中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

マフラーのへこみを修理しよう|直し方や放置するリスクなど

更新日:

バンパーは車のフロントからリア部分にかけてのパーツで、事故の際に損傷することが多いでしょう。しかし、事故といっても規模はその時々で違い、中には軽度なもので、小さなへこみだけで済む場合もあります。小さなへこみでも放置するのは良くないため、修理しなければなりません。 バンパーのへこみの修理は、業者に依頼するだけではなく、自分で行うことも可能です。傷の状態を見ながら、適切な方法で綺麗に賢く直しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車のマフラーはこまめなチェックが必要

そもそもマフラーを普段から念入りにチェックするという人は少なく、ほとんどの人は気にもかけていない場合が多いでしょう。確かに乗車のたびにマフラーまでいちいちチェックするのは面倒で手間もかかりますが、普段見ない場所だからこそ、時々は念入りにチェックしておかなければなりません。 マフラーの異常を放置するリスクは大きく、放っておくことで不具合が広がることも多いです。こまめにチェックすることを心がけ、へこみや傷がついていないか、何らかの異変が起きていないかは確認しておきましょう。

マフラーがへこむと排気量が落ちる

マフラーは車の排気をつかさどる重要なパーツであり、これが傷んでいると排気量が落ちます。排気量が落ちると車の性能が下がり、使い勝手が悪くなることはもちろん、事故リスクが高まる可能性もあるため注意しなければなりません。 放っておいても良くなることはなく、むしろ悪くなる一方です。車の性能を下げないためにもこまめなチェックと、素早い対処が必要と言えるでしょう。

へこみやサビを放置すると穴があく

マフラーがへこむということは、周囲に傷がついていることも多いです。マフラーの傷は内部に水が溜まり、サビを発生させることも少なくありません。サビは放置するとどんどん拡大し、腐食します。最初はへこみだったものが、放置することで穴が開き、完全に壊れてしまうこともあるため注意が必要です。 修理の手間や費用もかかりやすく、各種コストも上昇するため、余計な被害を増やさないためにも、単純なへこみのうちに直しておかなければなりません。

マフラーが劣化していると車検に通らない

マフラーは車検時にも見られるポイントのひとつで、へこみや腐食による穴があるなど、劣化していると車検が通らないことが多いです。車検時には保安基準に適合しているか、つまり、環境に配慮し、安全に使用できるかが見られています。 マフラーの劣化や損傷は、これらの基準を満たさなくなってしまうため、更新時には必ずメンテナンスをしなければなりません。車検の更新までは多少劣化していても大丈夫と、修理を後回しにすると、被害が拡大して、車検時の費用が高額になる場合も多いため注意が必要です。

自動車のマフラーのへこみや傷を修理する

マフラーにへこみや傷がある場合は、放置せずに素早く修理しなければなりません。マフラーは普段あまり目にしないパーツのため、勝手がよく分からず、修理も難しいのではないかとイメージする人も多いでしょう。 確かに傷の程度によっては難しい修理になることもありますが、実は自分で修理できる場合もあります。マフラーのへこみや傷に対処する場合は、まずは自分でやるか、業者でやるかを決めましょう。状態によって取るべき方法が異なるため、修理方法の見極め方を知ることも大切です。

小さな傷や穴は自分で修復可能

自分で直せるのは小さな傷や穴で、へこみの場合は業者に依頼するのが一般的と考えましょう。一見穴の修理のほうが難しく、へこみのほうが簡単にも思えるでしょうが、マフラーの修理はそうではありません。マフラーはへこみを直すほうが難しく、小さな穴を埋めるほうがむしろ簡単で、手間もかかりません。 傷や穴なら、市販のパテで埋めるだけで簡単に直せるため、費用をかけずに自分でやってしまうのがおすすめでしょう。ただし、大きな穴が開いている場合は、修理できない場合も多く、マフラーを交換しなければならないこともあります。この場合は、無理せず業者に依頼するのがおすすめです。

マフラーカッターの交換で済む場合もある

損傷したのがマフラー本体ではなく、先端部分のマフラーカッターのみという場合もあるでしょう。マフラーカッターのみの損傷なら、これを交換するだけで修理は済み、費用もそれほどかかりません。 パーツによって金額は違いますが、安いものなら数千円程度で購入できるでしょう。マフラーをDIYで直すなら、本体とマフラーカッターどちらにダメージがあるかをチェックすることが大切です。

修理工場などの専門業者に頼む

穴やへこみで修理が難しい場合は、修理専門の業者に頼みましょう。穴の溶接やへこみの補修程度なら、5000円から高くても1万円程度で済むことが多いです。損傷が激しい場合は、修理ではなく、パーツ交換での対処となります。 この場合、パーツによって金額は大きく異なり純正品だと7~8万円程度かかります。中古品なら1万円程度からあるため、費用を抑えたいなら、こちらを使いましょう。

適切な修理で快適に自動車に乗ろう

マフラーは車の性能面に関わる重要なパーツのため、不具合があるなら素早く修理することが大切です。へこみや傷の程度によって選べる選択肢は違うため、傷の状態に合わせて直し、愛車を快適に使いましょう。

ただし、車が古くなりすぎている場合は、マフラーの修理を行っても今度どんどん修理やパーツ交換が必要になる機会が増えてきますので、そういった状況ではランニングコストの悪化が予想されます。なので、まだまだ走れる状態でもそういった長期的な視点で維持費が増大すると感じた場合は、一度買取に出した際の査定額を見た上で買い替えを検討するべきでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト