ルーミーの車種別 新車購入 値引き術

トヨタ ルーミー 値引き術

2016年11月9日にタンクとともにトヨタから発売となった、2列シート、5人乗りのコンパクトミニバン、ルーミー。 タンクよりもファミリー向けのデザインであるルーミーは、トヨタbBの後継にあたるモデルで、スライドシート採用の広い室内空間が特徴です。 軽自動車では物足りないけど、3ナンバーサイズの大きい車は運転しづらい…という方から高い人気を誇っています。
そんなルーミーは発売直後、人気も高く値引き交渉もしづらい状況でしたが、発売からしばらく経った現在では値引きも緩んできています。 ここでは、そんなルーミーの限界値引き額を突破する方法をご紹介します。

ディーラーとの値引き交渉術

ルーミーの限界値引き額での購入を狙うのであれば、当然、ディーラーとの値引き交渉がかなり重要となってきます。 とはいえ、ディーラーは車を売るプロ。そんなディーラー相手に値引き交渉をするなんて、どうしたらいいのか分からない…という方も多いですよね。
そんな方のために、ディーラーにルーミーを値引きさせる方法を伝授します!

ルーミーの他社ライバル車と競合させて値引きを狙う

ルーミーの値引きを狙うなら絶対に外せないポイントが、ライバル車と競合させることです。ルーミーにはライバル車が多いので、 競合させる相手がたくさんいることになります。手間がかかってしまう方法にはなりますが、全てのライバル車の店舗を回ることで、かなりの値引きが期待できます。そんなルーミーのライバル車には、下記の車が挙げられます。

  • スズキ  ソリオ
  • ホンダ  フリード/ハイブリッド
  • ダイハツ トール
  • スバル  ジャスティ

より大きい値引きを狙いたいのであれば、全ての店舗で見積もりをもらい、ルーミーとぶつけるのが確実な方法ですが、かなり手間がかかりますよね。 全部を回るのはちょっと…という方は、特にスズキ ソリオとルーミーを競合させるのがいいでしょう。
ディーラーに「ソリオを今見てきたんですが、やっぱりソリオも捨てがたくて……」と伝えるだけで、ディーラーは値引きなしにソリオに勝つことはできない、と焦ります。 そこで「ソリオは○○円だったので、ルーミーが△△円になるならルーミーにしようかなと思っているんですが…」という会話の流れで、 さりげなく希望金額を提示しましょう。これで希望金額以上の値引きが出れば大勝利!もし提示された値引き額が希望金額と同額でも、 目標はクリアできますよね。大きな値引き額を出してくれた店舗に絞って交渉をすすめると、よりスムーズに値引き交渉を行うことができます。

同じトヨタのタンクと競合させて値引きを狙う

上記で、ルーミーの他社ライバル車をご紹介しましたが、ルーミーの一番のライバル車は、何といっても同じトヨタのタンクです。 ルーミーとタンクは、フロントフェイスのデザイン以外が全くの同一機種であることから、価格競争をさせるにはもってこいの相手です。 ルーミーは「トヨタ店」と「カローラ店」、タンクは「トヨペット店」と「ネッツ店」と、同じトヨタでも取り扱いディーラーが異なります。
ルーミーの最大のライバルであるタンクを引き合いに出すことで、他のトヨタディーラーに渡したくない!とディーラーに思わせることができるため、 ディーラー側から値引きを提案してくる可能性も高いです。ここでも、先ほど紹介した方法と同じ方法で希望金額を提示すれば、設定した希望金額までの値引きを狙うことができます。 タンクいう最強のライバルの存在は、ルーミーの値引き額を引き上げることができる強力な手札となります。

ルーミー同士を競合させて値引きを狙う

ルーミーとライバル車を価格競争させることで、かなりの値引きが狙えるはずです。しかしさらなる値引きを狙うのなら、ルーミー同士で価格競争をさせましょう。
ルーミー同士を競わせるとはどういうことかと言うと、ルーミーの扱いがある「トヨタ店」と「カローラ店」の2店舗で価格競争をさせるということです。 それぞれの店舗で見積をもらい、「ルーミーを購入しようと思っているのですが、一番安い店舗で買おうと思っていて…さっき行ったトヨタ店では〇〇円だったんですが、それより安くなりますか?」などと伝えることで、 さらなる値引きを狙える可能性があります。競合させるライバルが多いことが、ルーミーの値引きを狙う上で、かなりの強みであると言えるでしょう。

決算セールでルーミーの値引きを狙う

次にご紹介する値引きのポイントは、ルーミーを購入する時期です。
年間で最も値引きが期待できるのは、決算期です。決算期は、ディーラーもノルマを達成するために販売台数を稼ごうとするので、普段よりも値引き額を上げる可能性が非常に高いです。 決算セールは1月中旬~3月末までの年度末決算期と、8月中旬~9月末までの中間決算に行われるため、この時期を狙うと値引きしてもらえる可能性が高まります。 しかし、ルーミーは決算セールの期間外でも、決算セール中と同じくらいの値引き額で購入できた、という方もいるそうなので、そこまでこだわらなくてもよさそうです。

ディーラーオプションの値引きを狙う

ここまで、ルーミーの車両本体の値引き額を上げる方法をお話してきました。しかし、車両以外の部分でも、まだ値引きを狙える方法は存在します。 それが、ディーラーオプションをつけるという方法です。車両本体の値引額には上限がありますが、ディーラーオプションでの値引きはディーラーの裁量で決めることができるため、 大きな値引きが期待できます。ルーミーのディーラーオプションでの値引き額の相場は、10~20%のようです。
また、「〇〇と△△をつけてくれるならルーミーに決めようと思うんですけど…」と伝えると、無料でオプションをサービスしてくれる可能性があります。主に無料サービスが期待できるのは、下記のようなオプションです。

  • フロアマット
  • サイドバイザー
  • ボディーコーディング
  • ETC 取付工賃

ただし、無料サービスではなく値引きをするという提案があった場合は、 安い車外品を調べたうえでどちらの方が総額が安くなるかを計算し、損をしない方を選ぶようにしましょう。

愛車をルーミーの購入資金にする

ここまで、ディーラーとの交渉で値引きを狙う方法についてお話してきました。ここからは、値引き以外の方法でルーミーの購入費用を抑える方法についてお話します。 値引き以外の方法でルーミーの購入費用を最小限に抑えるためには、今乗っている愛車をより高い金額で手放すことが重要なポイントとなります。
そのためにはどんな方法が一番いいのかをご紹介していきます。

ディーラーへ下取りは損

新しく車を購入するなら、今乗っている愛車をそのままディーラーへ下取りに出す方がほとんどだと思います。「これ以上の値引きは厳しいですが、 下取り額を上げることで調整させてください」などとディーラーから言われたことがある方もいるのではないでしょうか。 下取り額が上がれば、その分新しい車の購入費用は抑えられるので、結果的に得をすると思いますよね。
しかし、ディーラーは実際の中古車買取市場の相場よりもかなり低い金額を査定額として提示してきます。なぜなら、どれだけ大きな値引きを行ったとしても、下取り額を低く見積もることで、その分の利益を回収することができるからです。 これを知ってしまえば、ディーラーに下取りに出すことがいかに損かが分かるかと思います。
では、どの方法で愛車を手放すと、一番得をするのでしょうか。

中古車買取店へ査定に出す

愛車をルーミーの購入費用に充てるために一番効果的な方法は、中古車買取店へ査定に出すことです。 中古車買取店では、中古車市場の相場を見て適正な価格をつけてくれるので、ディーラーへ下取りに出すよりも損なく愛車を手放すことができます。
しかし、査定に出すにしても、より高く買い取ってくれる買取店を選んで査定に出したいですよね。そんな方には、無料一括査定をおすすめします。無料一括査定を利用すれば、 複数社から無料で査定をしてもらうことができ、どの業者が一番高く買い取ってくれるかを一目で判別することができます。
しかし、この無料一括査定を使うデメリットとして、複数社から一気に電話がかかってくるというものがあります。一括査定の申し込みが来た中古車買取業者は、 他社よりも高い金額で買い取ろうと電話で営業をかけてくるのです。
これを避けたい、という方は、カーネクストで査定してもらうことをおすすめします。カーネクストは、海外への販路を持っているため高額買取をしてくれる可能性が高く、 中古車としてだけでなくパーツ単位で査定をしてくれます。訪問査定ではなく、電話で全ての査定が完了するので、その点も気が楽ですね。

まとめ

ここまで、ルーミーを限界値引き額で購入する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?ディーラー相手の値引き交渉は難しいのでは…と思っている方も、 ご紹介したポイントを踏まえて値引き交渉に臨むと、スムーズに値引き交渉をすすめることができるはずです。ぜひこの方法を実践して、限界値引き額でルーミーをゲットしてください!

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中