中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車のパーツ取り外し方法|活用方法や注意点などをご紹介

更新日:

廃車する際には、車を売却したり、解体して処分することが多いです。しかし、そのまま処分するのはもったいないので、必要なパーツは取り外してから手続きをするのがおすすめです。廃車する車でもパーツはまだまだ活かせますので、取り外しの方法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車のパーツの取り外し手順

少しでもお得に廃車するためには、事前にパーツを取り外した方がよいですが、取り外しにはさまざまな手順があります。手順を理解して、上手にパーツを取り外しましょう。

ホイールやサスペンション

ホイールやサスペンションで取り外しが可能なのは、基本的には社外品のオプションを取り付けている場合のみです。購入時から何もいじっていないのであれば、そのまま廃車をおこない、社外品を装備しているなら、外して純正品に取り換えましょう。 廃車時には車体とともに査定へ出すことも多いですが、オプションで評価されるのは基本的には純正品です。社外品は業者ごとに評価が異なるため、純正品に戻して置いた方がよいでしょう。

ナビやETCなどの電装品

ナビやETCなどの電装品も取り外しは可能ですが、種類によっては難しい場合もあるので注意が必要です。簡単に取り外しができるのは、後付けのものであり、最初から内臓されているものについては、電気系統を触ることになるため、取り外しが難しいです。個人ではできない場合も多いため、取付状況によっては業者に依頼しましょう。

前後のナンバープレート

ナンバープレートは廃車の登録方法に関係なく、手続き時に陸運支局に返却する必要があるため、事前に必ず取り外さなければなりません。プラスとマイナスのドライバーを使えば簡単に取り外せますので、自分での作業も可能です。 業者に依頼もできますが、依頼する方が手間がかかりますし、事前に自分で取り外してしまった方がよいでしょう。硬くて取れない場合は、潤滑油などを使うと、スムーズに外れます。廃車手続きでは前後2枚必要ですので、忘れずに取り外しましょう。

廃車から取り外したパーツの活用方法

廃車の際に取り外したパーツは、活用方法がさまざまあります。取り外しをすれば、それで終わりではありませんので、その後どのように扱えばよいのかを知っておきましょう。

パーツの買取店に持ち込む

取り外したパーツは、中古のパーツを専門に買い取っている業者に持ち込みましょう。まずは査定をしてもらい、値段を見てもらいます。納得がいかなければ別の業者を利用すればよいですし、業者ごとに買取価格も違っているため、複数利用することが大切です。 パーツによって買取価格は異なり、基本的には新しいほど高値での買取が期待できます。またパーツが純正部品なら、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。社外品でも評価される場合もありますが、基本的にもっとも評価が高いのは純正品だと考えましょう。

オークションに出品する

取り外したパーツは、オークションに出品するのもおすすめです。オークションは多くの人が見ていますし、物理的な距離がある人とも取引が可能です。そのため自身で業者に持ち込んで査定してもらうよりも、優良な買い手が見つかる場合もあり、いらなくなった社外品のパーツでも買い取ってもらえる可能性があります。 もちろん、いつ買い手がつくかは分かりませんし、そもそも買い手がつかない場合もあります。確実性としては低くなりますので、出品すれば気長に待つことが大切です。またオークション会場ごとに出品料や手数料などがかかりますので、それらを踏まえて値段を設定する必要があります。

廃車のパーツを取り外す時の注意点

廃車のパーツを取り外す際にはさまざまな注意点があり、これらを理解していないと損をしたり、場合によっては法律違反になることもあります。パーツの取り外しには、さまざまな決まりがありますので、ルールを守って作業することが大切です。また損をしないように、注意点を正しく理解しておきましょう。

解体をしてはいけない

自動車リサイクル法という法律により、車の解体は認可された業者しかできない決まりになっています。個人ができるのは、付属品の取り外しのみであり、解体に該当することをおこなえば、法律違反になるので注意しましょう。 基本的にOKなのは付属品の取り外し、社外品から純正品への付け替えなどです。それ以外で、たとえばシートやドアを外すなどは解体に該当するため、法律違反です。基本的なルールを守り、法律の範囲内でパーツを取り外しましょう。

業者に依頼すると料金がかかる場合も

パーツの取り外しは手間がかかることも多く、自分でおこなうのが難しければ業者に依頼します。パーツの取り外しは、無料でおこなってくれる業者もありますが、パーツごとに費用がかかる業者もあるので注意しましょう。 取り外しを依頼する際には、費用の有無を確認し、どこまでが無料なのかを事前に聞いておくことが大切です。

査定後に部品の取り外しは出来ない

廃車買取業者に依頼した場合、査定後に部品を取ると契約違反になるので注意しましょう。パーツを取り外したい時は、業者に事前に伝えるか、取り外した状態で査定に出すことが大切です。見積もりは査定に出した時点での状態で金額を算出していますし、現状から変化させないようにしましょう。

廃車前にはパーツの取り外しを検討してみる

廃車にする車でも、パーツは使える場合が多いですし、事前に取り外しを検討するのがおすすめです。取り外したパーツは売るのはもちろん、次の車に取り付けられる場合もありますし、上手に利用して、パーツを有効活用しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト