中古車売却 中古車買取 コラム

車の説明

買取・売却

車をディーラーに売ることはできる?メリット・デメリットも解説!

投稿日:

車を売ろうと思った場合、売り先の候補をいくつか思い浮かべるかと思いますが、ディーラーで中古車を売ることはできるのでしょうか。こちらでは、ディーラーで中古車を売ることはできるのかを、メリット・デメリットと併せて解説していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ディーラーで中古車を売ることはできるのか?

カギを手渡しする

ディーラーで中古車の買取は行っているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ディーラーで中古車の買取はできない

結論から言うと、ディーラーで中古車の買取はできません。これは、ディーラーの本職はあくまでも車の販売であり、中古車の買取のみを行うことはできないためです。ただし、買取のみを行うことができないというだけで、ある条件を加えることで、車を引き取ってもらうことはできます。

ディーラーでは買取ではなく下取りになる

ディーラーに車を引き取ってもらう場合は、買取ではなく下取りになります。下取りとは新しい車に乗り換える際、今乗っている車の査定をしてもらい、新車の購入代金から買取価格分を割引してもらうということです。買取ではないため、買取価格分を現金で受け取ることはできませんが、中古車の売却と新しい車の購入を一度に行うことができるため、新車購入時の費用の負担を減らすことができます。

ディーラーでの車の引き取り
中古車買取としての場合 不可能
中古車下取りとしての場合 可能


下取りのメリットは?

車を囲む手

ディーラーに車を売却する、下取りのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

書類の準備が簡単

ディーラーに車を売ると、書類の準備が簡単に済むというメリットがあります。ローンを組んで車を購入すると、車の名義はディーラーになります。名義がディーラーになっている状態の車を手放す場合、所有者の許可が必要になるため、買取業者とディーラーの三者間で書類のやり取りをしなければなりません。しかし、ディーラーに車を売る場合は、名義人であるディーラーが必要書類などを用意することになるため、名義変更の手続きなども全てディーラーに任せることができます

新車の購入代金が割引される

ディーラーに車を売ると、新車の購入代金から買取価格分を割引してもらうことができます。本来の車両代金を満額支払うことにはならず、初めから割引された金額が車両代金として設定されるため、ローンを組んで購入する場合も支払いの再計算をする必要がありません。また、一括で購入する場合も支払いのみで済むため、お金の確認作業を減らすことができます

ディーラーで手続きが完結する

中古車買取業者などに車を売却した場合、車の売却は中古車買取業者に、新車の購入はディーラーで行うことになるため、2つの店舗に行かなくてはなりません。しかし、ディーラーに車を売ると、売却する車に乗ってディーラーに行き、購入した新車に乗って帰ることができたり、車の売却から新車の購入までの手続きの全てをディーラーで完結させることができるため、かかる手間や時間を省くことができます。

駐車場に2台分のスペースがある場合などは、新車を購入した後に中古車を売るという順番でも問題ありません。

逆に下取りのデメリットはあるのか?

ディーラーに車を売却するメリットもあれば、デメリットも存在します。デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ディーラーでの新車の購入が前提

ディーラーに車を売るということは、単純な車の売却ではなく下取りになるため、新車の購入が前提となります。そのため、新しく車を購入する必要がない場合や、新しい車は別のメーカーのものにしようと考えている場合は、ディーラーに車を売ることができません。ディーラーに車を売るためには新車を購入するという条件があるため、車の売却を考えている人たちの中でも利用できる人は限られています。

ディーラーの買取価格は低い

ディーラーの下取りは、買取価格が低くなりやすい傾向にあります。これは、ディーラーの本職はあくまでも車の販売であり買取ではないため、買い取った車の販路が少なく、高値を付けづらいことが理由として挙げられます。その点、中古車買取が専門である中古車買取業者であれば販路を豊富に持っており、より高く売れる販路を探すことができるため、ディーラーよりも高い価格で買い取ることができるのです。ディーラーに査定をしてもらう際は、中古車買取業者にも査定をしてもらい、買取価格を比較してみることをおすすめします。

買取価格が付かない場合もある

ディーラーに車を売ると、車の状態によっては買取価格が0円になることもあります。ディーラーが買い取った車はオークションに出品されるか、認定中古車として自社の展示場で販売されることがほとんどです。そのため、状態が悪い車や故障車などの中古車として販売できないような車の場合、ディーラーは利益を得ることができないため、買取価格が付かないことがあるのです。ディーラーは車の販売が主であるため、下取り価格を頑張るメリットがありません。そのため、ボロボロの状態の車の場合、廃車にする手数料を請求されることもあるようです。

まとめ

ディーラーに車を売るためには、新車の購入が前提となります。ディーラーに下取りに出すことで、新車の購入金額から割引を受けることができますが、中古車買取業者に買い取ってもらうよりも買取価格が低くなりやすいため、買取価格を重視する場合はあまりおすすめしません。しかし、車の買い替えを行う場合は時間や手間を省くことができるため、以下の条件に当てはまる人はディーラーの下取りを利用してみてもいいかと思います。

ディーラーに車を売ることをオススメできる人
  • 新車の購入を検討している
  • 同じメーカーでの乗り換えを考えている
  • 買取価格よりも手続きの楽さを優先したい

車を売る上で何を優先するかなどを考え、自分に合った方法で売却するようにしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト