合

車は使用せずとも、時間の経過によって各種部品は消耗し、劣化します。そのため、経年変化による劣化は売主の責任が認められないため、修理の費用は購入者が負担しなければなりません。経年劣化はどれだけ丁寧に使っていても免れないもののため、購入時には細部まで状態を確認しておくことが大切です。 もちろん、部品交換や日々のメンテナンスによって消耗を遅らせることは可能ですが、完全に防げるわけではありません。中古車を購入するなら、経年劣化による修理の必要性は頭に入れておくべきでしょう。

購入後に発生したトラブルに関する修理の場合

中古車の購入後にトラブルが発生し、修理が必要になった場合、責任は全て購入者自身が負わなければなりません。中古車はもともと劣化していることを条件に購入しているため、買ってから不具合が起きても全て自己責任です。 極端に言えば購入して翌日に不具合が発生した場合でも、購入者自身の責任になり、修理費用は全額自己負担となるため注意しなければなりません。

購入時点で存在したトラブルに関する修理の場合

購入後に発生するトラブルや不具合は全て購入者自身が責任を負いますが、購入時点で問題があった場合は責任の所存が移ります。つまり、保証なしで修理を自己負担としないためには、購入時点で問題がないかを見極めなければなりません。 問題を見抜くことができず、後から不具合を知っても、購入時点で問題があったと証明できないと自己負担になる恐れがあるため注意が必要です。

売主の瑕疵担保責任による補償義務

購入時点ですでに何らかの不具合があり、それが購入後に発覚しトラブルに発展した場合は、売主が瑕疵担保責任を負います。瑕疵担保責任では補償が義務付けられており、保証なしの車でも対象です。購入時点の瑕疵は売主に責任を問うことができるため、不具合の旨を申し出て、修理費用を補償してもらいましょう。

現状渡しでは

現状渡しは仕入れの状態で販売されますが、機能が全く保証されないわけではありません。そのため、購入してすぐに重大な不具合や故障が認められた場合は、現状渡しであっても売主に補償をしてもらうことはできます。 現状渡し=全て自己責任と思いやすいでしょうが、購入直後の不具合は販売店に責任が問えることは覚えておきましょう。

整備渡しの場合

整備渡しの場合は、購入時に点検整備簿を確認して、状態を確認しておかなければなりません。点検整備簿では整備されている項目で不具合が認められた場合は、販売店に責任を問うことが可能です。整備簿は素人では確認が難しいため、安全を期すなら購入後に別の販売店や工場で検査してもらうと良いでしょう。検査内容に問題があるなら、販売店に素早く修理か再整備を申し出ることが大切です。


状態がよくなくても高価買取⁈ トヨタ ハリアー 年式15年 走行距離130,000km 買取金額170,000円 無料査定のお申込みはこちら

保証なし中古車の購入はよく考えて

保証なしの中古車ならより安価で購入しやすいですが、購入後に修理費用がかかって、結局高くつくケースも多いです。保証なしでも販売店の責任を問える場合はありますが、限られた条件内でしか責任を問うことはできず、確実に保証を受けるのは難しいでしょう。 品質の心配をしたくないなら、保証を付けて購入するのがおすすめです。保証の内容は販売店によって違うため、サービス内容は細かくチェックしておきましょう。保証なしで買うなら、購入時点で不具合を見極められるよう、念入りにチェックすることが大切です。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。

そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト