中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車の一時抹消登録のやり方|永久抹消登録との違いやメリット

更新日:

廃車の方法としては、解体をせず、名義を一時的に消去する一時抹消登録があります。廃車は手続きの方法によって、全体の流れが違っています。一時抹消登録はどのように進めればよいのかを知り、スムーズに廃車を完了させましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の一時抹消手続きの方法

一時抹消登録をおこなう際には、事前にさまざまな準備が必要です。スムーズに手続きを終えるためには、手順をきちんと把握することが大切です。手続きの方法や流れを理解することが、ミスなく廃車を完了させるコツだと言えます。

ナンバープレートを外す

廃車時にはナンバープレートを返納しなければなりませんので、事前に取り外しておきます。ナンバープレートの取り外しは、業者に依頼してもできますが、費用がかかることが多いので、自分でやった方がお得です。プラスとマイナスのドライバーがあれば簡単に取り外せますので、費用を抑えるためにも作業は自分でおこなうのがおすすめです。

必要書類を用意し運輸支局に提出する

普通車の廃車の場合は、手続きは運輸支局でおこないます。一時抹消登録の場合は、印鑑証明書や委任状などが必要です。事前準備が必要な書類のほかに、当日窓口入手の書類もあるので、それらも忘れず記入して提出しなければなりません。 必要な書類は、自分でおこなう場合と業者に依頼する場合では異なるので注意が必要です。また軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で手続きをおこないます。

解体届出を出せば永久抹消登録にできる

一時抹消登録をおこなった後でも、その車に永久に乗らないことが確定したときは、解体届出を提出すれば、永久抹消登録に切り替えられます。解体届出をおこなう際には、永久抹消登録と同様事前に車を解体しなければなりません。 本当に不要になった場合には、いつまでも保有しても仕方ありませんし、必要に応じて手続きをおこないましょう。

廃車の方法として一時抹消を選ぶメリット

廃車の方法は一時抹消と永久抹消の2つです。廃車にするということは、少なからず車に乗る必要はないと言えますし、永久抹消にして完全に処分した方がよいのではないかと考える人も多いです。しかし、一時抹消登録だからこそのメリットも存在します。メリットを知って、自分にとって魅力と言えるかを判断し、どちらの方法で廃車にするかを決めましょう。

自動車税の節約ができる

一時抹消でも、登録をおこなえば名義は抹消されますので、税金が課税されることはありません。車は使用の有無に関係なく、名義を持っているだけで課税の対象となります。一時抹消登録をしていれば、車を保有し続けたとしても、税金はかかりませんので、余計な出費が抑えられます。

申請すれば再び公道が走れる

一時抹消登録の場合は、名義の再登録が可能であり、手続きをおこなえばもう一度公道を走れるようになります。永久抹消登録の場合は、廃車時点で車を解体しているので、再登録のしようがありません。不要になったタイミングで一度廃車にし、また必要になれば再登録で使用を再開できるなど、ライフスタイルにあった使い方ができるのが大きなメリットです。 再登録にも費用はかかりますが、新車を購入するよりは断然安上がりですし、将来的に使う可能性がある場合は、一時抹消登録の方がよいでしょう。

一時抹消登録の手続きに関する注意点

一時抹消登録の手続きの際には、さまざまな注意点があります。注意点を理解できていないと、せっかくのメリットがなくなる可能性があり、場合によっては損をします。手続き時の注意点を正しく理解して、スムーズに廃車をおこないましょう。

自動車が盗難された場合は提出書類が追加される

一時抹消登録に必要な書類は決まっていますが、車が盗難された場合は提出書類が追加されるので注意が必要です。盗難があれば、ナンバーや車台番号の書かれたメモ、申請者の身分証明書、請求理由が記載された登録事項等証明書交付請求書を提出しなければなりません。手続きに手間がかかってしまう可能性があることは、理解しておきましょう。

車検が1カ月以上残っていても重量税は返金されない

永久抹消登録の場合は、申請すれば車検の残存期間に応じて重量税が還付されます。還付の要件は車検の残存期間が1カ月以上あることですが、一時抹消登録の場合は、仮に1カ月以上有効期限が残っていても、重量税の還付はありません。 重量税の還付があるのは、車が解体され、リサイクルされた場合のみです。車検を更新してすぐに一時抹消登録をしてしまうと、税金の払いすぎで損をするので注意しましょう。また自動車税については、一時抹消登録でも還付が受けられます。 軽自動車では自動車税は還付されませんので注意が必要ですが、普通車なら廃車の翌月から次の3月までの期間数に応じて、税金が返金されます。

一時抹消に期限はない

一時抹消登録は、名義を一時的に抹消する廃車方法ですが、これに期限はありません。そのため再登録や解体届出は、申請さえすればいつでも可能です。ただし、いつまでも一時抹消のままにしていると、運輸支局から車の状態について連絡がくることがあります。 この場合は、車を変わらずに放置していることを伝える必要があるので注意しましょう。また期限はありませんが、使用せずに放置していると車は劣化しますし、早めに処分を決めた方が無難です。長年放置していると、いざ再登録をしようにも動かない可能性もありますし、ある程度のタイミングで再登録か解体届出、業者に売却などを選ぶことが大切です。

車の状態に合わせて登録方法を選ぼう

廃車の方法は一時抹消登録と永久抹消登録の2つに分けられますが、どちらを選ぶのも個人の自由です。人によって廃車に求めるものは違いますし、車の状態や使用状況を考えて、適切な方法を選ぶことが大切です。それぞれの違いを正しく理解して、その場に合った適切な方法で廃車しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト