ノアの車種別 新車購入 値引き術

トヨタ ノア 値引き術

2014年1月に兄弟車種のヴォクシーと共にフルモデルチェンジを行い、現在3代目となるトヨタのミディアムクラスバン、ノア。歴代モデル初のハイブリッド車がラインナップに加わりましたが、現在はその人気も落ち着いてきたため、値引きは緩んできています。また、モデル末期ということもあり、ノアの値引きを狙うなら今がチャンスと言えるでしょう。
ここでは、そんなノアの値引き額を上げる方法をご紹介します。

ノアのディーラーとの値引き交渉

ノアの値引き額を上げるには、ディーラーとの値引き交渉をいかにうまく進められるかが重要なポイントとなってきます。とはいえ、相手は車を売るプロ。そんなディーラーを相手に値引き交渉など、どう進めればいいのか分からない、という方も多いかと思います。
しかし、値引き交渉をする上で大切なポイントをいくつか絞っておくと、スムーズに値引き交渉を進めることができます。そのポイントについて詳しく解説していきます。

ノアのライバル車と競合させて値引きを狙う

1つ目のポイントは、ノアと他社のライバル車に価格競争をさせるというものです。ノアのライバル車には、下記の車が挙げられます。

  • 日産  セレナ
  • ホンダ ステップワゴン

特に、ノアハイブリッドの人気グレード、ハイブリッドGやW×B2の値引きを狙いたいのならば、セレナと競合させるのが有効です。セレナのe-POWERはトヨタ側も意識している存在であるため、セレナe-POWERを引き合いに出すことで、ノアハイブリッドでの大きな値引きが期待できます。「ノアをいいなと思っているんですが、さっきセレナも見てきたら、やっぱりe-POWERはいいなと思っていて…」などと、ノアにはないライバル車の強みをディーラーに伝えます。ここで、ディーラーに価格で勝負するしかないと思わせることが重要です。
次に、「セレナは〇〇円だったんですが、もしノアが△△円になるならノアに決めようと思っています」と、希望金額を提示しましょう。ここでディーラーから希望金額以上の値引きが出れば大成功!もし希望金額と同額であっても、目標は達成できます。

ノアの兄弟車種と競合させて値引きを狙う

ノアを他社のライバル車と競合させ、ある程度までの値引きが成功したら、次はノアの兄弟車種と競合させて値引きを狙いましょう。特に、Siや特別仕様車のW×B2の値引きを狙うなら、兄弟車種であるヴォクシーやエスクァイアとの価格競争は必須です。この兄弟車種の販売台数で、ノアはエスクァイアには勝っていますが、ヴォクシーには負けています。ノアよりヴォクシーの販売台数が多いということは、ヴォクシーを引き合いに出せば、ノアの値引きを引き出せる可能性が高いということです。「ヴォクシーが〇〇円だったので、ノアがそれより安くなるならノアに決めます」という一言で、ノアの値引きは十分に狙うことができます。
これまでノアとヴォクシー、エスクァイアは、それぞれ販売店が異なっていました。しかし、2020年5月からトヨタ系の4つの販売会社が統合し、「トヨタモビリティ」という1つの会社となり、この「トヨタモビリティ」で全てのトヨタ車を購入できるようになりました。これにより、複数の店舗を回るという手間は省けましたが、トヨタの車種同士の競合がさせにくくなってしまいました。しかし、基本的に県が違えば別経営となり、競合させることが可能です。ノアを兄弟車種と競合させるには、越県するようにしましょう。

決算セールで値引きを狙う

ノアの値引き額を上げるには、購入する時期もかなり重要なポイントとなります。ディーラーでは、1月中旬~3月末までの年度末決算と、8月中旬~9月末までの中間決算の年に2回、決算セールが行われます。ディーラーは決算期、メーカーから課せられたノルマを達成するべく、何としても販売台数を増やしたい状態となるので、値引きが緩む傾向にあります。この決算セール期に合わせてノアの値引き交渉を行えば、決算値引きでかなり大幅な値引きが期待できます。

愛車を高値で売ってノアの購入資金にする

ここまで、ディーラーとの交渉で値引き額を上げる方法をご紹介しました。しかし、ノアの購入費用をできるだけ抑える方法は、値引きだけではありません。今乗っている愛車をできるだけ高く売ることで、その分をノアの購入資金に充てることができます。ここからは、その方法についてご紹介します。

ディーラーへの下取りは損?

新車を購入する際、今乗っている愛車をディーラーに下取りに出す方がほとんどだと思います。ディーラーとの値引き交渉の中で、「これ以上の値引きは難しいですが、下取り額を上げるのでそこで調整させてください」と言われたことがある方もいるのではないでしょうか。一見、総支払額は少なくなるので、得をしたように感じますよね。しかし、実はこれ…かなり損をしているのです。
ディーラーは、実際の中古車買取市場の相場よりもかなり安い金額を提示してきます。これには、ディーラーに下取りの競合がいないことと、新車で大きな値引きをしたとしても、査定額を低く見積もることでその分の利益を回収することができる、という理由があります。これでは、せっかく頑張って値引き交渉をしてもあまり意味がありませんよね。では、どうすれば高い値段で愛車を手放すことができるのでしょうか。

中古車買取店へ査定に出す

愛車をできるだけ高く売り、ノアの購入資金に充てるためには、中古車買取店に買い取ってもらうことが一番です。中古車買取店はその名の通り、中古車の買取を専門としているため、中古車市場の相場を見た上で、適正な価格を付けてくれます。一度、ディーラーの下取り額と中古車買取店の査定額を比べてみると、その差は一目瞭然です。
しかし、中古車買取店に査定に出すにしても、数ある業者の中から、高く買い取ってくれるところを見つけるのは難しいですよね。そんな時におすすめしたいのが、無料一括査定の利用です。無料一括査定は、高価買取をしてくれる業者を一目で判別することができる便利なサービスです。しかし、この無料一括査定を利用する際の注意点として、複数社から一気に電話がかかってくる、というものがあります。これは、一括査定を申し込んだ時点で業者側が少しでも高く買い取って、ウチに決めてもらおう!と営業をかけてくるためです。
一気に電話がかかってくるのは困る…という方には、中古車買取業者カーネクストがおすすめです。カーネクストは、日本車の需要が高まっている海外への販路を持っているため高額な買取額が期待でき、また、訪問査定ではなく電話査定なので、気軽に査定額を聞くことができます。

まとめ

ここまで、ノアの買取額を大きくする方法についてご紹介しました。ディーラーを相手に値引き交渉を行うのは自信がないという方も、ご紹介したポイントを踏まえて値引き交渉を行うことができれば、限界値引き額に近い金額でノアをゲットできるはずです!ぜひ、チャレンジしてみてください。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中