中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

【廃車にかかる費用を解説】事前に知っておくと便利な情報

更新日:

少しでも車のことを知っている人は、「廃車」という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし、具体的な手順を知らない人は多いかもしれません。廃車するためには、決められた手続きを踏むことが大切です。 その過程で費用の発生することがあります。この記事では発生する費用をケース別で紹介しています。前もって大まかな費用が分かっていれば、廃車の手続きに悩むことはないでしょう。今は廃車の手続きを代行してくれる業者もありますが、この記事では一人で廃車手続きをする方法を紹介していきます。

廃車とは何か|手続きの方法と費用相場や注意点などを知っておこう

車を処分する方法のひとつとして、廃車手続きがあります。廃車=ボロボロの車とイメージする人は多いですが、実際には廃車とは書類上の手続きであり、車の状態は問いません。廃車は車の名義を消去する作業であり、新 ...

続きを見る

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車とは

不動車

廃車には種類があります。あまり知られていないことですが、廃車の手続きをするときは、きちんと区別しなければいけません。以下の内容では廃車の種類について紹介しています。

一時抹消と廃車の違い

乗らなくなった車を処分する方法は二種類あります。一つは「廃車」で、もう一つは「一時抹消」です。一時抹消とは、一時的に車を乗らない人がする手続きで、廃車とは手続き方法は違います。一番大きな違いは再び同じ車に乗ることが可能であるかです。 手続きは陸運支局で行います。その際には、自動車検査証・ナンバープレート・申請書・印紙代・印鑑証明書・実印が必要。面倒な手続きだと思う人もいるかもしれませんが、一時抹消の取り消しも簡単なので、長期間にわたって車に乗らない人は一時抹消登録をした方がよいでしょう。その場合は自賠責保険の解約も可能です。

廃棄する車のことを廃車

一時抹消とは異なり、廃車は車を破棄すること。これは、永久に乗らない人のための手続きです。車の廃車手続きをしなければ自動車税もかかる上に、駐車場代もかかってしまいます。乗らなくなったとはいえ、どこかに勝手に破棄することは法律的に許されず、車を破棄するには正当な廃車手続きをしなければいけません。これを永久抹消登録といいます。 永久抹消登録をすれば、車はスクラップされてしまい、二度と乗ることができないようになります。また、手続きをするときはナンバープレートを返却しましょう。手続きが完了すれば自動車関連の税金はストップします。

永久抹消は永久的な抹消を意味する

永久抹消登録の後に、もう少し乗りたかったのにと後悔しても後の祭りです。永久抹消登録は文字通り、乗っていた車を永遠に抹消することなので、一時的な感情で決めてはいけません。どんなに古い車であっても、長い間乗っていればそれなりに愛着を感じるものです。 ドライバーによっては古い車でも愛着を持って、長い間乗り続ける人がいます。部品の交換で維持費もかかりますが、車を手放すのが惜しいのでしょう。

一時抹消は一定期間の抹消を意味する

一時抹消登録は、永久抹消登録と比べて比較的簡単に決断できるでしょう。一時的に登録が抹消になっても、車がスクラップされない安心感は大きいです。長期にわたり海外出張するときは、車に乗る機会がなくなってしまいますが、それでも自賠責保険を始めとする保険は当然支払う義務が発生します。 一時抹消登録をするとその保険を払う必要がなくなりますので、長期間車に乗らない場合は経済的なメリットが生まれます。しかし一時抹消登録をしても、車を保管する場所は確保しなければならないため、自宅に駐車場スペースがあれば経済的な負担はないでしょう。

軽自動車の場合

軽自動車の場合の廃車手続きを説明します。必要な書類や物は、自動車検査証・所有者の印鑑・ナンバープレート。他にも必要な書類はありますが、所有者が用意すべき書類は上記の3つです。手続きする場所は、ナンバーを管轄している事務所や支所です。永久抹消登録の場合もほとんど同じ場所で行います。 永久抹消登録の場合は、自動車リサイクル券も必要になってきます。あとは事務所や支所に行って、必要な書類に記入していけば問題ありません。必要な書類はすべて事務所や支所に揃っています。記入方法に不明な点があれば、遠慮なく係員に聞きましょう。

廃車費用を知りたい

廃車には費用が発生しますが、その詳しい費用をよく知らないという人も多くいらっしゃいます。ここでは廃車の費用についてケース別にみていきましょう。

永久抹消登録に掛かる費用

廃車手続きにかかる費用に焦点を当てて解説をします。廃車の手続きを業者に任せる方法もありますが、できることなら安い方法で廃車手続きをしたいですよね。一人で廃車手続きを行う際に発生する費用は以下の通りです。

陸運支局での廃車手続き費用

陸運支局で手続きする場合の廃車手続きの費用は、登録申請手数料350円と申請書代として約100円かかります。初めて自分で廃車手続きをする場合は面倒に感じるかもしれませんが、自分で行えばこれだけ安い費用で手続きが行えるようです。 代行業者に頼めば事務手続きだけでも、代行費用を請求されます。代行費用の相場はありますが、業者によっては高い代行費用を請求してくる可能性があります。どうしても代行業者に頼む場合は、しっかりと価格を確かめましょう。

スクラップ費用はいくら

廃車手続きをした場合は、車は解体処分されます。その解体費用も支払う必要があります。解体費用の相場は1万円ほどです。しかし、それとは別に費用が発生することがあります。解体業者が遠くから来る場合、その距離によって業者側の負担が変わるため、その分の費用が発生します。解体業者に頼む場合は、必ず前もって見積もりを出してもらいましょう。 あまりにも相場よりも高い場合は、他の解体業者に依頼することも検討した方がよいです。車の解体業者は、インターネットでも探すことができるため、前もって信頼できる業者を調べておけば、いざという時に慌てることがありません。

引き取りに費用はかかるのか

万が一事故にあい、車の引き取りを業者に依頼することがあるとしましょう。その場合は、引き取り料金がかかります。引き取り料金は定額ではなく、車の状態や業者からの距離によっても違いがあり、少しでも車が動く場合とまったく動かない場合でも料金の額は異なってきます。 大まかな目安としては3万円弱ぐらいを想定しておけば間違いないでしょう。業者によっては引き取った車を買い取ってくれるケースもありますが、その場合は業者が廃車の手続きを代行する可能性があります。こちらも万が一に備え、気になる業者があれば調べておくようにしましょう。

古い車のリサイクル料金

リサイクル料金とは、車の廃棄処分のための費用です。平成17年から施行されている法律で、支払うように決められています。しかし古い車であれば、法律の施行前から乗っていることになるので、当然リサイクル料金は支払っていませんが、車を廃車するときに、リサイクル料金を払いましょう。 リサイクル料金は車種や、年式によっても異なります。詳しい情報は、インターネット上で公開されています。検索窓に「車 リサイクル料金」と入力して、検索をすれば多くのサイトがヒットしますので参考にしてくださいね。

一時抹消登録にかかる費用

一時抹消登録であっても費用は発生しますが、永久抹消登録よりは安い費用で済ますことができます。車の引き取り費用が発生しない場合は、手数料だけで済みます。 忘れてはいけないのは車の保管場所。再び乗るつもりであれば、できる限り安全な場所で保管しましょう。車は乗らなくても劣化していくので、できる限り湿気の少ない保管場所がよいでしょう。保管場所は車庫証明が出ない駐車場以外の場所であっても構いません。

一時抹消登録の手数料はどのくらいか

一時抹消登録の手数料は350円です。しかし、住所変更を行う場合は別途350円かかり、車の盗難の場合も別途300円かかります。どうしても不安な場合は、業者に頼む前に経験者に聞いてみるのもよいでしょう。

永久抹消登録にする方法

永久抹消登録に必要な手続きでは事前に知っておいたほうがよい情報があります。手続きに迷ったり、不備があると必要以上に手続きに時間を取られかねません。むだを省くためにもここで手続きの流れをつかんでおきましょう。

車の引き取り

事故や不測の事態にあい、乗っていた車を動かすことができないといった場面に遭遇することがあります。そんなときは車を業者に頼んで引き取ってもらうしかありません。業者はスマホを使用し検索窓に「引き取り 車」と入力して検索しましょう。すると、多くの引き取り業者がヒットしますのですぐに連絡をしましょう。

書類の準備

永久抹消登録の手続きに必要な書類は以下の通りです。申請書はネット上でダウンロードすることもできるため、事前に準備しておくことをおすすめします。とくにナンバープレートや実印など、自宅から持参しなければならないものを忘れて二度手間にならないよう注意しましょう。 ・自動車検査証 ・ナンバープレート(前・後2枚) ・申請書 ・手数料納付書 ・所有者の印鑑証明書 ・所有者の実印 ・解体にかかる移動報告番号及び解体報告日 【参照リンク:http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/shaken/seibika/eikyuumashou.htm

陸運支局で手続きするときの注意点

手続きを行う日にちによっては、大勢の人が陸運局に訪れていて混み合う場合があります。書類に不備があると、廃車証明を受け取るまでの時間が必要以上に長くなってしまいます。ほとんどの人が事前準備をしてくることを念頭に置き、当日に手間取らないように注意しましょう。

ナンバープレートの返納

永久抹消登録は、ナンバープレートの返却が必要です。返却すれば返納証明書をもらうことができます。手続きは簡単ですが、前もって廃車する車のナンバープレートを外しておきましょう。前面はナンバープレートについているビスを緩めると簡単に取り外すことができます。後面には封印と呼ばれるボルトに被せるアルミ製のキャップのようなものがついているため、マイナスドライバーを使用して外しましょう。

抹消登録証明書を貰う

書類の内容に不備がなければ、あとはナンバープレートを返却するのみです。ここまで完了した場合、廃車手続きが完了した証拠として抹消登録証明書を受け取ることができます。この証明書は再交付をすることができないので注意してください。また、この時点で税金の支払いが止まり、公道を走行することができなくなります。

軽自動車の場合

窓口で、「軽4号様式の3」を購入して、車検証と照らし合わせながら必要事項を記入しましょう。引き取り業者から受けた「移動報告番号」と「解体記録日」も、忘れずに記入します。それから、ナンバープレートを返納します。その後は軽自動車税申告書に必要事項を記入して窓口に提出し、これで手続きは終了です。書類はとくに発行されません。

一時抹消登録の方法

一時抹消登録とは一時的に車の登録を抹消する手続きですが、手続き方法は永久抹消登録とほとんど同じです。以下の内容では一から紹介しています。

陸運支局で手続き

大まかな流れは、まず必要な用紙を窓口で受け取ります。見本をみながら、必要事項を記入していきましょう。通常、受け取る用紙は2枚、手数料納付書と、一時抹消登録申請書です。地域によっては自動車税・自動車取得税申告書が必要ですが、基本的には窓口の指示に従っていれば問題はありません。

登録手数料の支払い

書類に必要事項を記入したら、抜けている箇所がないか確かめましょう。小さなミスが問題になるケースがあるので、落ち着いてゆっくり確認することが大切です。問題なければ、次は印紙販売窓口で印紙を購入し、手数料納付書に貼り付けます。

ナンバープレートの返納

印紙を手数料納付書に貼り付けた後は、前面と後面2枚のナンバープレートを指定の窓口に返納しましょう。返納が確認されたら、手数料納付書に返納確認印を押してくれます。日によっては窓口が混雑していることがあるかもしれませんが、手続き自体は簡単なので、混雑していてもあまり待たされることはないでしょう。

登録識別情報等通知書の交付

ナンバープレートを返納した後は、窓口で名前もしくは整理番号が呼ばれます。ミスは少ないと思われますが、落ち着いて登録識別情報等通知書の記載事項に間違いがないか確認しましょう。もし記載事項に間違いを発見した場合は係員に記載事項の間違いを伝えましょう。

軽自動車の場合

軽自動車の場合の廃車手続きは、普通自動車の場合よりも簡単です。大まかな流れは、まず窓口で「軽4号様式」を購入しましょう。車検証を参考にしながら必要事項を記入します。それからナンバープレートを返却しましょう。 軽自動車税申告書に必要事項を記入して問題がなければ、窓口で手数料を払いましょう。不備がなければ、自動車検査証返納証明書をもらえます。それですべて終了です。

廃車時の税金の行方は

車を維持するには税金が課せられます。しかし廃車した場合は、税金が還ってくることがあります。以下の内容ではケース別の返金方法を紹介しましょう。手続きを忘れたら損をすることになるので、しっかりと理解しましょう。

自動車税は自動的に返金される

抹消手続きをすれば、自動車税を支払う必要がなくなります。自動車税は一年単位で支払っているために、廃車のタイミングによっては自動車税の払いすぎとなります。 自動車税の返金方法ですが、陸運局で抹消手続きをすれば、自動的に手続きが完了になるので手間はかかりません。還付通知書が自宅に届いたら、金融機関で払いすぎた自動車税を受け取りましょう。

自賠責保険は自己申請で返金される

自動車税の返金は抹消手続きをすれば自動的に手続き完了ですが、自賠責保険の返金の場合は少し手間がかかります。まずは加入している保険会社で、返金の手続きをしなければなりません。 返金される金額は、抹消手続きをした日からではなく、申請した日からの月割りです。保険会社に申請するのが遅れると損をする可能性があるため、早めに手続きをしましょう。

重量税まで還ってくるのか

重量税も還ってきますが、抹消の手続きをした翌月から計算されるようになっています。翌月から車検の有効期間までの金額が計算され、その金額が月割りで決定されるようになっています。 ただし、車両盗難や所在不明の場合、重量税は返金されないようになっており、諦めるしかないでしょう。

廃車で知らないと損な話

昔は廃車した車は、スクラップされて何も残りませんでした。しかし今は、リサイクル市場が活発になったせいか、廃車しようとする車でも売れるケースがあります。 インターネット上には、廃車買い取り専門業者のホームページがあります。フォームに必要事項を入力したら、自動的に査定してくれるプログラムを設置しているホームページもあるようです。場合によっては事故車でも買い取ってくれる可能性があるので、まずは業者に相談してみましょう。

廃車を賢く行う事でむだな出費を抑えよう

車を廃車するにも、費用が発生します。それで気が重くなる人もいるかもしれませんが、できたら賢く廃車手続きをしたいものです。一番賢い方法は買い取り専門業者に、廃車する車を買い取ってもらうことですが、難しい場合は廃車手続きをすべて自分で行い余分な出費がないようにしましょう。 自分一人でも、廃車の手続きは可能ですし、手続きが複雑なため最初は不安でもやってみると意外に簡単です。もし廃車に詳しい友達がいたら、一緒に行ってもらってアドバイスを受けるのもよいでしょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト