中古車売却 中古車買取 コラム

並ぶ車

買取・売却

5万キロを超えると下取り価格は下がる?査定のポイントを紹介

更新日:

新しい車を購入する場合、古い車を売却して、その代金を購入価格から割り引いてもらうことができます。これを下取りと言い、売却と購入両方の契約がまとめて行えて便利なため、利用する人は多いでしょう。しかし、下取りは査定が厳しい傾向にあり、車の状態には注意しなければなりません。 重要視される項目のひとつに走行距離があり、5万キロ単位で評価は違ってきます。走行距離5万キロの車は、下取りでどのような評価を受けるのかを知り、賢く手放す方法を考えましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

5万キロを超えた車の問題点

走行距離は車の状態を示す重要な指標のひとつであり、長くなるほどに抱える問題は多くなります。走行距離5万キロは、まだまだ長距離を走っているとは言えませんが、この時点から問題を抱え始めることは理解しておきましょう。走行距離によって車はどのような問題を抱えるのか、下取りとの関係も含めて知っておくことが大切です。

下取りでマイナス査定の境目

走行距離5万キロは、下取り査定でマイナス評価となりやすい境目のタイミングです。一般的には走行距離10万キロで下取り時の価値はほとんどなくなるとされており、半分の5万キロなら、まだまだ価値は残っています。 しかし、距離が長くなっているという印象を与えてしまうこと、価値がなくなる水準の半分に達していることから、購入希望者が減りやすいのは事実です。下取りをしても、再販できない可能性が高まるため、業者でも積極的に高値をつけづらくなります。 また、走行距離が伸びることで、故障のリスクも高まります。売れない可能性があり、かつ故障リスクが高くなり始める時期のため、5万キロを超えた車は、下取りで不利になりやすいことは理解しておきましょう。

短期間で5万キロを超えているとさらに減額

5万キロ未満か以上かで下取り時の査定には影響しますが、さらに年式にも注意しなければなりません。基本的には1年で1万キロが目安とされており、この目安を超えている場合は、さらに減額の対象となります。 つまり、5万キロ走っているなら、最低でも年式は5年落ちである必要があり、4年以内で5万キロを走破している場合は状態が悪いと判断されます。 1年で1万キロというのはあくまで目安でしかありませんが、下取り時には重要視されているポイントでもあるため注意が必要です。年間1万キロを超えていると、過走行車とみなされ、大幅に減額対象となることもあります。

5万キロ越えの車を高く下取りに出す方法

走行距離が5万キロを超えると、下取りでマイナス評価になりやすいのは確かです。しかし、マイナス評価になるからといって、全く価値を付けてもらえないわけではありません。5万キロ走った程度なら、まだまだ状態が良い場合も多く、少なからず値は付けてもらえるでしょう。 大切なのは、単に値を付けてもらうだけはなく、少しでも高値を付けてもらうことです。走行距離が5万キロを超えていても、下取りで高く評価してもらう方法はあります。また、下取り以外でもお得に手放す方法はあるため、工夫して売却することが大切です。

下取りの相場を調べておく

より納得した金額で下取りに出すためには、下取りの相場を把握しておかなければなりません。下取り額は業者ごとに違っていることが多く、場合によっては相場よりも安い金額を提示されることもあります。相場を知らずに、提示されるままの金額で売却を承諾してしまうと、売り損となり損をするため注意が必要です。 相場を正しく知っておくことで、価格交渉もしやすく、納得した水準で売却できるでしょう。業者のホームページには、下取りの実績が公開されていることもあるため、それを参考にしながら、愛車の状態と見比べて、ある程度の金額を想定することが大切です。

日頃から車のメンテナンスをしておく

下取りで少しでも高く買い取ってもらうためには、日頃のメンテナンスを欠かすことはできません。下取り時には走行距離だけが見られているわけではなく、各種パーツや細かい車の状態まで見られており、総合的な判断で査定額が決定します。 つまり、走行距離はあくまで目安で、実際には車の劣化状態を見て、金額が決まっていると考えましょう。きちんとメンテナンスをして、良好な状態に保っていると、査定時にプラスになることも多く、下取り額アップも期待できます。 走行距離が長くなるにつれて、金額が下がりやすいことは確かですが、努力次第で金額の下落は止められます。手放す際のことを考えて、こまめにメンテナンスをしておくことが大切です。

費用を抑えるため廃車買取などを検討

下取りは査定額が低くなりやすいだけではなく、車の処分で費用がかかることも多いです。下取り額が低いと費用で相殺されたり、場合によっては費用が上回って損をしたりすることもあるでしょう。下取り額が低くなりそうなら、費用をかけないためにも別の方法を検討することが大切です。 費用をかけずに愛車を処分したいなら、廃車買取がおすすめです。廃車買取なら、処分にかかる費用は無料なことが多く、走行距離が長くても、値段を付けてくれる場合が多いです。

5万キロ越えでも下取り査定で高価格

走行距離は下取りの査定額に影響しやすいポイントですが、実際にはこれだけで金額が決まるわけではありません。その他の部分も見られているため、メンテナンス次第では高値を目指すことも可能です。愛車は日頃から大切に扱い、少しでも良好な状態を保つことで、下取り額アップを目指して、賢く手放しましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト