中古車売却 中古車買取 コラム

購入

究極の趣味カスタムカーの魅力に迫る|基本知識から海外事情まで

更新日:

市販された車にそのまま乗っているだけでは、車の楽しみをすべて味わっているとは言えません。車の世界は奥深く、自分なりにカスタムして乗ることで、さらに車の魅力を感じることができます。カスタムカー=違法なのではないかと考える人も多いですが、実はそうではありません。 車のカスタムについては法律で明確な定めがありますし、基準さえ守っていれば、罰則なく改造を楽しめます。購入した状態で、車は一応の完成を見ていますが、そこからさらなるクオリティやオリジナリティを求めるのが、カスタムカーの世界です。 自分でカスタムした車は、世界にひとつしか存在しませんし、誰も乗ったことがない車に乗れるという優越感もあります。魅力あふれるカスタムカーの世界を知り、愛車のポテンシャルを最大限にまで引き出していきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

Contents

カスタムカーとはどんな車か

カスタムカーの世界を知るためには、そもそもカスタムカーとはどのような車なのかを理解しておく必要があります。カスタムカー=改造した車とイメージする人は多く、この認識は間違いではありません。しかし、実際にはもう少し細かい定義がありますし、カスタムすることにはさまざまな目的もあります。カスタムカーについての知識を深めて、まずは基本的な部分を理解していきましょう。

市販車を改造し自分好みにカスタマイズした車

カスタムカーは、簡単に言えば市販車を改造し、自分好みにカスタマイズした車です。見た目の変化や性能の向上を目的とした改造車をカスタムカーと呼び、自分らしさを追求できるのが大きな特徴です。市販車をベースにしていますので、まったく初めから車を組み立てるというわけではありません。 あくまでベースの車ありきで、そこからどのように改造、カスタムするかによって個性を表現していきます。性能の良さを追求したものもあれば、見た目の格好良さや派手さなどを追求したものもありますし、人によってどのような改造を施すかは違います。 ベースの車選びにしてもそうですし、どのような選択をするかによって、カスタムカーの在り方は大きく変わることを理解しておきましょう。

カスタムカーも車検に通る

カスタムカーに乗る上でもっとも気になるのが、車検に通るかどうかです。どんな車でも一定期間ごとに車検は必要ですし、カスタムカーであってもそれは例外ではありません。カスタムカーは市販車にはないさまざまな部品を取り付けて改造していますが、それらが車検対応の部品であれば、問題なく車検は通ります。 車検は国が定めた保安基準に適合するかを検査するものですし、既定の部品による改造であれば問題はなく、違法にもなりません。改造の程度や部位によっては、構造変更申請をおこなう必要もありますが、それもきちんと申請していれば大丈夫です。 違法な部品の取り付けや申請なしでの構造変更はNGですが、法律の範囲内であれば車検の心配はまったくありません。またカスタムカーだからといって車検の有効期限が変わることもなく、期限については市販車と同じです。

カスタムカーも任意保険に入れる

カスタムカーの場合、保険に入れるかどうかを心配する人も多いですが、これも車検と同様で、違法改造車でなければ任意保険の加入も可能です。保険の加入要件は改造の有無ではなく、車検に通るかどうかであることが多いですし、どれだけ改造していようと保安基準の範囲内であれば問題はありません。 カスタムカーだからといって何らかの優遇が受けられない、等級が下がるなどの心配もなく、基本的には市販車と同じ扱いで保険に加入できます。カスタムカーの場合は故障を心配する人も多いですし、市販車以上に任意保険には加入しておいた方がよいです。

大事にすれば壊れない

車は精密機械ですし、少しの衝撃でパーツが壊れてしまうこともあります。普通に乗っているだけでも故障の可能性はありますので、自分でさまざまな場所をいじっているカスタムカーであれば、さらに故障の可能性は高いと考える人は多いです。 確かにエンジンや駆動系のカスタムをしていれば、無改造の車より故障の確率は高くなりますが、それも定期的にメンテナンスをおこなっていれば、故障率は下がります。信頼できるショップを見つけて、こまめに調子を見てもらえば故障は防げますし、場合によっては市販車より長持ちする可能性もあります。 また改造場所によっては、故障率を上げずに済む場合もありますし、基本的には大事にすれば壊れないと考えましょう。カスタムしていれば愛着もわきますし、定期的にメンテナンスをしようという気持ちにもなりやすいため、結果的に長く乗れている人は多いです。

カスタムカーの種類

カスタムカーは大きな定義で考えれば改造車ですが、改造の内容は人によって異なります。どのようなカスタムを施すかによって仕上がりは全く違いますし、同じカスタムカーでも特徴は全く異なります。人によって車のカスタムの目的は違っており、カスタムカーの種類は非常に多彩です。どんな種類の改造があるのかを知り、カスタムカーの知識をさらに深めましょう。

見る人の心をつかむドレスアップカー

ドレスアップカーはエアロパーツを取り付けるなど、見た目に大きな変化をつけたカスタムカーです。派手な改造からシックで落ち着いたカスタムまで、幅広く個性を表現できるのが大きな特徴です。ドレスアップはカスタムの基本でもありますので、ここから派生して別のカスタムへと繋げる人もたくさんいます。 またドレスアップができるのは外装だけではありません。内装のカスタムも可能ですし、豪華に自分らしくできるのもドレスアップカーならではです。

走りの高みを目指すチューニングカー

見た目の改造はもちろん、車本来の走行性能をさらに高めたい人には、チューニングカーがおすすめです。ドレスアップカーが外装や内装のカスタムであるのに対し、チューニングカーはさらに内部の、エンジンなどのパーツのカスタムをおこなった車です。 市販車の走行性能では満足できない人は多いですし、公道だけではなくサーキット走行もしたいという願望を満たしてくれます。走りに重きを置いた改造ですので、外装については余分なものを取っ払っていることが多いです。 計算され尽くした洗練されたカスタムに、車のポテンシャルを最大限にまで引き出したチューニングによって、車の性能をどこまでも高めて、最大値を引き出します。

サーキットのヒーローになれるドリフト車

ドラマや映画でのカーチェイスシーンでは、ドリフト走行が数多く登場します。一流のテクニックを目の当たりにして、憧れを持つ人は多く、その夢を実現可能にしたのがドリフト車です。ドリフト車はドリフト走行に特化したカスタムカーであり、市販車よりも簡単かつ安全にドリフト走行がおこなえます。 市販車であっても性能次第ではドリフト可能ですが、かなりのテクニックが必要ですし、危険性も高いです。ドリフト車であれば、比較的簡単にドリフトができますし、サーキットではヒーローになれること請け合いです。 もちろん、公道でのドリフトは絶対に禁止ですし、危険運転となって罰則の対象にもなりかねません。ドリフトはサーキットに限定しなければなりませんが、通常の走行であればドリフト車でも問題なく公道を走れます。

ワイルドな男の必須アイテムVIPカー

VIPカーは快適な車内空間や優れた走行性能を実現した車であり、何より高級感が売りのカスタムカーです。時にヤンキー車、ヤン車と呼ばれることもありますが、カスタムカーをワイルドに乗りこなしたいならおすすめのカスタムです。 VIPカーは見た目は派手でありながらも、重厚感がありますし、何より高級感に溢れています。乗り心地もよい車が多いですし、ロングドライブが多い人にもおすすめできるカスタムです。

過去の名車を快適に乗るフルレストア車

カスタムカーは車好きの人に人気がありますが、別のジャンルで高い人気を誇っているのが旧車です。旧車には現行車にない魅力がたくさんあり、ヴィンテージ感に魅力を感じている人はたくさんいます。しかし、旧車ならではのデメリットが、故障の心配と快適性に不安があることであり、安全かつ快適に長く乗るという観点で考えるなら、現行車の方が優れています。 この問題を解決したのがフルレストア車であり、旧車を現行車仕様に改造して、デメリットを取り除いているのが大きな特徴です。レストアとは英語で元の状態に戻すという意味があり、旧車を整備して乗っているという人は多いです。 フルレストアはさらに元の状態に戻す以上に、改良を重ねた形であり、旧車と現行車の良さを取り入れたハイブリッドなカスタムカーと言えます。

カスタムカーの祭典に行こう

カスタムカーに興味がわいたなら、実際に展示会に行ってさらにその魅力を知りましょう。カスタムカーの展示会は各所でおこなわれていますし、祭典という名にふさわしい盛り上がりを見せています。東京、大阪、名古屋の三大都市で開催されていますので、一度参加してカスタムカーの魅力を間近で体感してみましょう。

世界3大カスタムショーの一つ東京オートサロン

東京オートサロンは、毎年1月におこなわれ、毎回30万人以上の来場者を誇る国内最大のカスタムカーショーです。世界3大カスタムショーのひとつに数えられており、国内外から多くの人が集まります。主にチューニングカーとドレスアップカーの展示が中心であり、車の性能とデザインの両方を楽しめます。

関西らしい派手な大阪オートメッセ

大阪オートメッセは、毎年2月におこなわれ、東京オートサロンに次ぐ20万人以上の来場者が訪れます。展示会はとにかく派手であり、大阪らしい迫力に度肝を抜かれること間違いなしです。ドレスアップやチューニングの展示がメインであり、パーツの販売もおこなっています。 気になった部品があれば購入して、すぐに愛車に取り付けることもできますので、カスタムの参考を見たい人にもおすすめです。

人気アイドルも観られるNAGOYAオートトレンド

NAGOYAオートトレンドは、中部地区最大級のカスタムカーショーです。最新のカスタムカーも数多く展示されており、カスタムのトレンドを知りたい人にもおすすめです。また車はもちろんのこと、人気アイドルのステージがあるのも大きな特徴でしょう。華々しい雰囲気があり、お祭り気分を味わいたい人は参加がおすすめです。

おすすめのカスタムベース車

カスタムカーを作るためには、まずはベースの車を購入しなければなりません。カスタムの方向性は人によって違いますし、ベースの車によってもどんな改造が可能かは異なります。車によって改造の向き不向きがありますし、おすすめのベース車を参考にしながら、カスタムの土台を選びましょう。

走るキャンバスとも言えるトヨタハイエース

トヨタのハイエースは、商用車のシェア率トップですが、車体の大きさと積載量で、あらゆるドレスアップが可能です。派手な見た目にするのはもちろん、落ち着いたカスタムもおすすめですし、思い描いた通りにドレスアップできるのが大きな特徴です。車体の大きさから迫力もありますし、まさに走るキャンバスと言えます。

アフターパーツが豊富なスバルBRZ

スバルのBRZは、現在では貴重なFRスポーツをさらに楽しく乗るべく、さまざまなアフターパーツが発売されています。カスタムの選択肢は広いですし、メーカーのアフターパーツであれば、車検などの心配も少ないです。幅広くカスタムを楽しみたい人におすすめであり、自由度高く改造できるのが大きな特徴でしょう。

究極の走りを求めるなら日産R35GT-R

日産R35GT-Rは、和製スーパーカーの呼び声も高く、チューニングに最適のベースカーです。チューニング次第ではサーキットでも無敵の走りが見せられますし、車本来の力を引き出して、究極の走りを求めたい人におすすめです。

もうVIPカーとは呼ばせないトヨタクラウン

一昔前のVIPカーベースといえば、セルシオやマークⅡが主流でしたが、現在ではトヨタのクラウンの人気が高いです。クラウンは高級車の代名詞ですし、より高いVIPさを求める人におすすめです。

唯一無二の存在感ハマーH2

ハマーH2は、ベース車でも周囲の注目を集めやすいですが、カスタムすることでさらに唯一無二の存在へと進化します。公道を走れば周囲の視線を独占すること間違いなしですし、とにかく目立ちたい人におすすめです。ベース車の値段もそれほど高くありませんし、比較的手が届きやすいのも人気の理由です。

旧車界のスーパースター日産ハコスカ

GT-R神話を築き上げたハコスカ人気は未だ絶大で、レストアをおこなうショップは現在でも数多く存在します。ベース車が高く、カスタムにも費用がかかるのがネックですが、その分最高の車を手に入れられますし、新旧どの車にも負けない存在感を放つことができます。

カスタムカーを造るには

ベースの車も購入すれば、いよいよカスタム開始といきたいですが、どうやって改造すればよいのか悩んでしまう人は多いです。カスタムカーに乗りたいからといって、すべての人が車を改造できるだけの知識やスキルを持っているわけではありません。初心者でもカスタムカーを造る方法はありますので、どのように改造するのかを知っておきましょう。

