中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

軽トラの廃車手続きの方法とは?必要な書類や手順を紹介

更新日:

車を処分する際には廃車手続きをしなければなりませんが、方法は車の種類によって異なります。特に軽トラの場合は、普通自動車とは廃車手続きの進め方や必要な書類が違うため注意しなければなりません。軽トラならではの方法を知り、スムーズに廃車手続きを進めて処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

軽トラの廃車手続きをする方法

軽トラを廃車するには、まずは手続きの方法を知ることが大切です。どこで手続きをするのか、また廃車の方法にはどのような種類があるのかを理解しておきましょう。ひとくちに廃車といっても、方法は複数に分けられるため、その時の状況にあったやり方を選択することが大切です。

軽自動車検査協会で行う

軽トラの廃車を行うには、まずは軽自動車検査協会に行かなければなりません。廃車手続きを行う場所は軽自動車と普通自動車で違っているため、場所を間違えないよう注意が必要です。普通自動車だと運輸支局で手続きを行いますが、こちらに行っても軽自動車の廃車は受け付けてもらえません。 業者に廃車を代行してもらう場合は問題ありませんが、自分で行うなら現地に足を運ばなければならないため、間違えないよう注意しましょう。

廃車手続きの仕方は2種類

軽トラの廃車方法は解体返納と自動車検査証返納届の2つに分けられ、それぞれで特徴が違います。方法によって廃車後の車の扱いが異なるため、どのように処分したいかを考えて、手続きを選ばなければなりません。

解体返納

解体返納は解体を伴う廃車手続きで、廃車完了後はその車に二度と乗ることはできません。解体返納を行う際には、事前に軽トラを解体しなければならないため、業者への引き渡しや解体費用などのコストが発生することは理解しておきましょう。 業者によっては無料解体、あるいは買取を行ってくれることもあるため、サービスの良い業者を探すことが大切です。完全に処分したいなら解体返納がおすすめで、廃車後に保有する予定がないなら、スクラップにして手放してしまいましょう。

自動車検査証返納届

自動車検査証返納届は、軽トラの名義だけを消去する廃車方法です。書類上の手続きで名義を一時的に抹消するだけのため、廃車後も保有し続けることは可能です。また、解体を伴わないため、廃車後に売却することも可能で、廃車買取を希望するならこの方法を選びましょう。 自動車検査証返納届によって廃車した車は、後で名義を復活させ、使用を再開することも可能です。廃車にしている間は軽自動車税も課税されないため、長期間使用しないものの、数年後にまた使う可能性がある場合には、一時的に名義を抹消するのもおすすめです。

軽トラの廃車手続きの詳細

スムーズに廃車するには、手続きの詳細まで理解することが大切です。自分で廃車する場合は、必要書類もすべて自分で集めなければならず、これに手間取る人は多いでしょう。廃車手続きに必要な書類と詳細な進め方を知ることが、スムーズな廃車を実現させる近道です。

解体返納の場合

解体返納の場合、廃車時には以下の書類が必要です。

  • 車検証
  • リサイクル券
  • 認印
  • ナンバープレート前後2枚
  • 使用済自動車証明書
  • 解体届出書
  • 軽自動車税申告書

車検証からナンバープレートまでは自身で集められる書類のため、素早く揃えておきましょう。ナンバープレートを外すと公道を走れなくなるため、これは最後で構いません。使用済自動車証明書は、車を解体業者に引き渡した際にもらえます。 解体返納の場合は必須の書類のため、紛失しないよう大切に保管しましょう。解体届出書と軽自動車税申告書は、当日窓口で入手可能です。必要書類を持って軽自動車検査協会の窓口で申請することで、解体返納の申請は完了します。廃車手続きの手数料は無料です。

自動車検査証返納届の場合

自動車検査証返納届の場合、廃車時に必要な書類は以下の通りです。

  • 車検証
  • 認印
  • ナンバープレート前後2枚
  • 自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書
  • 軽自動車税申告書

基本的に必要な書類は解体返納と同じですが、使用済自動車証明書が不要な点は違っています。また、窓口で入手する書類も種類が異なるため、これらは間違えないよう注意しましょう。 申請の方法も解体返納と同じで、必要書類を集めて窓口で申請するだけで、廃車手続きは完了します。自動車検査証返納届の場合は、手数料が350円かかるため、それは別途用意しておきましょう。

軽トラを廃車にする場合の注意点

軽トラは廃車にしても軽自動車税が還付されないため、廃車時期には注意しなければなりません。軽自動車税を納めてすぐ廃車にすると、1年分丸々の税金を損します。 軽自動車税の課税対象は4月1日時点で名義を所有している人ですが、4月1日の廃車ならぎりぎり非課税で間に合います。廃車するなら4月1日までに行い、4月2日以降に廃車するなら、年度末ぎりぎりまで待ったほうがお得でしょう。

軽トラと普通自動車は廃車方法が違うため注意

軽トラと普通自動車では、廃車の方法が少しずつ違います。スムーズに廃車して処分するためにも、軽トラならではのポイントを把握することが大切です。廃車の方法を正しく理解して、スムーズに手続きを完了させ、軽トラを処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-,

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト