中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

車売却の手続きの流れとは?注意点や必要書類まで徹底解説!

更新日:

車を売却しようと思っても、どのような手順で進めたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。車は購入時だけでなく売却時にも様々な手続きが必要になります。
こちらでは、車を売る方法や手続きの流れ、必要書類、注意点など、車の売却について詳しく解説していきます。車を高値で売るコツもご紹介していますので、車の売却前にぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車を売却する方法

カギを手渡しする

車の売却には様々な方法があり、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った方法を選ぶことが重要です。車の売却にはどのような方法があるのか、それぞれのメリット・デメリットも併せて見ていきましょう。

ディーラーに下取りに出す

下取りとは、新しい車を購入するディーラーに今まで乗っていた車を売ることです。つまり、ディーラーの下取りは、基本的に新しい車の購入がセットになります。
ディーラーに下取りに出すと、今乗っている車の売却と新しい車の購入を全てディーラーに任せることができるため、乗り換え時にかかる手間を省くことができます
しかし、ディーラーの主な業務はあくまでも新車の販売であり、下取りした車の販路は限られているため、下取り価格は低くなりやすい傾向にあります。また、自社の保有する展示場で販売する場合は認定中古車としての販売となるため、低年式・多走行・状態の悪い車などは値段が付かないことも多いです。

個人売買

近年、オークションサイトやフリマサイトなどを利用した車の個人売買は増加傾向にあります。個人売買では査定などを受ける必要がないため、自分で売却したい金額を設定し、自分の好きなタイミングで出品することができます。また、業者の経由がないため、サイトの手数料以外に中間費用がかかりません
しかし、業者を通さない分、メンテナンスや整備に加え、車の売却時に必要となる名義変更や陸送の依頼などの面倒な手続きも、全て自分で行わなくてはなりません。また、落札者とのやり取りは個人間での契約となるため、トラブルが起こりやすいというデメリットがあります。

中古車買取業者に売却する

中古車買取業者は車の買取を専門としており、車を買い取った後の販路が豊富なため、車を高く買い取れる傾向にあります。また、中古車買取業者は、中古車市場の相場を見た上で適正な価格を付けており、季節や特定の車種の需要によって日々変動する中古車市場のニーズを買取価格に反映することができます。中には、事故車や不動車でも解体してパーツとして販売できる販路を持っている業者もあり、中古車としては販売が難しい車であっても、買取価格が付くこともあります。
ただし、中古車買取業者は多数存在しており、より高値で買い取ってくれる業者を自分で探す必要があります。中古車買取業者探しには時間や手間がかかりますが、最初から一社だけに絞ってしまわず、数社に見積もりを取ることで業者間で価格競争が発生し、より高値で売却できることもあります。また、海外に販路を持つ業者など、業者の販路も様々であるため、愛車が高く売れる販路を持つ業者を見極めることが重要です。

車を売却する手続きの流れ

手続き

車を売る際の手続きの流れは、売却方法によって様々です。今回は、中古車買取業者に車を売る場合の手続きの流れについて解説していきます。

査定を依頼する

まずは、中古車買取業者に査定を依頼しましょう。中古車買取業者の多くは、WEB上で無料査定をした後に実車査定を行います。実車査定には、車を店舗に持ち込む他にも、家まで査定士が来てくれる出張査定があります。実車査定では、外装や内装などの車の状態を査定士が確認するため、WEB上での査定額よりも下がってしまうことも少なくありません

ポイント

カーネクストでは、お電話にてお車の情報や状態をお伺いし、すぐに査定をさせていただきます。実車査定は行っていないため、査定から契約まで全てお電話一本で完結します。また、伺っていたお車の情報から事故をしてしまったなどの大きな相違がない限り、買取価格の減額もありません

車を引き渡す

査定額に納得したら、中古車買取業者と売買契約を結び、車を引き渡す日程の調整を行いましょう。車を店舗に持ち込むか、業者が自宅まで引き取りに来てくれるかは業者によって異なります。ただし、車検が切れている車で公道を走行すると道路運送車両法違反となるため、店舗まで車検が切れた車を運転していくことはできません。仮ナンバーを発行すれば公道を走行できますが、市区町村の役所で手続きをする必要があり手間がかかるため、車検切れの車を運転して店舗に持ち込むことはおすすめしません。
また、事故車や故障車、車検切れの車などの場合は、業者が引き取りに来たとしても自走ができないため、レッカー車が必要になります。業者によってはレッカー車の手配ができない場合や、有料の業者などもあるため、事前に申告して対応を確認しておきましょう。

ポイント

カーネクストでは、お車の引取にレッカー車が必要な場合でも、レッカー車の手配にかかる手数料などは一切いただいておりません。事故車、故障車、車検切れのお車でも、完全無料でお客様のご指定の場所まで引取に伺います。

売却手続きを行う

車を業者に引き渡したら、売却に必要な手続きを行います。とはいえ、中古車買取業者に車を売る場合は、業者が手続きを代行してくれることが多いため、書類を準備し、必要事項の記入や押印を行うだけで手続きが完了することがほとんどです。しかし、中には手続きの代行手数料がかかる業者もあるため、必ず事前に確認するようにしましょう。

ポイント

カーネクストでは、売却時の面倒な手続きも全て無料で代行いたします。車検証の住所から変更がある場合や所有者が亡くなっている場合など、複雑な手続きが必要になる場合もカーネクストにお任せください。

入金の確認をする

最後に、きちんと買取金額が入金されているか確認しましょう。中古車買取業者によって入金のタイミングは様々であるため、事前に確認しておくことが重要です。事前に聞いていた期間を過ぎても入金されていない場合は、業者に直接問い合わせ、状況を確認するようにしましょう。

車の売却に必要な書類

document

中古車買取業者に車を売る際、必要になる書類を確認しておきましょう。車検証に記載されている情報から変更がある場合や、車検証に記載されている所有者が自分でない場合などは、追加で書類が必要になります。

普通車の必要書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 印鑑登録証明書
  5. 実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

6の譲渡証明書と7の委任状は中古車買取業者が準備する書類のため、自分で準備する必要はありません。

軽自動車の必要書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書

4の申請依頼書は中古車買取業者が準備する書類のため、自分で準備する必要はありません。

車を売却する前に知っておきたい3つの注意点

car-pc

車の売却にはいくつかの注意点があります。売却前にきちんと確認しておき、注意点を踏まえたうえで、中古車買取業者に車を売るようにしましょう。

車の売却はクーリングオフができない

車の売却にはクーリングオフの制度は適用されません。契約のキャンセルができないわけではありませんが、キャンセルする場合はキャンセル料金が発生することがほとんどです。キャンセル料金は無駄な出費であり、買取価格よりもキャンセル料金の方が高くなってしまう可能性もあります。いつまでキャンセルが可能なのか、キャンセル料金はいくらかかるのかなど、キャンセル規定は事前に確認しておくことが重要です。とはいえ、トラブルにつながる恐れもあるため、基本的には契約後のキャンセルはしないようにしましょう。

査定額の内訳を確認する

中古車買取業者に査定額を提示してもらったら、査定額の内訳を確認するようにしましょう。車を売却するうえで、査定額が高いかどうかは一番気になる点ではありますが、査定額の中に自動車税、重量税の還付金などが含まれているかどうかをチェックしておくことが重要です。含まれていない場合、還付金の取扱いはどうなるのかを確認しておくようにしましょう。

忘れ物に気をつける

車を引き渡す前に、車内に私物を置き忘れていないかどうかを必ず確認するようにしましょう。特に、ETCカードやCDなどは入れたままになってしまいやすいです。業者や新しいユーザーが気付いた場合、返ってくる可能性もありますが、必ず返ってくるとは限らないため、念入りに確認しておくようにしましょう。

車を高値で売却する6つのコツ

車とお金

愛車を手放すなら、できる限り高値で売却したいですよね。こちらでは、愛車を高値で売るコツをご紹介します。

車に関する書類を揃えておく

車の購入時に付属していた下記の書類を査定時に揃えておくことで、査定額アップにつながる可能性があります。

  • 車輛取扱説明書
  • オプション類の取扱説明書・保証書
  • 整備点検記録簿

特に、今までどのような整備や点検を受けたのか、どの部品を交換したのかなどが記されている整備点検記録簿は、査定額を決定する上で重要な情報となるためプラス評価につながりやすいです。また、定期的にメンテナンスをしたり点検を受けているというアピールにもなるため、できる限り準備しておくようにしましょう。

修復歴は隠さない

フレームやピラー、ルーフパネル、フロントクロスメンバーなどのボディの骨格や基礎部分が損傷し、修理した場合、その車には修復歴が付きます。修理をしたとしても修復歴がある車は、その後の走行性能や乗り心地に大きな影響を与えるため、マイナス評価につながりやすくなってしまいます。しかし、修復歴がある場合は、査定時に必ず修復歴があることを伝えなくてはなりません。査定額は下がってしまいますが、修復歴があることを隠して売却した場合、後からキャンセル料金だけでなく賠償金を請求されるなどのトラブルにつながる恐れがあるため、隠さずに事前に伝えるようにしましょう。

車はきれいな状態にしておく

車のきれいさは査定額に影響します。中古車買取業者は買い取った車をきれいにしてから販売しますが、汚い車は業者に悪い印象を与えるだけでなく、清掃を行う時間や手間が増えるため、マイナス評価につながりやすくなります。また、車をきれいな状態にしておくことで、業者に丁寧に乗っていたという印象を与えることができます。洗車や車内の掃除機がけ、消臭などの清掃はすぐにできるものばかりなので、可能な限り行うようにしましょう。

純正オプション品を準備しておく

純正オプション品は、後から取り付けることができない希少性や信頼性が評価されるため、プラス査定につながりやすいです。ETCやカーナビ、自動ブレーキ、ドライブレコーダーなどの純正オプション品は積極的にアピールしましょう。純正オプション品を取り外し、社外品を取り付けている場合などは、査定時に取り外した純正オプションを用意しておくようにしましょう。

複数の業者の査定額を比較する

初めから一社に絞ってしまうのではなく、複数の中古車買取業者の査定額を比較することで、最も高い金額で買い取ってくれる中古車買取業者に車を売ることができます。また、業者同士で査定額を競わせることで、より高値が付く可能性もあります。

車が高く売れる時期を狙う

中古車市場は引っ越しや生活環境の変化により、車を乗り換える人が増加する3~4月が最も活発になると言われています。そのため、中古車買取業者は中古車の需要が増えるこの時期に向け、より多くの在庫を確保しようと買取を強化します。つまり、中古車市場が活発になる時期の少し前、2~3月が車が高く売れやすい時期となるのです。明確に売りたい時期などが決まっていない場合は、この時期に合わせて車を売却することをおすすめします。

まとめ

車の売却方法や、中古車買取業者に車を売る際の手続きの流れ、必要書類などについてお話ししました。自分に合った売却先をしっかりと見極め、注意点や踏まえたうえで車の売却を行うようにしましょう。

車の買い替えを検討しているなら?

今の車を処分して新車への買い替えを検討している場合は、今の車を高く売ることでトータルコストを抑えることが可能となります。そこで重要なのが、海外に販路を持つ中古車買取業者に買取を依頼することです。
近年、海外での日本車の需要が上昇し、中古車であっても日本車は海外で高値で取引されるようになりました。そのため、海外への販路を持つ中古車買取業者であれば、高値で買い取ることができるのです。
カーネクストは海外への独自の販路を持っているため、低年式車や過走行車であっても高値でお買取できることもあります。ぜひ一度お問い合わせください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト