中古車売却 中古車買取 コラム

車のドア

故障・修理

車傷の補修に役立つサンドペーパー|使い方や使用時の注意点

更新日:

車に傷があると目立つため、早く直したいと思う人は多いでしょう。傷の修理=業者に依頼しなければならないと考える人も多いでしょうが、実は簡単な傷なら自分でも補修できます。 車傷の補修時に役立つのがサンドペーパーであり、上手な使い方を知っておくことが大切です。サンドペーパーを使いこなし、DIYでも綺麗に車傷を補修しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

どのような車傷にサンドペーパーを使うのか

サンドペーパーを上手に使いこなすには、まずはどのような用途で使用するのかを把握することが大切です。サンドペーパーは車傷の補修の幅広いシーンで活躍しますが、実際にどのような傷に使うのか、正しい使いどころを理解できていない人は多いでしょう。 車傷をDIY補修するなら、傷に合わせた方法を用いなければなりません。補修方法自体が間違っていると、傷を悪化させる危険性もあるため、サンドペーパーの正しい使いどころを知っておきましょう。

サンドペーパーが有効な車傷

サンドペーパーの使用が有効な車傷は、細かい線傷やひっかき傷、塗装の剥がれ、小さなへこみなどが挙げられます。日常でできる傷の大部分に対応できるため、補修の方法をマスターしていると、大抵のことなら自分で直せるようになるでしょう。 ただし、サンドペーパーで対応できるのは基本的には小さな傷に限り、大規模な傷の補修には不向きです。傷が大きい、あるいは深いと補修してもうまく直せず、反対に修理痕が目立ってしまう可能性があります。また、補修に失敗して傷を広げかねないため、自身で直すなら簡単なものに限定すると良いでしょう。

補修のどの場面でサンドペーパーを使うのか

サンドペーパーを使用するのは、基本的には補修箇所をならす必要がある場面です。ひとくちに補修といっても、研磨によるものや塗料の塗布によるものなど、複数の種類があります。これらを行うには、傷の部分を平らにして、ならしておく必要があり、その際にサンドペーパーを使用すると考えましょう。 ならしの作業は一回の補修で複数回必要になることも多いため、補修アイテムの中でもサンドペーパーは特に使用頻度が高いです。いきなり補修に取り掛かると、色ムラができたり、上手く研磨剤や塗料が入らなかったりします。より綺麗な仕上がりを目指すために、サンドペーパーのひと手間を加えると考えましょう。

車傷に使うサンドペーパーとコンバウンドの違い

車傷の補修に使うアイテムはサンドペーパーだけではなく、他にも多くの種類があります。数ある補修アイテムの中でも、サンドペーパーと混同されがちなのがコンパウンドであり、これらの違いを正しく把握することが大切です。 サンドペーパーとコンパウドは使い方も似ていますが用途が異なるため、間違えて使うと上手く補修できなくなってしまいます。補修のミスを防ぎ、より綺麗な仕上がりを目指すためにも、それぞれの特徴や使い方の違いを把握しておきましょう。

サンドペーパーの種類と使用場面

サンドペーパーには複数の種類がありますが、おすすめなのは耐水のサンドペーパーです。耐水サンドペーパーだと、目が詰まりにくいため、研磨力が長持ちしやすく、よりスムーズに作業を進められます。サンドペーパーはサビや塗装をはがす際に使用し、種類によって目の粗さが違います。 番手は数が小さくなるごとに目が粗くなるため、数が小さい=研磨力が高い、数が大きい=研磨力が弱いと考えましょう。サビや汚れを取るなら比較的番手の小さいもの、塗料をならすなら番手の大きいものを選ぶことが大切です。

コンパウンドとは何か

コンパウンドはボディを磨くための研磨剤で、サンドペーパーよりも粒子が細かいことが特徴です。細かい粒子で磨けるため、ボディにツヤを出しやすく、より綺麗な仕上がりを目指せます。研磨する際には目の粗いものから細かいものの順で磨くため、サンドペーパーを使用してから、コンパウンドを使うと考えましょう。 コンパウンドも番手によって目の粗さが違うため、複数種類を使って少しずつ目を細かくしながら磨くことで、ツヤを出しながら車傷の補修ができます。

サンドペーパーの使用上の注意点

サンドペーパーでは研磨を行っているため、削り過ぎないよう注意が必要です。削り過ぎたものは元には戻せず、やり過ぎるとパティや塗料を厚塗りして埋めなければなりません。余計な作業を増やしたり、不要な部分まで傷を広げてしまう可能性があることは覚えておきましょう。 研磨し過ぎないためには、小まめに水で洗いながら研磨状況を確認することが大切で、余計な部分まで削らないよう周囲をマスキングするのがおすすめです。ならしの作業は慎重に行い、フラットな状態に戻して次の作業に繋げることが、車傷を綺麗に補修するポイントです。

ちょっとした車傷ならサンドペーパーで補修に挑戦しよう

サンドペーパーを使うと、小さな傷なら簡単に補修できます。DIYでもやり方次第で綺麗に直せるため、丁寧に作業を行い、車傷を直して愛車を綺麗な状態に保ちましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト