中古車売却 中古車買取 コラム

車検

「車検代行」とはどのようなものか。メリット・デメリットをご紹介

更新日:

車検を受ける方法はさまざまあり、その中のひとつに車検代行があります。車検代行は、文字通り車検を代行してくれるサービスですが、業者に依頼する=車検代行ではないのかと考える人も多いです。ディーラーやカー用品店などに依頼する場合も、確かに代行ではありますが、車検代行はそれらとは別のサービスですので、どんなサービスか正しく理解しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検代行とは

車検代行を利用する前に、まずは車検代行とはどのようなサービスなのかを知っておかなければなりません。車検の種類はさまざまであり、それぞれの方法ごとに特徴があります。車検代行も車検を受ける方法のひとつであり、他の車検とは違った特徴があります。どのようなサービス、特徴なのかを知って、基本的な理解を深めましょう。

ユーザー車検を代行してくれる

車検代行とは、簡単にいえばユーザー車検を代行してくれるサービスです。ユーザー車検の場合は、自身で検査場に車両を持ち込み、検査を受けなければなりませんが、車検代行ではこの工程を代行しておこなってくれます。 車検代行業者に車検を依頼すれば、検査場に車両を持ち込み、必要な書類を作成して車検を通すまでの工程を業者が請け負ってくれます。

整備と点検は自己責任

車検代行の場合は、検査場に車両を持ち込む、検査のための書類作成などの事務手続きのみであり、その他の部分については自分でおこなわなければなりません。車検を通すためには、保安基準を満たさなければなりませんが、そのための整備と点検は自己責任です。 通常の業者に依頼して車検を受ける場合は、部品の交換や安全性の点検などもしてもらえますが、車検代行の場合は、それらはすべて自分でおこなう必要があります。

資格のある整備士とは限らない

車検代行は、車検の工程を代行してくれるだけであり、事前の検査などには全く関与しません。そのため、車検を担当してくれるのが、資格のある整備士とは限りません。車検代行業者では車検の手続きさえできればよいので、車のプロである必要はなく、無資格の素人がおこなっていることも多いです。 もちろん、検査の手続きのみなので、特別な資格が必要なわけではありませんが、あくまで自分の代わりに代打で検査場に行ってもらうだけだと理解しておきましょう。

車検代行のメリットとは

車検代行にはさまざまなメリットがあり、それを求めて利用する人も多いです。車検の方法には種類がありますが、方法別に違ったメリットがあります。それぞれの方法ごとのメリットを見比べた上で、どうやって車検を受けるのか決めることが大切です。 車検代行には車検代行ならではのメリットがありますので、それを知って車検の選択肢のひとつとして考えてみましょう。

車検費用が安く済む

車検代行の最大のメリットとしては、車検費用が安く済むことが挙げられます。車検はかなりの費用がかかってしまうこともありますし、業者に依頼すれば特に費用は高額になりやすいです。 業者に依頼すると費用がかさむのは、整備や部品交換の工賃、手数料などが費用に上乗せされるからです。車検代行の場合はそれらの費用がかかりませんので、他の方法と比べれば費用は格段に安くなります。

車検が早く済む

車検が早く済むことも、車検代行を利用するメリットです。検査をおこない、追加整備がなければ、その日のうちに車検が終わります。これはディーラー車検などの場合と異なり、法定点検などの作業がないためです。最低限の検査のみをおこない車検を通しますので、車検にかかる期間を大幅に短縮できます。 通常の業者に依頼する場合であれば、3日~1週間程度はみておかなければなりませんが、車検代行なら即日入庫、納車も可能です。

時間がない人に代わり手続きしてくれる

普通乗用車の場合、車検は運輸支局でおこないますが、ここは平日しか開いていません。そのため、費用を抑えるためにユーザー車検を受けたいと思っていても、一般的な会社員は多くの場合、平日は仕事ですので、車検のために休暇を取らなければならないこともあります。 車検代行であれば費用を抑えて車検が受けられますし、ユーザー車検のメリットを潰すことがありませんので、平日に時間が取れない人には重宝されています。

車検代行のデメリットとは

車検代行にはさまざまなメリットがありますが、その反面デメリットも複数あるので注意が必要です。メリットだけをみて利用してしまうと、損をしたり失敗する可能性もあります。メリットとデメリットの両方を知った上で、本当に利用すべきかを決めましょう。

整備が必要な場合は車検が通らない

車検代行の場合は、あくまでもユーザー車検しかしてくれないため、整備が必要な場合は車検が通りません。車検を通すためには追加整備が必要であり、これについては別途ほかの業者に依頼して整備をしてもらう必要があります。車検代行と整備業者の二つを利用しなければならず、二度手間になってしまう可能性もあります。

車検に通っても安全とは限らない

車検に通るということは、国が定めた基準に合格しているということですが、車検が通ったからといって必ずしも安全なわけではありません。車検代行の場合、整備などは自分でおこないますし、安全に乗り続けるための検査や本格的な整備をしていないので、安全保障はないと考えましょう。 検査に通ったのも最低限の基準で合格している可能性もありますし、安全性を求めるなら別の方法で車検を受けることがおすすめです。

法定点検が別途必要になる

車検は更新すれば終わりではなく、車検の時期に合わせて法定点検も受けなければなりません。これは義務として定められているもので、通常業者に依頼すれば車検の整備などと一緒におこなってくれます。 車検代行の場合は、整備や点検はありませんので、24カ月点検については別途手配して受けなければなりません。車検時に必要な工程が一括でおこなえませんので、手間がかかることは覚えておきましょう。

バイクの車検代行について

車の業者ほど多くはありませんが、バイクでも車検代行の業者はあります。車でもバイクでも、受けられるサービスは基本的には同じです。整備や点検は自身でおこなわなければなりませんので、あくまでユーザー車検の部分のみ代行してもらえるとイメージしておきましょう。

こんな人には車検代行がお勧め

車検代行にはメリットとデメリットの両方があり、利用するのを迷ってしまう人は多いです。車検代行はすべての人に適合する方法ではなく、一部の人におすすめできる方法です。どんな人におすすめなのかを知って、自分が該当するかチェックしてみましょう。

車が好きで知識が豊富な人

車検代行の際には自分で整備や点検をおこなう必要がありますので、ある程度車についての知識があり、自分で整備できる人におすすめです。普段からよく整備している人にとっては、ユーザー車検の面倒な手続きをやってくれるので便利です。 車について理解していれば相手が素人でも問題はありませんし、面倒な手続きを代行してもらえるだけでも利用するメリットは大きいでしょう。

新車や整備直後の車のオーナー

新車や整備直後の車のオーナーにも、車検代行はおすすめです。これらの車であれば、不具合はほぼないとみてよいので、メンテナンスをしなくても車検は通ります。この場合に、高い整備費用を払って業者に依頼すると損をしますので、より安く済む車検代行がおすすめです。

新車や整備直後の車検については試す価値あり

車検代行はすべての人におすすめできるわけではありませんが、車に詳しく、整備がほとんど不要な状態であればおすすめです。整備や点検費用を抑えられれば車検費用は格段に安くなりますし、お得に車検を受けたいなら車検代行を利用しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト