中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車傷を錆びさせない「錆止め」の仕方とは|作業時の注意点もご紹介

更新日:

車に傷がつけば素早く修理することが大切であり、放置してしまうと錆をつくってしまう可能性があります。車傷は細かい傷も多いですが、どれだけ小さな傷でも内部にゴミや水分がたまりますし、湿気が取れないことで錆が発生します。 錆は放置すればさらに広がり、場合によっては腐食によって部品に穴があくこともあるので注意が必要です。車傷は放置せずに素早く対処し、錆をつくらないようにして、愛車をきれいに守りましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自分でできる車の傷の錆止め方法

車に錆が発生すれば、素早く取り除くことが大切ですが、錆落としはある程度までなら自分でも可能です。軽度なものであれば、業者に修理を依頼する必要はありませんので、早い段階で落とすようにしましょう。 また、錆は落とせば終わりではなく、また錆付かないように予防しなければなりません。錆落としと錆止めの方法を知って、上手にメンテナンスしましょう。

錆の部分を落として防錆剤を塗る

錆を予防するためには、防錆剤を使用します。防錆剤を塗ることで被膜ができ、それが錆の進行を防ぎます。防錆剤はあくまで錆の進行を防ぐものであり、錆落としをするものではありません。そのため、まずは錆の部分を落として、それから防錆剤を塗っていきます。錆は細かいヤスリやルーターなどでこすり、少しずつ擦り落としましょう。

錆止め塗料でタッチペイント

車の塗装ができるタッチペイントにも、錆止めの成分が入っているものがあります。錆止めの塗料も、あくまで錆の進行を防ぐだけですので、あらかじめ錆をきれいに落としてから使用します。また、タッチペイントは塗装ですので、自分の車に合ったカラーをみつけることが大切です。愛車のカラー番号を確認して、適した色を選びましょう。

サンドペーパーで塗装の段差を無くす

錆を予防する方法としては、錆止めの薬剤を使う以外にも、サンドペーパーで塗装の段差をなくすという方法もあります。錆ができてしまうのは、傷の内部に水分などが入り込み、それがきちんと乾燥しないからです。 塗装面に段差がなければ水はきれいに流れ落ちますし、錆が発生する心配もありません。サンドペーパーは塗装を剥がすために使いますので、削り過ぎないように様子をみながらおこないましょう。

コンパウンドで仕上げる

サンドペーパーで塗装の段差を削れば、錆は発生しませんが、それでは磨き傷が残ってしまいます。磨き傷を消すためには、コンパウンドを使用してさらに磨いていきます。コンパウンドには研磨剤と薬剤が含まれており、塗装を剥がしながら薬剤を塗り込み、傷の補修が可能です。磨き傷まできれいになくしておけば、見た目もよいですし錆が発生するリスクも減少します。

コーティング剤で塗装部分の保護を

コンパウンドで磨き傷をなくせば、その上からコーティング剤で塗装部分の保護をしましょう。コンパウンドで磨けば傷はなくなりますし、ツヤ出しもできますが、塗装の保護作用はありません。錆をつくらないためには、そもそも傷をつけないことが大切ですので、コーディングによって防御膜を作り、傷の発生そのものを予防することが大切です。

車の傷の錆止め時の注意点

愛車を錆から守るためには、さまざまな方法で錆止めをおこなうことが大切ですが、作業時にはいくつかの注意点があります。注意点が守れていないと、上手く錆止めができなかったり、場合によっては状態を悪化させてしまう可能性もあります。状態を悪くしては元も子もありませんので、注意点も理解した上で錆止めをおこないましょう。

マスキングテープでしっかり養生を

錆止めをおこなうには、まずは錆落としが必要です。錆落としは基本的には研磨によっておこないますので、錆をピンポイントで狙って削り落とさなければなりません。他の部分まで間違って削ってしまわないためにも、マスキングテープで養生をおこないましょう。 しっかり養生しておけば、余計な部分まで削るのを防げますし、塗装の際にも他の部分に色うつりする心配がありません。

ラッカースプレーは使用しない

塗装を塗り直すだけであれば、ラッカースプレーでも可能ですが、これでは根本的な補修になっていません。ラッカースプレーには錆止めの効果はありませんし、傷表面を覆っているだけなので、内部で錆が発生し、進行する恐れもあります。 内部で錆が広がれば、気づいたときには自分では修復不可能な状態になっている可能性もあります。塗装にはタッチペイントなど、錆止めの効果があるものを使用しましょう。

自分での補修は自己責任

錆止めの作業は自分でおこなえば、費用も安く済ませられますが、補修の方法を間違えれば傷を広げてしまう可能性もあります。特に、サンドペーパーやコンパウンドなどを使用する際には注意が必要で、一度削ったものは元通りにはなりません。 削りすぎによって、余計に費用がかさんでしまうこともあるので、自分でおこなう場合は慎重に作業を進めましょう。

ただし、買取に関しては少し注意が必要で、本当にプロ並みに綺麗に、かつ安く直せる場合であれば問題ありませんが、そうではない場合は修理をせずにそのまま買取に出した方が査定額は高くなるのです。

というのも、中途半端に修理してしまった場合、買い取った後に修理された部分を一回削り直してから再度補修するという二度手間が発生してしまうので、逆に費用がかさんでしまうのです。

なので、買取を希望の場合は一旦そのままの状態の査定額を把握されてから、修理をするかどうか判断をしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

愛車の傷は放置せず早目の処置をしよう

車傷は放っておいてもよくはなりませんし、むしろ傷の内部で錆が発生するなど、悪化してしまう場合が多いです。放置すればどんどん広がるため、最終的には取り返しのつかないことになります。錆が発生した場合はすぐに落とし、再発を防ぐことが大切です。車傷ができれば素早く補修し、愛車を錆から守りましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト