中古車売却 中古車買取 コラム

売却

【車を売却するときの流れ】売却方法次第で高価買取が期待できる

更新日:

車を売却するとなれば、さまざまな手続きが必要でどのような手順で進めていけばいいのかをきちんと理解しておくことが大切です。車は購入時や売却時も悩むことが多く、売ると決めるまでには時間を掛ける人も多いようです。売ると気持ちが固まってからも、すぐに売却が可能なわけではなく、そこからさまざまな手続きを経てようやく売却することができます。車を売るのは非常に大変なことですし、スムーズに売却までを進めるためには手順の理解は欠かせませんので、どのような手順で進められればいいのかを知り、スムーズに車の売却を行いましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車を売却するときの手続き方法

まず、知っておかなければならないのが、車を売却するときの手続きの方法です。この方法をきちんと理解していなければ車を売却することはできませんし、時間ばかりが掛かることになるでしょう。売却すると決めてからスムーズ進めるためには、手続きを細部まで把握しておくことが大切です。どのような手続きをすれば売却できるのか、その方法としてはどんなものがあるのかを知っておきましょう。

車の売却方法を選ぶ

車の売却の手続きを進めるためには、まずは売却方法を選ばなければなりません。売却方法はいろいろありますし、どの方法で売るかによって手順なども違ってきます。また同じ車でも方法次第で売却時の値段が違うこともありますので注意が必要です。中古車販売店やディーラーに下取りしてもらうか、買取業者に下取りしてもらうか、ネットオークションに出品するかなど、自分に合った方法を選びましょう。

査定後に契約を結ぶ

車の売却を業者に任せる場合は、業者のもとへ行けばすぐに車が売れるわけではありません。車を売るためにはまずは査定が必要であり、査定後に売却のための契約を結ぶのが一般的な流れです。 車の買取価格を査定してもらい、納得すれば契約書にサインをすることで売却が決定しますので、納得いかなければその金額で売る必要はありません。あくまで自分が納得できた場合のみサインしますので、査定をすると必ずサインが必要になる事は無いと覚えておきましょう。

車両を引き渡す

売却予定の車を査定してもらい、何も問題がなければ売却する店舗に車を自分で持ち込むか引き取りに来てもらいます。この車両の引き渡しで売却が完了となります。なお、車の売却は中古のほかに、事故車や車検が切れている車を売る場合もありますが、事故車や車検が切れている場合はレッカーを頼むのが一般的です。これらの車は運転して運ぶのは禁止されていますので、必ずレッカーを頼んで自分では運転しないようにしましょう。

入金の確認を行う

車を引き渡せば売却は完了となりますが、車を売ったのであれば入金の確認もしておかなければなりません。どの方法で売るかによって入金のタイミングは違ってきますが、買取業者に依頼した場合、指定した銀行口座に1週間ぐらいで振り込まれることが多いようです。1週間経っても口座に振り込みがない場合は、必ず業者に問い合わせて確認してみましょう。

契約時に記入した口座が間違っている可能性もありますので、それらも含めて確認することが大切です。

車の売却時に必要なもの

車を売却するための手順は上記の通りですが、車の売却には他にも必要な項目がございます。それは必要書類です。これを忘れてしまうと売却の契約を結ぶこと自体できず、状況次第では準備に時間がかかってしまう可能性もございます。なので、事前に必要な書類を正しく理解しておき、売却をスムーズに進めていきましょう。

実印と印鑑証明書

車の売却時には実印印鑑証明書が必要で、これがなければ契約書が完成しません。車は購入だけではなく、売却にもさまざまな契約が必要になるので、契約書の重要度は高くなります。そのため認印ではなく印鑑登録を行っている実印を必ず持参しなければなりません。また印鑑証明は発行されてから3カ月以内のものが必要で、それ以上経過していると無効になるので、必要なタイミングで発行してもらいましょう。

売却する車の自動車検査証

売却する車の自動車検査証(車検証)も車を売るためには必要です。自動車検査証は普通車でも軽自動車でも、売却時には絶対に必要になる書類です。また、車に積載しておくことが義務付けられている書類となりますので、基本的には車のどこかに収納されていることでしょう。自動車検査証は大抵車のダッシュボードに保管されていますので、居場所がわからない場合はまず初めにダッシュボードの中身を確認しておきましょう。

納税証明書と自賠責の保険証

車の売却時にはさまざまな書類や証明が必要であり、納税証明書自賠責の保険証もこれに該当します。これら2つも重要な書類ですし、売却時にも必要になるので紛失しないようにしましょう。万が一なくしてしまった場合はでも、どちらも再発行が可能です。再発行が出来るとはいえ、これはあくまでも緊急措置です。基本的にはこれらも無くさないように、大切に保管しておきましょう。

車のリサイクル券

車を売却する際には、リサイクル券も提出しましょう。リサイクル券はリサイクル料金が支払われていることを証明する書類で、紛失時は自動車リサイクルのホームページから印刷が可能です。車検証などと保管されていることが多いため、どうしてもない場合はそれらを探してみましょう。 どれだけ探しても見つからない場合は、印刷したものを持参する必要があります。

車を高値で売却するコツとは

せっかく車を売却するためには、少しでも高く売れた方がいいと考える人は多く、これは普通のことです。何でも高く売れるに越したことはありませんし、高値で売却できれば次の車を買うときの足しにもできます。そして、車を高値で売却するためにはいくつかコツがありますので、そのコツを正しく理解して、少しでも高値での売却を目指しましょう。

複数の買取業者に査定してもらう

車を高値で売却するためには、複数の買取業者に査定してもらうことが大切です。業者によって査定の値段は違いますし、複数の業者から査定を受けることで、査定額を比較し最も高い金額を出してくれる業者を選ぶことができます。また業者同士で買取価格を競わせ、買取額アップを狙うことも可能です。人気の車種であれば、買取業者が狙っていることも多いですし、複数の業者を利用して競争率を高めてから売却先を決めていきましょう。

整備記録簿を提出する

整備記録簿を提出することも、車を高値で売却するためには大切。整備記録簿はどのような整備を受けたか、点検を受けたのかを記した記録といえます。整備記録簿を提出することで、整備や点検を受けているかの証明になるため、査定額がアップする可能性があります。中古車として販売する場合でも、状態が良ければそれだけ高く評価されますし、きちんと細部までメンテンナンスができている事のアピールにもつながりますね。

車が高く売れる時期を選ぶ

高値で売るためには、売却する時期にも注意しましょう。同じ車でも高く売れる時期と安くしか売れない時期があります。車の需要が増えれば売却金額も上がりますし、反対に需要が減れば売却時の値段も下がってしまうのです。車は新生活の始まる3月から需要が増えるため、1~2月に売ると高値になりやすいようです。時期の違いによる売却金額の差は意外に大きいので、需要に合わせて売ることを心がけましょう。

車検が切れる直前で売る

車を売却するとなれば車検を気にする人も多いでしょう。車検の期間は査定額にプラスされることはありませんが、車検に通さずに売るのがベストで、車検を通してすぐだと手放す車に対して車検代を払う事になります。車検代がかかると、売却時に受け取れる金額から費用の分がマイナスになるため、実質の利益は小さくなってしまいますね。

車を売却する時の注意点

車を売却する際にはさまざまな注意点があり、それが守れていなければ買取額に影響することもあるので注意が必要です。また買取額が変わるだけではなく、場合によっては売却そのものに失敗する可能性もあり、きちんと注意点を理解した上で売却を進めていかなければなりません。注意点をきちんと踏まえて車の売却を進め、自分が本当に納得できる金額、納得できる方法での売却を目指しましょう。

清掃してから査定に出す

車を売却するためにまず査定に出しますが、このときに清掃してから査定に出すことが大切です。売却が決定すれば、業者では車を綺麗にしてから商品として売り出しますが、査定の時点で汚い車は業者に悪い印象を与えてしまい、査定額がダウンすることもあります。逆に綺麗な状態にしていれば印象も良くなりますし、交渉などもスムーズに進められることが多いようです。綺麗にしているかどうかで査定額は大きく違ってきますので、必ず綺麗に掃除してから査定に出しましょう。

車の売却にはクーリングオフがない

車の売却にはクーリングオフがないため、一度売却してしまうと簡単には取り消すことができません。キャンセルが不可能なわけではありませんが、車の売却をやめる時はキャンセル料が発生してしまいます。 そうなると当然損をしますし、次に売却した場合に得られる利益も小さくなってしまいます。車の売却は簡単にはキャンセルができないと認識しておき、よく考えてから売却を決めることが大切です。

買取額の内訳を確認する

査定してもらったら、全体の金額を確認することも大切ですが、それだけではなく買取額の内訳も確認するようにしましょう。全体の査定額が高いことも大切ですが、内訳はさらに大切であり、査定額の中に自動車税やリサイクル料金は含まれているか、忘れずにチェックする必要があります。

忘れ物に気をつける

車は一度売却すれば二度と戻ってはきませんので、忘れ物に気をつけることも大切です。特にETCカードやCDなどの私物の置き忘れがないか、売却前に必ずチェックしておきましょう。購入者が私物に気づき、販売業者を介して届けてもらえることもありますが、それは極めて稀なケースですので、念入りに確認してから売却することが大切です。

愛車の売却先はよく検討してから決めよう

売る際にはさまざまな手続きが必要ですし、すぐに決められるものではありません。売却するとなれば用意しなければならないものはたくさんありますし、そもそもどの方法で売却するのかも決める必要があります。売却する方法はさまざまですが、どの方法を選んだ場合でもきちんと納得した上で売却することが大切です。一度売ってしまえば、もとには戻りませんし、キャンセルをする場合もキャンセル料がかかってしまいます。車を売るのは大変なことですので、売却先は慎重に決め、後悔のない選択ができるようによく検討してから決めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト