中古車売却 中古車買取 コラム

車検

【車の車検費用】基礎知識や費用の内訳までを具体的に解説

更新日:

車に乗り続けると、継続して車検を更新していかなければいけません。そして、その車検を受けるためにはそこそこの費用がかかりますが、これは方法次第でいくらかかるのかが異なるのです。ここではお得に車検を受けるために、車検における前提知識などをご紹介いたします。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

軽自動車・普通自動車の車検費用の平均一覧

車検にかかる費用はどの業者を選ぶかによって異なります。そのため、業者別でかかる費用を比較検討して、どの方法で車検を受けるかが重要です。もちろん費用が高い方法でもそれ相応のメリットはありますし、費用が安いからこそ面倒なこともあります。また、軽自動車と普通自動車の違いによっても費用は異なります。費用の違いやその理由を知って、各業者の平均費用を把握していきましょう。

ディーラー車検

ディーラー車検の場合、軽自動車の車検費用の平均は5万円~10万円、普通自動車は8万円~18万円程度です。数ある業者の中でも、ディーラー車検がもっとも高額ですが、その理由は自社製品への豊富な知識や整備ノウハウ、アフターサポートの充実などが挙げられます。費用としては高いものの、より安心して車検を受けたいならディーラー車検を選びましょう。

専門のチェーン店

車検専門のチェーン店の場合、軽自動車の車検費用の平均は4万円~7万円、普通自動車は9万円~12万円程度です。専門チェーン店の場合は、店舗による料金の違いや整備技術の違いが少ないことが特徴です。基本的にはマニュアルですべて決められていますので、どこで車検を受けても均一な質でのサービスが受けられます。車検のサービスが安定していますので、当たりはずれを出したくないなら、専門のチェーン店がおすすめです。

中小規模の業者

中小規模の業者の場合は、軽自動車の車検費用の平均は4,000円~10万円程度で、普通自動車の場合は、軽自動車よりもやや高い水準にあると考えましょう。中小規模の業者は、業者ごとに金額設定が大幅に異なるため、平均額が一概には決まっていません。上手に利用するためには、複数の業者を比較検討することが大切です。業者によっては費用がかさむばかりで損をする可能性もありますので、必ず複数業者で見積りを受けましょう。

ガソリンスタンド車検

ガソリンスタンド車検の場合、軽自動車の車検費用の平均は4万円~7万円、普通自動車は7万円~13万円程度です。ガソリンスタンドの場合は素早く車検が受けられることが特徴であり、検査もスムーズに終了します。また店舗によっては、ガソリン代の割引サービスがあるなど、さまざまな特典がつきますので、実質の費用は平均よりも少し下がるといえます。

ユーザー車検

ユーザー車検の場合、軽自動車・普通自動車ともに車検費用は平均して6万円~8万円程度です。ユーザー車検は、自分で陸運局や軽自動車協会に持ち込んで検査をおこなうため、業者を介さずに車検を受けます。業者に依頼した際に発生する基本料金がないため、最低限の出費に抑えることができるのが特徴です。手続きをすべて自分でおこなうので面倒で手間もかかりますが、その分費用は安く済みますので、とにかく安さを求めるならユーザー車検がおすすめです。

普通車 軽自動車
ディーラー車検 8万円~18万円 5万円~10万円
チェーン店 9万円~12万円 4万円~7万円
中小規模の業者 業者ごとのバラツキが大きい
ガソリンスタンド車検 7万円~13万円 4万円~7万円
ユーザー車検 6万円~8万円 6万円~8万円

 

車の車検費用の内訳

車検費用はひとつの項目だけで費用が決定するわけではなく、複数の項目で全体の費用は構成されています。車検にかかる費用はひとつではありませんので、その内訳を知っておくことが大切です。車検の内訳項目ごとの費用は安くできるもの、固定のものなど決まっていますので、それぞれどんな費用がかかるのかを知っておきましょう。

車検の主な内訳

  • 法定費用
  • 検査基本料
  • 追加費用

どこで受けても同じ料金の法定費用

法定費用とは、自賠責保険料・重量税・印紙代のことを指しており、どこの業者に依頼しても必ず同額で発生する費用です。これは、車検には絶対に必要な費用であり、業者に依頼せずユーザー車検を受ける場合でも削減はできません。車の種類によって自賠責保険料や重量税など細かな金額の違いはありますが、それぞれがゼロにはならないことは覚えておきましょう。車検費用は法定費用が基本となっており、それにほかの費用をプラスして金額が決定します。

業者により変わる検査基本料

検査基本料は、点検や整備をおこなうための費用であり、業者ごとに基本料の価格設定が異なっています。業者ごとに車検の費用が異なるのは、基本料設定の違いのためであり、安く抑えたいなら基本料が安い業者を探すのがポイントです。また、検査基本料は業者によって呼び方が違うので注意しましょう。業者によっては単に基本料と呼んだり、車検基本料としている場合もあります。車検を受ける際には見積りが提示されますので、検査基本料にあたるのはどれかを確認し、金額もチェックしておきましょう。

車の状態によりかかる追加料金

車検を通すためには車を整備・修理しなければなりません。消耗品の交換やその他の整備が必要な部分は、交換や整備をしてから車検に出しますので、その分の費用が料金として上乗せされます。追加料金については、車種や車の状態によって異なります。交換する部分が多かったり、修理箇所が多数あると追加料金も多く発生するので注意しましょう。追加料金についても業者によって異なりますが、もっとも大きいのは車の状態です。車の状態さえよければ、整備や交換は不要ですので、追加料金なしで車検が受けられます。

車検費用は分割での支払いもできる

車検費用は方法によっても異なりますが、基本的には数万円単位で必要になり、場合によっては10万円以上かかることもあります。高額になるため現金で払うことが難しい場合や、一括での支払いができない場合もあります。その場合は、クレジットカードのリボ払いや車検を受けるお店の自社ローンなどを利用しましょう。車検費用は、利息がつきますが分割でも支払えますので、業者に依頼する場合は支払い方法も含めて確認しておくことが大切です。

予算内で質の高い車検を受けよう

車検にかかる費用は業者によってさまざまですが、費用が高くなる分、サービスは充実しています。安く抑えるのが必ずしもよいとは限りませんので、車検にどれくらいの費用をかけるのか予算を立てておき、それに見合った方法で納得できる車検を選びましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト