中古車売却 中古車買取 コラム

購入

車買替えのタイミングや買替えの流れ|ポイントや注意点を知ろう

更新日:

車を長く乗っていれば、買替えを検討することもありますが、いつ買い替えるのがベストなのか悩んでしまう人は多いです。車買替えのタイミングは人によって違いますし、ベストと思えるタイミングも異なります。車の状態や金銭的な問題などさまざまな要素によって買替えの適切なタイミングは違いますが、それでもおすすめな時期はあります。 車の買替えはいつおこなうのがベストなのか、実際に買替えるとなればどのような手順を踏むのかなどを知り、上手に買替えをおこないましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車買替えのタイミング

最適なタイミング
車の買い替えのタイミングは非常にさまざまであり、一概にいつ買い替えるのがよいのかという決まりはありません。しかし買い替えにおすすめのタイミングはいろいろありますので、それらを知っておくことが大切です。 車の買い替えとなればたくさんの問題がありますし、考慮しなければならないことも多いです。周囲の状況や環境なども考えた上で、いつが買い替えのタイミングにふさわしいのかを知っていきましょう。

車検切れの前

車の買い替えのタイミングとしては、車検切れの前が挙げられます。これは車検を通すお金で買替えるというやり方であり、場合によっては車検代と同等の金額で買い替えられる可能性もあります。車検にはお金がかかりますし、車検の費用を回収しようと思えば有効期限ぎりぎりまで乗らないと勿体ないです。 車検後に売却してしまうと、車検の費用を丸々損する可能性もありますし、買い替えるなら車検を受ける前がおすすめです。

税金が上がる前

自動車は保有しているだけで税金がかかりますが、これはずっと定額なわけではありません。新車登録してから13年経つと自動車税が上がり、重量税などの支払いも増えます。同じ車に乗っていても、年数が古いというだけで税金が上がりますので、これは非常に勿体ないです。 税金が上がる前に買い替えを検討する人も多く、これもおすすめのタイミングのひとつです。新車から13年も乗っていれば、車自体も消耗している可能性が高いですし、修理や整備にお金がかかることも多いので、税金の増額を区切りに買い替えるのもよいでしょう。

メーカー保証が切れた時

新車購入時にはメーカー保証がつきますが、これが切れたときも買い替えのタイミングとしてはおすすめです。メーカー保証が切れてしまうと、修理をした際に費用が一切補償されず、すべて自己負担となります。軽微な故障であれば自分で直したり、修理費も少額で済みますが、修理箇所や故障の程度によっては、全額自己負担だとかなりの出費になることもあります。 メーカー保証が切れ、不具合も出始めたら買替え時としてはちょうど良いですし、保証が切れるタイミングで買い替えを検討する人も多いです。

ライフスタイルの変化に合わせて

車の使用用途は人によって異なり、必要性などもライフスタイルの変化に応じて変わります。新年度や転勤など、ライフスタイルの変化に合わせて買い替えをする人も多く、新しい環境に適した車を購入するのは大切なことです。 ライフスタイルが変わったのにも関わらず、これまでと同じ車に乗っていると使い勝手が悪く、ストレスがたまることも多いです。車は単に乗れればよいわけではなく、ストレスなく乗れることが大切ですので、ライフスタイルの変化は一つのタイミングと考え、買い替えも検討してみましょう。

買取需要の高い時期

買い替え以前に愛車の売却を考えているのであれば、買取需要の高い時期を狙うのもおすすめです。持っている車が高く買い取られる時期を狙い、そのタイミングで買い替えも検討してみましょう。買取需要が高くなるのは、新年度を目前にした1~2月です。 これらの時期では新年度での特需に向けて中古車買取を強化する業者も多く、人気車でなくても高く買い取ってもらえる可能性があります。もちろん人気車であればさらに高価買取が期待できますし、もっとも高く売れる時期を買い替えのタイミングに設定するのもおすすめです。

自動車税が課税される前

買い替えのタイミングとしては、税金がかかる前に売るという方法もあります。毎年4月1日には車の所有者には自動車税が課税されますので、課税前に買い替えを考える人は多いです。仮に4月を超えて課税されたとしても、廃車すれば自動車税は還付されますが、還付金がもらえるかは業者にもよります。 買取で提示された金額は還付金込みなのか、還付金は除くのかを確認し、還付金を除く場合はそれはいつ自分に返ってくるのかも確認が必要です。課税後に売ったとしても問題はありませんが、面倒が少ないのは課税前です。特に3月中に売れば自動車税はゼロで還付もありませんので、各種手続きもスムーズに進められます。

走行距離などの節目

買い替えのタイミングとしては、手持ちの車の価値が高いうちに売るのも大切です。中古車として買取に出す場合には、さまざまな要素が買取価格に影響しますが、大きな基準となるのは走行距離や年式です。走行距離や年式の節目で売っておかないと、買取価格が下がり、買い替え資金の足しできなくなってしまいます。 走行距離は5万キロ、10万キロが、年式は5年落ち、10年落ちが節目です。特に10万キロ、10年を超えると一気に買取価格は下がりますので、節目のタイミングで買い替えを選ぶ人は多いようです。

マイカーローンが終了した時

ローンを組んで車を購入している場合は、支払い終了のタイミングで買い替えるのもおすすめです。たとえば60回払いで車を購入していた場合、ローン終了時は車検が2回切れていますので、買い替えのタイミングとしてはちょうどいいです。 もちろんさらに長期のローンを組んでいる人もいれば、短期のローンを組んでいる人もいますし、人によって状況は違います。しかし、ローンを払い終えれば自分の所有物となり、自由に売却できるのは確かです。ローンが残っていても売却はできますが、手続きが面倒な場合も多いので、正式に自分の名義になったタイミングで買い替えを検討するのはおすすめです。

車買替えの流れ

車を買い替える決心がつけば、いよいよ買い替えの手続きを進めていきましょう。買い替えをするためにはさまざまな手続きが必要で、スムーズにおこなうためにも全体の流れを把握しておくことが大切です。買い替えの際にはどのような手順で何をおこなうのかを理解して、スムーズに新車を手に入れましょう。

査定してもらう

買い替えをするためには、まずは手持ちの車を買い取ってもらう必要があります。買取の際には査定は必須であり、いくらくらいで買い取ってもらえるのか値段をつけてもらいます。このとき複数の業者に査定に出すことが大切です。 同じ車でも業者によってつける値段は違いますので、複数の業者で査定を受け、互いに買取額を競わせましょう。複数業者を利用することで、愛車の適切な買取価格が分かりますし、競争によって高価買取も期待しやすいですね。

必要書類の用意と確認

車を買い取ってもらうためには、さまざまな書類が必要です。普通自動車の場合は車検証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、リサイクル券などが必要です。軽自動車の場合も基本的には同様ですが、実印は不要で認印で代用できます。 また売却金額を振り込んでもらう口座も準備しましょう。これらの書類を準備し、業者で不備がないかを確認します。また業者でも委任状や譲渡証明書などの作成が必要ですので、それらも指示に従いながら作成しましょう。

下取り交渉を行う

車の買い替えの場合、愛車を買い取ってもらうだけではなく、下取りによって買い替えるという方法もあります。下取りは新車の購入を前提とした車の引き取りであり、車の引き取り代金を新車の購入資金にあてる方法です。 下取りの場合は、仮に車の引き取り代金が安いとしても、新車の代金を割引にしてくれるなどの優遇が受けられることもあります。買取と下取りではどちらが得をするかは一概には言えませんが、下取りが可能な場合はその見積もりも出してもらい、買取とどちらがお得かを比較してみましょう。

査定額の高い業者で売却する

手持ちの車を複数の業者に出せば、最終的にどこに売却するのか決めなければなりません。売却先は査定でもっとも高い買取・下取り金額を提示した業者を選びましょう。買取においては金額の高さだけが選ぶ基準であり、わざわざ買取価格の安い業者に売却する必要はありません。 もちろん下取りの場合は買い替え時の値引きなどもありますので、一概に買取金額だけでは判断できませんが、すべてを総合して自分がもっとも得をする業者に売りましょう。

新しい車を購入する

手持ちの車を売却すれば、新しい車を購入します。買い替えの場合は下取りに出すか、単に買取をしてもらうかによって買替えの手順が異なります。下取りの場合は新車の購入を前提としていますので、車の引き取りから新車の購入手続きまで、すべてひとつの店舗でおこなえます。 対して買取だけをしてもらった場合は、売却契約後に、新たに購入する車を探し、購入の契約を結ばなければなりません。下取りの場合は引取り時の金額は低い傾向にありますが、その分買い替えがスムーズであり、買取の場合、金額は高いものの、購入についても別途契約が必要なことは覚えておきましょう。

納車を待つ

手持ちの車を売り、新しい車の購入契約も済ませれば、あとは納車を待つだけです。納車されればすぐに動作確認をおこない、不具合がないかチェックしておきましょう。購入してすぐなら保証がついていることがほとんどですが、納車当日中に伝えた方が対応は早いですし、まずは一通りチェックしておくことが大切です。

車買替えの際の自賠責保険について

車の買い替えの際には、自賠責保険の切り替えが必要です。自賠責保険は強制保険ですが、それは車の名義を持っている人に限られます。車を手放せばその車に対しての自賠責保険は打ち切られ、新しく購入した車で再度自賠責保険に加入します。 つまり売却などで車を手放せば、自賠責保険は有効期限が残っていてもリセットされ、無効になるということです。これでは損をしますので、有効期限が残っているものに関しては返金されるケースがあります。買い替えでも返金される場合はありますので、どんな場合が返金対象になるのか知っておきましょう。

返金される制度もある

自賠責保険の保険料が返金されるのは、単に買い取ってもらった場合ではなく、買取後車が廃車になった場合です。廃車された場合は保険の有効期間に応じて返金があり、廃車の証明書があれば返金を受けられます。有効期間は1カ月以上必要で、保険が切れるぎりぎりに廃車した場合は返金はありません。 また廃車してもそれを証明できるものがなければ、返金は受けられないので注意しましょう。返金があるかどうかは、事前に業者に確認する必要があります。

返金されない場合もある

下取りや買取に出した場合、業者が廃車にせず名義の変更だけをして再販される場合は、返金されない可能性が高いようです。自賠責保険料が返金されるのは廃車時のみであり、廃車していなければ返金はありません。業者によっては廃車せず再販にする場合でも、買取金額の中に保険料の返金相当額を含めていることもあります。 もちろんこれは絶対に返金されるものではありませんし、返金しない業者がほとんどです。売却した車はどうするのかを聞いておき、廃車するなら保険料や税金の返金についても確認することが大切です。

車買替えのタイミングは様々なパターンがある

車の買い替えのタイミングはさまざまであり、どれがもっともよいかは人によって異なります。そのため自分がベストと思えるタイミングで買い替えるのが大切ですが、タイミング次第では得をするか損をするかの差が大きいことは覚えておきましょう。 仮に同じ車を売る場合でも、タイミング次第で買取価格は違いますし、適切な時期を見極めることが大切です。買い替えに適したタイミングを知り、その中でももっとも自分に適したタイミングを見つけて、上手に買い替えましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト