中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

中古車 買取

車をディーラーに売る事って可能?中古車買取の可否とメリット・デメリット

更新日:

車を売ろうと思った場合、売り先の候補としていくつか思い浮かべるでしょうが、ディーラーで中古車は売れるのでしょうか。

よくディーラーで廃車にしたり、引き取ってもらうという話を聞くかもしれませんが、それが買取になのかどうかをご存じない方は多い事でしょう。

そこで、ここではディーラーで中古車を売る事ができるのか、またその際のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

ディーラーで中古車は売れるのか?

それでは早速、ディーラーで中古車の買取を行ってくれることは可能などうか、という点について見ていきましょう。

中古車の買取は不可能

結論から言いますと、ディーラーに中古車の買取を出す事はできません

ディーラーの本職はあくまでも車の販売を行うところですので、中古車の買取だけを請け負うことはあり得ないのです。

もちろん、単なる買取が出来ないというだけで、ある条件を加えることで車の引き取りを行うことは可能なのです。

中古車を下取りとして出すことは可能

ディーラーに中古車を引き取ってもらう方法としては、下取りという方法があります。

この下取りとは、今乗っている車から新車に乗り換える際に、中古車として引き渡す車の査定をしてもらい、買取金額をもらう代わりに新車の購入代金から割引してもらうという手法です。

なので、「純粋な買取」ではないので現金を受け取る取ることは出来ませんが、中古車が無駄になる事なく、新車購入の際の費用負担の軽減に一役買ってくれる事になるのです。

ディーラーでの車の引き取り
中古車買取としての場合 不可能
中古車下取りとしての場合 可能

 

下取りのメリットは?

どちらも中古車が無駄にならないのであれば、下取りにする意味は無いように思えますが、ディーラーでの下取りにもメリットは存在するのです。

そのメリットは全部で3つありますので、順にご紹介いたします。

書類準備が簡単

一つ目のメリットとしては、何といっても書類の準備が非常に楽である事です。

ディーラーで車の購入をされた際にローンを組まれていると、車検証の名義にはディーラーやローン会社が記入される事になります。

この状態の車を手放そうとすると所有者の許可が必要になりますので、わざわざディーラーと連携して3者間で書類の郵送を行うというかなり面倒な作業が発生します。

しかし、ディーラーでの下取りの場合は、名義はディーラー側の名義ですので、必要書類もディーラー側で勝手に用意してくれ、名義変更なども行なってもらえるのです。

もし、自分の名義の車だった場合でも、自分の印鑑登録証明書などの準備となりますので、面倒や連絡のやり取りは不要ですので、どのみち手続きは簡単なままとなるのです。

新車購入から割引を得られる

2つ目のメリットとしては、中古車の査定で算出された金額は受け取る事なく、そのまま新車の購入金額から割引してもらえる点にあります。

つまり、一旦正規の新車購入費用を満額支払う事にはならず、初めから割引された金額が購入金額として設定されるのです。

こうなる事で、ローンを組まれる場合は後から支払い計画の再計算をする必要がなくなりますし、一括で購入される場合も「払ってから入金」という2段階制ではなく、「支払いのみ」という一つの工程で済みますので、お金の確認作業が減るのです。

手続きが1店舗で可能

3つ目のメリットは、車の手放しから新車の入手を1つの店舗で完了させる事ができるという点です。

通常は中古車買取に車を買取に出し、引き取りが終わってから新車購入のためにディーラーに向かう事になります。

駐車場に2台分のスペースがある場合は、新車購入後に中古車買取の順番でも大丈夫です。

これに対して、ディーラーでの下取りであれば、下取りに出す車に乗って店舗に行き、そのまま新車に乗って帰るという無駄のない流れで下取りから納車まで完了させる事ができるのです。

ディーラー下取りのメリット
  • 書類準備の簡易性
  • 購入代金からの割引
  • 1店舗で車の売買が完結する

 

逆に下取りのデメリットはあるのか?

上記の通り、ディーラーに下取りに出す事によるメリットは、他の買取では実現不可能な唯一のメリットとなっています。

しかし、当然この下取り利用によるデメリットも存在しているのです。

新車購入する事が前提

下取りのデメリットでいちばんのネックは、やはり新車購入が前提である事です。

なので、単純に車が不要になったという方には利用できない方法ですし、次の車は別のメーカーで考えているといった場合にも利用する事が出来ないのです。

したがって、下取りはそもそもの条件が限定的ですので、車を売ろうと考えている人たちの中でも、極少数しか利用できない様になっているのです。

割引額が低い

2つ目のデメリットとしては、下取りによる割引額が低いという点、つまり査定額が総じて低額である事が挙げられます。

これは需要の低い車だから、年式の古い車だからという理由ではありません。

ある一定の条件の車を、中古車買取とディーラーへの下取りの両方に査定に出した場合、9割以上の確率で中古車買取の査定額の方が高くなるのです。

たとえ、どんなに状態が良く、新車に限りなく近い車だったとしても査定額は中古車買取の方が高くなる事でしょう。

車次第ではそもそも割引が発生しない可能性も

3つ目のデメリットとしては、車の状態次第では最悪の場合は査定額が0円になるのです。

これは2つ目のデメリットにも通じる項目ですが、ディーラーの仕事はとにかく車を売る事ですので、下取りに出される車の査定に努力する意味がないのです。

そこを努力すればするほど、当然ディーラー側の利益は削られる事になりますので、ディーラー側にとって何のメリットもないのです。

よって多走行や低年式のようなボロボロの車の場合は、逆に廃車の手数料を請求されることもありますので、この点は大きなデメリットになることでしょう。

ディーラー下取りのデメリット
  • 書類準備の簡易性
  • 購入代金からの割引
  • 1店舗で車の売買が完結する

 

まとめ

以上のことから、ディーラーで中古車の買取をしてもらう事はできませんが、代わりに下取りに出す事で新車の購入代金から割引を受ける事が可能となります。

ただし、ディーラーの下取りは査定額が中古車買取よりも低い事がほとんどですので、査定額を重視する場合はメリットはありません

しかし、下取りは車の買い替えを行うには、かなり簡単に手続きを行う事ができる方法ですので、以下の条件に当てはまる方は下取りを利用される価値はあります。

下取りをオススメできる人
  • 新車の購入を検討している
  • 同じメーカーで考えている
  • 金額よりも簡単さを重視したい

むしろ、この条件に該当しない大多数の方は、中古車買取に車を売ってしまって、新車は別で購入されるた方が確実にお得ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

>>あなたの愛車の今の市場価値ってご存知ですか?

 

 

-中古車, 買取
-,

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2019 All Rights Reserved.