信頼のおけるショップを探す

カスタムカーを造る上でもっともおすすめなのが、信頼のおけるショップを探すことです。カスタムショップは専門誌やイベントなどで紹介されていますし、それらを参考にして探してみましょう。ショップごとに特徴や得意分野がありますので、自分が目指す車の傾向にあったショップを見つけることが大切です。 なじみのショップを作っておけば、カスタム後でもメンテナンスに関する相談などもできますし、安心度は高いです。

手っ取り早くコンプリートカーを購入

カスタムカーだからといって、必ずしも一から改造する必要はありません。ショップによっては、既にカスタムを完成させたコンプリートカーを販売していることもあります。コンプリートカーは、車検対応やパーツ同士の相性なども検証済みなので、信頼性が高いです。自分が求める理想にぴったり合うなら、コンプリートカーを購入してもよいでしょう。

小規模カスタムならディーラーや量販店でも可能

エアロパーツやマフラー交換程度なら、専門店でなくてもディーラーや大手量販店でも依頼可能な場合があります。業者によってどの程度の改造まで請け負ってくれるかは違いますので、事前に確認しておきましょう。

DIYで頑張る

ショップや業者にカスタムを依頼した場合は、どうしても工賃など費用がかかってしまいます。車のカスタムには部品代を含めて費用がかかりますので、これは仕方のないことですが、DIYでおこなえば工賃分は費用を浮かせられます。 腕に自信があれば、外装パーツなど簡単なものなら取り付けできますし、自分の手で一から造りたい人にはDIYでの改造もおすすめです。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

女性にモテるカスタムカー

カスタムカーと言えば、男の世界、女性からは不人気などのイメージも強いです。確かに多くの女性はカスタムカーを敬遠しますし、何百万とかけたカスタムカーよりも、シンプルな市販車の方が好まれることも多いです。 しかし、カスタムカーのすべてが不評なわけではありません。カスタム次第では、女性からも注目されますので、どんなカスタムがモテるのかも知っておきましょう。

乗り心地と上質さのラグジュアリーカスタム

女性から反感を買わないカスタムは、適度であることが基本です。過度なカスタムをしてしまうと、受け入れられないことが多いため、乗り心地や上質さを求めた控えめなカスタムにすることがポイントです。程よい高級感があれば女性からも人気ですし、さりげないオシャレに好感を持つ人はたくさんいます。

安心と実績のコンプリートカー

カスタムカーの中には、自動車メーカーと提携したショップが販売する、コンプリートカーも存在します。安心と実績がありますので、カスタムカーといっても悪いイメージを持たれることはありません。カスタムカーという響き自体が女性を敬遠させていることも多いですが、信頼性の高いコンプリートカーであれば、マイナスイメージも払拭できます。

見た目も実用性も女性受け抜群のワーゲンバス

カスタムカーの中でも、ワーゲンバスは女性人気が高く、レトロな雰囲気に好感を持つ人は多いです。ノスタルジックなオシャレさはもちろん、車内も広く快適ですし、キャンプカーとしてカスタムする人もたくさんいます。見た目と実用性を兼ね備えており、女性のハートも掴みやすいでしょう。

女性に不評な失敗例

女性にモテるカスタムカーがある一方で、不評を買ってしまう例も数多くあります。カスタムカーは自分の理想を追求するものですし、周囲の人が何と言おうと問題ではありません。しかし、女性にモテたいなら避けた方がよいカスタムもありますので、カスタムの方向性を決める際の参考にはしておきましょう。

鬼キャンのVIPカー

タイヤのキャンバー角を思い切った、いわゆる鬼キャンの車は、女性は敬遠しがちです。VIPカーというだけでヤンキーのイメージを持って敬遠する人は多いですし、鬼キャンにしてしまうと、怖すぎて女性が離れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

街道レーサーはとっくに時代遅れ

竹槍&デッパは、一時代を築いたカスタムですし、現在でも一部の人からは人気です。しかし、女性からは受け入れられないことがほとんどですし、過去の産物として相手にもされません。時代遅れなダサイ印象を与えてしまうことも多く、センスを疑われる可能性が高いので注意しましょう。

やればやるほどどつぼにはまるバニングカー

バニングカーはミニバンなどを改造したものであり、もともとはキャンピングカーとしてのカスタムをおこなったものです。しかし、改造をすればするほど本来の目的とはかけ離れてしまい、キャンピングカーからは程遠い見た目になり、女性は敬遠してしまいます。 同じキャンピングカーでもワーゲンバスなどは人気ですし、女性人気を狙うなら、カスタムは適度に抑えなければなりません。

女性からは文字通り痛すぎる痛車

マンガやアニメのキャラクターを塗装した痛車は、女性からの人気は圧倒的に低いです。デザインそのものをダサイと感じる人も多いですし、女性からモテたいのであれば、絶対に避けなければなりません。キャラクターを知っているかどうかに関係なく、敬遠する人は多いですし、痛車に乗ってる痛い人という印象も与えてしまいます。

海外のカスタムカー事情

 スポーツカーホンダ

カスタムカーの人気があるのは、日本に限ったことではありません。カスタムカーは世界中の車好きに愛されていますし、国によってトレンドの特徴などは異なっています。カスタムカーの魅力をさらに深堀りするためにも、海外事情についても知っていきましょう。

アメリカでも日本車カスタムがアツい

日本車は海外でも人気が高く、アメリカでは日本車をベースにしたカスタムが流行しています。アメリカでは、日本のVIPカーをリスペクトしつつ、個性豊かに細部にまでこだわりを見せる車が目立ちます。ただ派手なだけではなく、機能美にこだわった車も数多くありますし、日本車の良さを最大限に活かしたカスタムカーが多いです。

ヨーロッパではスタンス・カスタムが流行

ヨーロッパではスタンス・カスタムが流行しており、これは日本で言うシャコタンです。特にイギリスではワイドホイールと扁平タイヤを装備したシャコタンが流行しており、いかに車高を低くできるか、競うようにカスタムされています。日本でもシャコタンは人気が高いですし、国内外さまざまな場所で見られるカスタムです。

アジアでドリフト車が人気爆発

アジアではD1グランプリなど、ドリフト大会の影響もあり、ドリフト車の人気が爆発しています。特に日本車をベースとしたカスタムが人気であり、日本車需要は非常に高いです。日本車はベース車の時点で走行性能が高いものも多いですし、ドリフト車へのカスタムは向いているでしょう。

カスタムカーの中古車売買

カスタムカーに乗りたいと考えたときに、一番の障害となるのが費用です。カスタムのためにはベース車を購入しなければなりませんし、そこから改造するとなれば部品代、作業工賃などさまざまなことにお金がかかります。 できるだけ費用を抑えるためには、中古車の購入がおすすめです。中古車であれば、費用もかなり抑えられますし、削減した分を追加でのカスタム資金に充てることもできます。またカスタムカーを手放す際にも、売却方法を考えなければなりません。 カスタムカーは中古でも購入できますので、当然中古車として売りに出すことはできます。しかし、どこに売るかが問題ですので、カスタムカーの中古車売買について理解を深めておきましょう。

信頼のおけるショップで購入する

中古でカスタムカーを購入する際には、信頼のおけるショップで買いましょう。カスタム項目によっては車に負荷がかかっているものも多いですし、場合によっては購入時点でかなり消耗していることもあります。質の悪いショップであれば、購入後はすべて自己責任として故障などに対処してくれないことも多く、そもそも質の悪い車を売りつけることも多いです。ショップの信頼性は非常に重要ですので、利用するショップはきちんと見極めましょう。

手放す際も専門店で売却する

カスタムカーは手放す際も、専門店で売却するのが基本です。ディーラーに下取りに出したり、買取業者の査定に出すと、安く買い叩かれる可能性が高いです。カスタムの部品によって評価は違いますが、中古車として再販するなら市販車のままの方が売りやすいですし、カスタムしていること自体がマイナス評価になります。 カスタムカー専門の業者であれば、改造していてもそのまま再販できますし、評価もしてもらいやすいです。お金をかけた愛車を安くで手放すのはもったいないですし、少しでも高値で買い取ってもらえる専門店を利用しましょう。

世界に一つだけの車に乗る優越感を味わう

カスタムカーの世界は非常に奥が深く、自分の理想をどこまでも追及できるのが大きな特徴です。市販車の時点で車は完成していますが、それをどのように改造するかによって車はさらに進化しますし、唯一無二の存在として生まれ変わります。 カスタムカーの魅力はさまざまありますが、一番のポイントは誰も乗っていない、世界でただひとつの車に乗れるということです。世界にひとつの車に乗っているという優越感がありますし、カスタムカーに挑戦して、車の魅力にどっぷりとつかりましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト