中古車売却 中古車買取 コラム

車検

車検代を安く抑える方法|費用削減のポイントと業者の選び方について

更新日:

車検には少なからずお金がかかりますし、場合によってはかなりの出費になってしまうこともあります。初回検査からは3年、以降は2年ごとと毎年おこなうわけではありませんが、それでも何度もおこなえばかなりの金額です。車検代の高さに困る人は多いですが、実は安く抑えることもできます。車検代を安くするにはどうすればよいのか、その方法を探っていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検費用を安くする方法

車検にかかる金額は車種や車の状態によって違いますが、費用が違うのはそれだけの理由ではありません。ほかにもさまざまな要素によって条件は変動していますので、うまくすれば費用を安く抑えることはできます。車検代を安くする方法は複数ありますので、自分にもっともあった方法でおこない、また可能であれば併用してお得に車検を受けましょう。

割引特典のある業者を利用する

車検にかかる費用は業者によって違いますが、異なるのは単純な費用だけではありません。業者によっては早期予約割引やインターネット予約割引などの、独自の割引サービスをおこなっている場合もあります。それらの業者を選べば、車検費用は安く済みます。 また、車検にかかる費用を割引くのではなく、グッズのプレゼントや次回利用時のクーポンなどを配布している店舗もあります。それらでも実質的な値段の割引にはなっていますが、よりお得に車検を受けたいなら、車検代そのものを割り引いてくれる業者を選びましょう。

ユーザー車検を受ける

車検は業者に依頼するだけではなく、自分で運輸支局に車を持っていき、おこなうこともできます。これはユーザー車検という方法ですが、ユーザー車検は車検にかかる費用が実費のみで済むため、整備業者やディーラーなどに車検を頼むよりも断然に安くなります。 車検に必要な書類を自分で用意したり、事前点検などもすべて自分でおこなわなければなりませんが、費用を抑える点ではほかの方法よりも格段に優れています。運輸支局は平日しか開いていませんので、平日に休みがとれる人にはおすすめです。

車検費用が安い業者に依頼する

車検にかかる費用は業者によって異なり、もっとも費用が高いのはディーラー車検です。ディーラー車検を受けると割高になるため、安く抑えたいならもともとの料金が低い業者を選びましょう。おすすめなのは、車検専門店やカー用品専門店などです。 店舗や車の状態によっても異なりますが、安い場合だとディーラー車検の半額か三分の一程度の金額で車検が受けられます。

複数の業者に査定を依頼する

安い業者に車検を依頼するのもおすすめですが、それだけではなく複数の業者に査定を依頼することも大切です。最低3社以上の業者から車検費用の見積もりをとって競わせ、一番安い金額を提示してきた業者で車検を受ければ費用は安くなります。 車検は業者にとっては収入源のひとつですし、他社に取られないように最初の見積り額よりも割引いてくれる場合もあります。複数検討することで相場も分かりますし、1社だけに絞らず、何社か見積りを出してもらって考えましょう。

低価格保証システムを利用する

業者によっては低価格保証システムを導入している場合もあり、このシステムのある業者を利用することでも、車検代は安くなります。低価格保証システムは、他社の見積書を持参するだけで、そこから10%安く車検が受けられるサービスです。 複数の業者から見積もりを受けていれば、割引いた金額も提示してもらいやすいですし、そこからさらに割引となるので、かなりお得に車検が受けられます。

ディーラー車検を安く抑えるためのコツ

車検の費用を抑えるためにはディーラー車検は避けなければなりませんが、ディーラー車検は費用が高い分、受けるメリットもたくさんあります。ディーラー車検であれば、豊富な専門知識と技術のある整備士による車検が受けられますし、車検後のフォローも充実していることが多いです。そのため、費用が高くてもディーラー車検を希望する人は多いですが、これにも安く済ませるための方法があります。

決算時期に車検を受ける

3月か9月の決算時期に車検を受けると、車検の費用を多少優遇してもらえる可能性があるので、ディーラー車検を受けるならこの時期を狙いましょう。 決算時期においてディーラーは少しでも売上を伸ばしたいと考えているため、多少割引いてでも車検を受けてもらおうとすることが多いです。狙い目なのは、決算時期直前の月末ですので、2月末・8月末がもっともおすすめです。

必要のない作業を省いてもらう

車検時にはまずは車の点検をしてもらい、見積りを出してもらいますが、見積書の中では不要な項目もいくつかあります。ディーラーとしては少しでも高い金額で車検を受けてほしいので、さまざまな項目を付け足していますが、これらは断ることもできます。見積書を確認して、必要性を感じない清掃や交換などは省き、検査項目も不要なものは削除してもらいましょう。

消耗品をネットで購入する

車検時には消耗品の交換をすることが多いですが、これが高くついてしまうことが多いです。特に、店舗で売っている消耗品は純正品で割高です。ネットで安く販売されているものを事前に取り寄せ、それを使って交換してもらえば費用は安くなります。 もちろん、純正品を使った方が車の質が向上するのは間違いありませんが、費用を削るためには安く購入した部品を使うのがおすすめです。ただし、ディーラーによっては持ち込み品での作業を断られる場合もありますので、対応してもらえるかは事前の確認が必要となります。

メンテナンスをマメに受ける

車検時には消耗品の交換や整備などをおこないますが、これらの費用は日頃のメンテナンス次第で減らせます。1年点検や日頃の整備をしっかり受けておくことで、車検の時に交換しなければいけない箇所は減り、結果的に費用の削減に繋がります。 車検の費用としては、消耗品の交換や整備費などが高くつくことが多いため、これをいかに削減できるかが全体の費用を抑えるポイントでもあります。日々のメンテナンス次第で車検時に必要な費用は異なりますので、愛車は丁寧に扱うことを心がけましょう。

月の最終週に見積もりをとる

車検を受ける時期としては、決算時期だけではなく、月の最終週を狙うのもおすすめです。ディーラーには月ごとに車検の目標台数が設定されているため、未達の場合は値引きしてもらえる可能性が高いです。同じ月でも月初と月末ではかなりの差が出ることもありますので、狙うなら月末です。 しかし、これはあくまで目標未達の場合です。目標をすでに達成している場合には、通常通りで特別な割引はない可能性もあるので注意しましょう。

車検代を安く抑えて車の維持費を節約しよう

車検代はどうしても高くなりがちですが、工夫次第で安く抑えることは可能です。車検を受ける業者選びはもちろん、日々の車のメンテナンスなども含めて、車検に向けての準備をきっちりおこなうことが大切です。車検代を少しでも安くしようと思えば手間がかかりますが、その手間こそ安く抑えるためのポイントです。 ほんの少しの工夫で費用は大きく異なりますので、工夫して車検代を抑えて、維持費を上手に節約しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト