中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車へこみはヒートガンで直せるのか|方法や注意点を紹介

更新日:

車をぶつけてしまうとへこみ、見た目も悪いため直したいと思う人は多いでしょう。車へこみの補修は、実は自分でも行うことができます。ヒートガンを使った方法を知り、小さなへこみならDIYで補修しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車へこみをヒートガンで直す方法とは

そもそもなぜヒートガンを使って、車のへこみが直せるのか疑問に思う人も多いでしょう。ヒートガンを使用する直し方は、簡単に言えば熱を加えることで車のパーツを変形させやすくし、急速に冷却することでへこんで伸びた部分を引き締めるというやり方です。 車のボディには樹脂が使用されており、これは熱によって変形しやすい素材です。基本的には温め、冷却してへこみを戻しますが、反対側から衝撃を加えて、元の形に戻す方法もあります。どのやり方でも熱によって変形させやすくするという点は共通しており、補修部分を高温にするために、ヒートガンを使用します。

車へこみにヒートガンが使われる理由

車へこみの補修にヒートガンが使用されるのは、短時間で高い温度にしやすいからです。へこみを直すには温度を上げる必要がありますが、実は必ずしもヒートガンでなければならないわけではありません。温度が上がりさえするなら良いため、ドライヤーや熱湯を使って補修することも可能です。 しかし、これらの場合、温度を上げるのに時間と手間がかかりやすく、それほど高温にならない場合も多いです。ヒートガンなら短い時間でかなり高い温度にできるため、手軽さから見てもへこみのDIY補修には向いています。

車へこみをヒートガンで直す手順

へこみを綺麗に直すには、補修の手順を知ることが大切です。手順通りに進めることで、DIY補修でも元通り綺麗に直せるでしょう。ヒートガンを使った方法は温度が高まりやすく、怪我をする危険性もあるため、必ず手順に従い、正しい方法で行うことが大切です。

用意する物一覧

ヒートガンを使用した車へこみの補修に必要なものは、以下の通りです。

  • ヒートガン
  • エアダスター
  • ハンマー
  • 軍手
  • 拭き取り用の布

エアダスターは冷却スプレーのことで、熱した部分を急速に冷やすために必要です。エアダスターを使用せず、ハンマーを使う方法もあるため、補修のやり方次第ではどちらか一方だけで構いません。 軍手は火傷を予防するために必要です。拭き取り用の布は、作業前後にゴミや汚れを取るために必要なもので、普段のメンテナンスに使用しているもので構いません。

補修の手順

へこみを修理する際には、まずは補修する部分を拭き取り、綺麗にしておきましょう。ゴミや汚れが付いていると、熱した際に変色したり、こびりついたりする可能性があるため、綺麗に拭き取っておくことが大切です。 補修自体は非常に簡単で、へこんでいる箇所をヒートガンで熱し、十分温まったところでエアダスターを使い、急速に冷やします。裏側から叩ける場合は、ハンマーを使って形成しても良いでしょう。 温めと冷却は何度か繰り返すことが大切で、数回行うことで、より綺麗に直しやすくなります。へこみが戻った後は、しばらくそのままにして、硬さが戻ってからもう一度汚れを拭いておきましょう。

車へこみをヒートガンで直す時の注意点

ヒートガンでの補修は火傷をする危険性があるため、必ず軍手をして行いましょう。軍手をしていても、熱い部分を触ると怪我をする可能性があるため、極力触らないことが大切です。 また、DIYで補修できるのは、あくまで小さなへこみでだけで、大きなへこみや広範囲に広がるものは、自分で直すのは難しいです。下手に手を付けてしまうと、さらにへこみがひどくなる可能性もあります。難しいと感じたなら、無理せずプロに頼むことも大切です。

車へこみをヒートガンで直す場合はよく考えて

ヒートガンを使うことでへこみは直せますが、素人作業には限界があります。へこみ自体は戻っても、耐久性が損なわれていることもあるため注意が必要です。補修の際はよく考え、無理のない範囲で行いましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取カーネクスト