エスクードの車種別 新車購入 値引き術

スズキ エスクード 値引き術

コンパクトなボディながら、本格的な悪路走破性能を持つスズキ・エスクード。今回は、スズキ・エスクードの値引き情報についてご紹介します。

新型エスクード 値引き

コンパクトSUVとして人気のあるスズキ・エスクードですが、値引きレポートや値引き相場から、値引き目標は25万円くらいに設定して値引き交渉を行うといいことが分かりました。では、エスクードの値引きを引き出すための方法について詳しく見ていきましょう。

エスクード 値引き レビュー

実際にスズキ・エスクードの値引き交渉に挑戦したFさんの値引きレポートをご紹介します。

FさんはコンパクトSUVに狙いを絞っていて、スズキ・エスクードとホンダ・ヴェゼルで迷っていた

まずはホンダのディーラーに足を運んで見積もりを出してもらうと、初回値引き提示額として
・ヴェゼル車両本体値引き…20万円
・オプション値引き…0円
=総値引き額…20万円
を提示される

次に、スズキのディーラーへ足を運んで見積もりを出してもらうと、初回値引き提示額として
・エスクード車両本体値引き…10万円
・オプション値引き…5万円
=総値引き額…15万円
を提示される

そこでスズキのセールスに、
・ヴェゼルと比較していること
・ヴェゼルの初回値引き提示額が20万円であったこと
・今のままではヴェゼルが候補になること
を伝え、一旦スズキのディーラーを後にする

ホンダのディーラーへ再び足を運び、エスクードと比較していることを伝えると、
・ヴェゼル車両本体値引き…20万円
・オプション値引き…5円
=総値引き額…25万円
を引き出すことに成功したものの、Fさん的に納得できる値引き額ではなかった

Fさんは再度スズキのディーラーを訪れ、
・再びヴェゼルの見積もりを取ってもらうと総値引き額25万円になったこと
・ヴェゼルより安くなった場合この場で即決すること
・エスクードがヴェゼルの値引き額を上回らなければ、この後ヴェゼルを買いに行くことを伝える

すると、スズキのセールスが上司と相談するために席を外し、
・エスクード車両本体値引き…22万円
・オプション値引き…10万円
=総値引き額…32万円
を提示され、「これが値引きの限界です」と伝えられる

Fさんは事前にエスクードの値引き相場が25万円程度であることを調べていたため、ここでエスクードを契約

以上が、Fさんの値引きレポートでした。Fさんの値引きが成功したのは、下記の重要なポイントを押さえていたためです。
・ライバル車であるヴェゼルと競合させたこと
・再度交渉したときに、即決する意思があると伝えいたこと

エスクードの値引き交渉をする際はこの2点を押さえておくと、大幅な値引きを引き出しやすくなります。

エスクード 値引き 相場

エスクードの一般的な値引き相場は下記のとおりです。
・エスクード車両本体値引き額…0~35万円(平均15万円)
・オプション値引き額…0~20万円(平均10万円)
=総値引き額…平均25万円

エスクード 値引き 限界

ここまで、交渉でエスクードの値引き額を大きくする方法についてお話ししましたが、エスクードの実質値引き額を上げる方法はまだあります。これは、乗り換えでエスクードの購入を検討している場合に限られるのですが、今乗っている車を最高値で売却することで、エスクードの実質値引き額を上げることができます。
乗り換えの場合、今乗っている車をそのままディーラーに下取りに出す方は多いかと思いますが、ディーラーへの下取りはおすすめしません。なぜなら、ディーラーは実際の中古車市場の相場よりも、かなり低い金額を下取り額として提示してくる可能性が高いからです。これは、ディーラーが新車の値引きを大きくしてしまっても、下取り額を低く見積もることで、その分の利益を回収することができるからです。
今乗っている車をできるだけ高く売るためには、中古車買取業者に買い取ってもらうことが一番です。中古車買取業者は、中古車市場の相場を見た上で適正な価格を付けてくれます。また、販路を豊富に持っているため高く売れる販路を選ぶことが可能となり、高価買取を実現しています。
中古車買取業者も数多く存在していますが、カーネクストは実車査定ではなく電話で査定が終了するので、気軽に査定の依頼をすることができます。引き取り日の調整やそのの契約も電話で完結させることができるため、時間をかけたくないかたにもおすすめです。また、日本車の需要が高まっている海外に独自の販路を持っているため、日本では値段が付かないような車であっても、高値が付く可能性があります。一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中