中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

軽トラの処分方法と廃車手続き|ポイントを押さえて処分しよう

更新日:

不要になった軽トラは、いつまでも保有しているとコストがかかるため早めに処分することが大切です。しかし、普通自動車と軽トラでは、処分や廃車手続きの方法やポイントが違うため注意しなければなりません。軽トラならではのポイントを理解して、スムーズかつお得に処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

軽トラの処分方法

軽トラを手放すには、まずは処分の方法を決めなければなりません。処分の方法は大きく3つに分けられ、それぞれで特徴が異なります。どの方法が自分にもっとも合っているかを考え、状況に合わせた適切な手段で処分しましょう。

中古車販売店に下取りしてもらう

現在保有している軽トラを手放し、買い替えを検討しているなら、中古車販売店に下取りしてもらうのがおすすめです。下取りに出すと、買取金額に応じて新車の代金を割引してもらうことができ、よりお得に買い替えができます。 新車の購入と旧車の処分が同時に行えるため、スムーズに乗り換えられることもメリットでしょう。軽トラは実用性が重視されるため、普通自動車のようにデザインの流行り廃りがほとんどありません。 そのため、状態さえ良いなら、古い車でも高値で買い取ってもらえる場合が多いため、下取りは有効な選択と言えるでしょう。

廃車買取業者に買ってもらう

状態が悪く、下取りでは値が付かない場合は、廃車買取業者に買取を依頼するのがおすすめです。買取業者だと買い替えを検討する場合は、新しい車の購入は別の業者で行わなければなりませんが、処分には特化しているため手放す際の手続きは非常にスムーズです。 また、買取の場合は状態が悪くても少なからず値をつけてもらえることがほとんどのため、処分にかかる費用を請求されるということはないでしょう。廃車買取業者なら、買取に伴い廃車手続きも代行してくれることが多く、業者によっては代行手数料が無料な場合もあります。 また、買取業者の中でも、トラックの廃車買取に特化しているなら、さらに高額査定を期待しやすいです。高額査定を期待したい、あるいは軽トラを手放すことだけを考えるなら、廃車買取業者に売るのがおすすめでしょう。

自分で廃車にする

軽トラは自分で廃車手続きをして処分することも可能です。廃車の手続きは誰でも行うことができ、業者を利用しないことで代行手数料が発生せず、処分にかかる費用を節約できます。解体を伴う廃車の場合は、別途解体費用が必要ですが、解体不要なら書類上の手続きだけで済みます。 必要な書類を集めて窓口で申請するだけのため、基本的な流れさえ理解しているなら、自分で廃車するのもそれほど難しくはないでしょう。

軽トラの廃車手続きをする方法と注意点

軽トラの廃車手続きは自分でも行うことができ、スムーズに行うには方法を理解することが大切です。また、廃車で失敗しないためにも、注意点を理解することも重要です。廃車の基本的な方法から注意点まで把握して、スムーズに軽トラを処分しましょう。

軽自動車検査協会で行う

軽トラックの廃車は軽自動車検査協会で行います。通常の軽自動車と比べると、車体がやや大きいだけに普通自動車と同じ区分と思う人もいるでしょうが、トラックでも軽なら軽自動車の区分です。普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会と廃車手続きを行う場所が違うため、間違えないよう注意しましょう。

廃車手続きの仕方は2種類

廃車手続きの方法は大きく2つに分けられ、これは軽自動車に限らず、普通自動車でも共通しています。軽トラックを廃車にする場合も、2種類のうちどちらかを選ぶことになるため、どの方法で行うべきか事前に考えておきましょう。

解体返納

解体返納は軽トラックをスクラップにして、二度と乗れなくする廃車方法です。手続きをするには事前に解体が必要で、解体費用がかかることは理解しておきましょう。廃車手続きの手数料は無料のため、廃車の申請自体には費用はかかりません。解体返納は普通自動車の場合は、永久抹消登録に該当する廃車方法です。

自動車検査証返納届

自動車検査証返納届は、解体を伴わない廃車方法で、名義を消去するだけの手続きです。解体せずに廃車できるため、買取に出す際にはこの方法で廃車を行います。自動車検査証返納届は、申請の際に手数料350円が必要です。普通自動車だと、一時抹消登録に該当する手続きであることも覚えておきましょう。

軽トラの処分は還付制度がない

普通自動車を処分した際には、自動車税の還付がありますが、軽トラックの場合は還付がありません。これは軽トラックは軽自動車の区分であり、軽自動車税には税還付の制度がないことが理由です。どの時期に廃車しても税還付が受けられないため、軽自動車税を支払ったばかりの年度初めに廃車するのは非常にもったいないです。 ただし、税還付が受けられないのは自動車税だけであり、廃車時に車検が残っているなら解体返納によって自動車重量税の還付を受けることはできます。解体返納時には必ず自動車重量税還付の申請を行い、税金を払い過ぎないよう注意しましょう。

軽トラは古くても下取りしてもらえる可能性が高い

軽トラは流行がほとんど関係しない車のため、古い車でも比較的好条件で下取りしてもらえることが多いです。買い替えを検討しているなら、乗り換えがスムーズな下取りがおすすめです。自分に合った方法を選び、軽トラを上手に廃車、処分しましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト