中古車売却 中古車買取 コラム

フォレスター

買取・売却

フォレスターのリセールバリューは高い!その理由や高価買取のコツとは

投稿日:

スバルのフォレスターは1997年に販売が開始されて以来、ミドルクラスのクロスオーバーSUVとして高い人気を得ています。そんなフォレスターはその人気の高さから、高いリセールバリューを期待できる車でもあります。
こちらでは、フォレスターの実際のリセールバリューやフォレスターのリセールバリューが高くなる理由、フォレスターをより高値で売却するためのコツなどをご紹介します。フォレスターの売却をお考えの方はもちろん、購入を検討されている方もぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

フォレスターのリセールバリューはどれくらい?

スバルキー

まずはフォレスターのリセールバリューがどれくらいなのか、実際の数字を見ていきましょう。

リセールバリューとは?

リセールバリューとは、車を売却する際の価値のことです。中古車は株式と同じく、中古車市場での需要と供給のバランスによって相場が変動します。そのため、中古車市場での人気や流通台数などによって、車のリセールバリューが決まります。リセールバリューが高い車とは、中古車市場での需要が高く、流通台数が少ない車のことです。
国産車のリセールバリューは、新車購入から3年経過・3万キロ走行程度で、新車価格の40~55%程度が平均であると言われています。つまり、この平均値よりもリセールバリューが高い車を購入することで、車の買い替え時などにかかるコストを抑えることができるのです。

フォレスターのリセールバリュー

車のリセールバリューは中古車としての需要によって決まるため、年式が新しければ新しいほど高くなります。フォレスターのリセールバリューが年式によってどの程度変化するのかを見ていきましょう。

経過年数 リセールバリュー
3年落ち(平成30年式) 84%
5年落ち(平成28年式) 57%
7年落ち(平成26年式) 41%
10年落ち(平成23年式) 15%

フォレスターは2018年にフルモデルチェンジを実施したことにより、最新モデルのリセールバリューが非常に高くなっています。とはいえ、モデルチェンジ前の5年落ちのモデルであってもかなりの高リセールを誇っており、全体的にリセールバリューが平均よりも高い車であることが分かります。

アメリカで最もリセールバリューの高い車種に選出

スバルの米国部門は2021年3月2日、アメリカの中古車相場情報に関して豊富なノウハウを持っている「ケリー・ブルー・ブック」の「2021年ベストリセールバリューアワード」において、スバルの4車種が最もリセールバリューの高いモデルに認定されたと発表しました。「ベストリセールバリューアワード」では、新車登録から5年後に最も高いリセールバリューを持つと予想されるモデルを選出しています。フォレスターは、2020年に続きコンパクトSUV部門で2度目のベストリセールバリューを獲得しました。

メモ

スバルは「2021年ベストリセールバリューアワード」において、フォレスターの他にもコンパクトカー部門でインプレッサ、サブコンパクトSUV部門でクロストレック、中型2列シートSUV部門のアウトバックでベストリセールバリューを獲得しています。

フォレスターのリセールバリューが高い理由

スバルハンドル

平均よりも高いリセールバリューを維持し続けているフォレスターですが、なぜリセールバリューが高くなるのでしょうか。その理由を詳しく見ていきましょう。

海外で人気が高い

スバルは2019年2月、北米において絶大な信頼性があるメディア「コンシューマー・リポート」でトップリコメンドに選出される快挙を達成しており、品質面で非常に高い評価を得ています。また、スバルは、近年世界中で需要が高まっているSUVブランドというイメージを持たれていることなどから、海外、特に北米で非常に高い人気を誇っています
海外では車は修理しながら長く乗るものだと考えられているため、日本では高値が付きにくいような多走行の車であっても、人気のある車種の場合は高値で取引されることが多いです。ただし、車の年式による輸入規制のある国も多く、年式によってリセールバリューに差が出やすい要因となっています。特に、7年規制の国が多いことなどから、初度登録年月から7年以経過した車のリセールバリューは急激に低くなる傾向にあります。

スバル車は値崩れしにくい

スバルは水平対向エンジンや四輪駆動に代表されるような個性的な車をつくっており、スバリストと呼ばれる熱狂的なファンが多数存在しています。そのため、スバル車は中古車市場でも一定の需要があり、中古車の値崩れが起こりにくいのです。また、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載した車は、リセールバリューが非常に高くなる傾向にあります。さらに、スバルは一部の例外を除き、新車の供給遅れが解消されないことも、リセールバリューを高くする要因の一つとなっています。

現行型の流通台数が少ない

全体的に高いリセールバリューを維持しているフォレスターですが、中でも現行モデルのリセールバリューが84%と驚異的な数字になっています。これは、フォレスターのモデルチェンジが2018年に実施されたばかりということもあり、新型モデルの中古車流通台数が非常に少ないことが大きな要因となっています。また、現在中古車市場に流通している現行モデルは、年式が新しく走行距離が短い車ばかりのため、中古車としての価値が非常に高く、リセールバリューも高くなる傾向にあります。

フォレスターを高く売るには?

マイカーローン

高いリセールバリューを誇っているフォレスターですが、さらに高く売るためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。フォレスターをより高値で売却するコツをご紹介します。

海外への輸出ルートを持つ中古車買取業者を選ぶ

フォレスターは海外で非常に人気の高い車種であるため、海外への輸出ルートを持つ中古車買取業者に売却することで、輸出した際の相場を買取価格に反映することが可能となり、高値が付きやすくなります。中古車買取業者が海外への輸出ルートを持っている場合、サイトなどに記載していることがほとんどです。事前に確認しておくようにしましょう。ただし、輸出先は業者によって様々であるため、フォレスターが高く売れる国への輸出ルートを持っている中古車買取業者を選ぶことが重要です。

ポイント

カーネクストは、全国13,000社以上の自動車関連業者と連携しているため、海外への輸出ルートを持つ業者への販路を多数保有しています。そのため、フォレスターが高く売れる国への輸出ルートを持つ業者をすぐに探すことが可能となり、フォレスターの高価買取を実現しています。WEB上で簡単にお車の金額を調べることができるため、まずはお気軽に査定をしてみてはいかがでしょうか。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

フォレスターが高く売れる時期を狙う

フォレスターは、本格的なオフロード走行に対応することができるコンパクトSUVです。そのため、アウトドアでの使用や雪国での需要が特に高く、冬に乗ることを想定して中古車を購入する10月~12月頃に中古車の需要が高まる傾向にあります。つまり、この時期を狙って売却することで、フォレスターが高く売れやすくなるのです。
しかし、中古車の買取価格に最も大きな影響を与えるのは、車の基本設計から内装・外装まで全面的に改良されるフルモデルチェンジです。フルモデルチェンジによって新型モデルが発売されると、旧型モデルが多く売却され、中古車流通台数が増加することで中古車市場が飽和状態になり、リセールバリューが大きく下がってしまいます。フォレスターは2018年にフルモデルチェンジを実施しており、次のフルモデルチェンジは2023年の夏に予定されています。まだ正確な情報などは発表されていませんがモデルチェンジの詳細な情報が出たら、モデルチェンジが実施される前に売却することで、値崩れを防ぐことができます。

できるだけきれいな状態で査定に出す

フォレスターに限らず、車はきれいさは買取価格に直結するため、車をきれいにしてから査定に出すことが重要です。下記のような清掃は、査定前に簡単に行うことができます。

  • 洗車する
  • ワックスをかける
  • 掃除機をかける
  • シートを市販のクリーナーなどで拭いておく
  • 車内の臭いを消しておく

中古車買取業者は、買い取った車を清掃してから中古車として販売します。そのため、あらかじめきれいな状態にしておくことで業者が清掃にかける時間や手間などを省くことができ、プラス査定につながりやすくなります。また、きれいな状態の車は丁寧に乗っていたという印象を与えることができ、プラス査定につながる可能性があります。
しかし、車の傷やへこみなどは修理してから査定に出す必要はありません。これは、マイナス査定分を修理費用が上回ってしまったり、修理に出している間に相場が下がってしまう可能性があるためです。また、費用を抑えようと自分で修理するのも危険です。これは、修理したものの中古車買取業者が手直しが必要である判断した場合、一から修理するよりも手間や時間がかかることがあり、マイナス査定につながりやすくなってしまうためです。悪路走破性に優れており、アウトドアな用途で使用されることも多いフォレスターは、売却時に傷やへこみなどが気になる方も多いかと思いますが、傷やへこみはそのままにして査定に出すことをおすすめします

まとめ

国内のみならず海外でも非常に人気があり、リセールバリューが高いフォレスターをより高値で売却するためには、売却先の中古車買取業者をきちんと選ぶことが重要です。フォレスターが高く売れる海外への輸出ルートを持つ中古車買取業者を選び、高価買取を目指しましょう。また、フォレスターは2023年の夏にフルモデルチェンジが予想されているため、モデルチェンジ前に売却することで、大きな値崩れを防ぐことができます。高く売れる時期を見極めて売却するようにしましょう。
カーネクストは、海外への輸出ルートを持つ業者への販路を多数持っているため、フォレスターが高く売れる販路をすぐに見つけることが可能となり、高価買取を実現しています。また、カーネクストは実車査定を行っておらず、お電話にて査定から契約までの全てが完結します。買取時の面倒な手続きなども全て無料で代行させていただきますので、まずはお気軽にカーネクストまでご相談ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-,

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト