中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車のエンジンオイル漏れについて|リスクや対処法を紹介

更新日:

エンジンオイルはエンジンを円滑に作動させるための大切なもので、こまめに状態を確認しておかなければなりません。エンジンオイルは使用し続けると徐々に劣化し、状態が悪いものを使っていると、エンジンに悪影響を及ぼすことも多いです。 また、確認していないと、エンジンオイル漏れに気づかず、放置してしまうこともあるでしょう。エンジンオイル漏れを放っておくと危険なため、素早く対処しなければなりません。オイル漏れになる原因や対処法を知って、不慮のトラブルにも上手に対処しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

エンジンオイル漏れは部品の経年劣化が原因

そもそもなぜエンジンオイル漏れが起きるのか、疑問視する人は多いでしょう。エンジンオイルはきちんと密閉されており、漏れ出さないよう設計されています。しかし、漏れが発生してしまうのは、各種部品が経年によって劣化するからです。 新車時点では、設計ミスでもない限りエンジンオイル漏れを起こすことはありませんが、長く使っている車は、部品が劣化して漏れを起こす可能性が高くなります。部品の劣化具合は使用の頻度だけではなく、時間の経過が及ぼす影響も大きいため注意しなければなりません。 ほとんど使用していない車でも、長く放置しているだけで劣化は進み、次に使う時にエンジンオイルが漏れだしてしまうということはあります。具体的にどの部品が劣化することでオイル漏れが発生するのか、詳細を知っておくことが大切です。

部品の経年劣化によりエンジンオイルが漏れるようになる

エンジンオイル漏れの主な原因は経年劣化で、以下のパーツが劣化することで漏れやすくなります。

  • エンジン周りのパッキン
  • バルブシール
  • シリンダー
  • ピストンリング

エンジン周りには細かいパーツが多く、普段目にしないような部分も、経年劣化を引き起こすことは理解しておきましょう。また、これらの部品に加えて、エンジンオイルそのものが古くなり、劣化することでも漏れは発生しやすくなります。

エンジンオイル漏れの種類

ひとくちにエンジンオイルが漏れるといっても、車によって状態は異なります。オイルがどのように漏れるかによって、劣化している部品は違うため注意が必要です。オイル漏れの種類は、大きく2つに分けられます。

外部漏れについて

外部漏れは、エンジンオイルが外に漏れだす現象です。エンジンの燃焼室にオイルが落ちるため、オイルが燃えて煙が上がる場合もあります。外部漏れが起きるのは、エンジンオイルそのものやバルブシールの劣化が原因であることが多いです。

内部漏れについて

内部漏れは、エンジンオイルがエンジン内部に漏れだす現象です。原因はシリンダーやピストンリングの摩耗であることが多く、これらの部品からエンジンオイルが滲み出すとイメージすると分かりやすいでしょう。内部漏れの場合も、エンジンオイルが燃えて白煙が出ることが多いです。

エンジンオイル漏れを放置するとどうなるのか

エンジンオイル漏れは経年劣化で起きやすくなるため、普通に使っているだけでも漏れが発生することはあります。しかし、エンジン内部までは普段からチェックするという人は少なく、漏れがあっても気づかないまま、放置してしまうケースは少なくありません。 白煙が出たならすぐに気づきますが、この場合は漏れがかなり深刻化している場合が多いため注意が必要です。エンジンオイル漏れは素早く対処することが大切で、漏れたまま放置すると大変なことになります。エンジンオイル漏れを放置するリスクを知って、トラブルを見つけたなら素早く対処することを心がけましょう。

車検が通らない

エンジンオイル漏れを起こしている状態は、いわば整備不良のため車検に通りません。保安基準を満たすには、オイル漏れを解消する必要があり、修理をしてもらわなければなりません。修理代は漏れの種類や状態によって異なり、原因次第では費用は大きく変動します。 早めに直しておくと、費用もそれほどかからず、被害を最小限に食い止められる場合が多いでしょう。車検更新時期ぎりぎりまで待つ必要はないため、見つけたならその時点ですぐに直すことが大切です。

火災の原因になる可能性がある

オイルが漏れた状態で放置すると、火災に繋がる恐れもあるため注意しなければなりません。特に外部漏れをしている場合は注意が必要で、エンジンオイルがマフラーに落ちて、走行中に火が出るケースもあります。エンジンを稼働している最中は、車は高温になっている部分が多いです。 それらの場所に漏れ出したエンジンオイルが触れると、発火する危険性があることは理解しておきましょう。また、単に火が出るだけではなく、それが燃え広がってガソリンに引火すると、最悪の場合爆発を引き起こします。 発火だけでもリスクが高い上、爆発のリスクまで抱えているとなると、危険度は非常に高いです。エンジンオイルが漏れているなら、基本的には速やかに使用をやめ、素早く修理してもらうことが大切です。

道路交通法違反になる

エンジンオイルが漏れている状態では車検が通らないため、保安基準に適合していない状態です。つまり、そのまま走行するのは整備不良とみなされ、道路交通法違反となって処罰されます。特に外部漏れをしている場合は、走行時にオイルが垂れているのが外からでも分かり、整備不良を指摘されることが多いです。 オイルが漏れだしていると、自分だけではなく、他の人に迷惑をかけてしまう場合もあります。法律にも違反していることは理解し、余計なリスクを抱えないためにも、早期に対処する必要があります。

エンジンが焼き付いて車が動かなくなる

エンジンオイルが漏れていると、当然ですがエンジンオイルは少なくなります。エンジンオイルはエンジンを冷却するために必要なもので、これがなくなるとエンジンが冷やされなくなり、熱を持ってしまいます。そのまま使用し続けるとどんどん温度が上がり、焼き付きを起こして故障することは理解しておきましょう。 一度焼き付きを起こしてしまうと、修理できない場合が多く、交換での対応だと数十万円かかるケースも少なくありません。また、焼き付きを起こしたまま使用し続けることで、温度が高くなり過ぎて発火に繋がる場合もあります。故障や事故はもちろん、金銭的なリスクも高くなるため注意が必要です。

エンジンオイル漏れを改善・修理する方法

エンジンオイル漏れは素早く対処することが大切です。少しでも早く対処することで、被害を最小限に食い止め、余計なリスクを抱えずに済むでしょう。エンジンオイル漏れを改善、修理する方法を知り、トラブルが起きても焦らず冷静に対処することが大切です。

漏れ止め剤を使用する

エンジンオイルの漏れを改善するには、漏れ止め剤を使用します。これを使うことで、一時的に漏れを抑えることができます。 漏れ止め剤による補修はあくまで応急処置のため、基本的には業者に見てもらい、根本的に直してもらうことが大切です。また、漏れ止め剤で対処できるのは軽度の漏れのみのため、漏れが激しい場合は別の方法を考えましょう。

ディーラーや整備工場に修理を依頼する

応急処置で間に合わない場合は、ディーラーや整備工場に修理を依頼しましょう。原因によって費用は異なりますが、安いと数千円程度、高くても10万円以内で収まることは多いです。依頼先によっても費用は違い、ディーラーは割高になりやすいため注意が必要です。 ただし、ディーラーは割高な分、丁寧に直してくれるのが特徴で、かつ修理後のアフターサービスも充実しています。

オイル漏れでエンジンが動かなくなった場合はエンジンを交換する

オイル漏れでエンジンが焼き付きを起こした場合は、エンジン自体を交換しなければなりません。エンジンは新品だと30万円以上かかることが多く、中古でも10万円以上は最低限必要でしょう。また、高級車や外車だと100万円を超えるケースもあります。 費用が高額になりやすいだけに、焼き付きは起こさないよう細心の注意を払う必要があります。修理や交換で費用が高すぎる場合は、処分して買い替えを検討しても良いでしょう。

エンジンオイル漏れを予防する為には

エンジンオイル漏れは、漏れに素早く対処するだけではなく、そもそも漏れを発生させないために、予防することも大切です。

定期的にオイル交換をする

エンジンオイルは消耗品のため、定期的に交換することが大切です。交換の目安は5000kmごと、あるいは6カ月ごとのタイミングです。車検更新のタイミングでまとめて交換するという人も多いでしょうが、これだと長く使いすぎているため注意しなければなりません。 こまめに交換することで、常に良好な状態を保って漏れを防ぎやすく、万が一漏れが起きている場合も、すぐに発見し、対処できます。

日頃の点検やこまめなメンテナンスを心掛ける

メンテナンスは日常的に行うことが大切で、エンジンオイル漏れを含め、エンジン周りや各種部品も細かくチェックしておきましょう。毎日チェックする必要はありませんが、週に1回、あるいは月に1回程度は念入りな点検をするのがおすすめです。 点検し、問題ないなら手を加える必要はありません。メンテナンスは必要の場合のみで構わないため、ほとんど点検だけと考えると、負担はそれほど大きくないでしょう。

エンジンオイル漏れについて知り正確な対処をしよう!

エンジンオイル漏れは、大きなトラブルに繋がりやすく、場合によっては大事故に発展する危険性もあります。あらゆるリスクを含んでいるため、素早く対処することが大切で、オイル漏れを起こさないための予防も大切です。 事前対策から漏れがあった場合の対処法も含めて理解を深め、トラブルにも上手に対処して、愛車を大切に使いましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト