中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車にする車の重量税を還付してもらう方法|申請時の注意点など

更新日:

廃車時にはさまざまな税金の還付が受けられ、重量税もそのひとつです。重量税を還付してもらうには手続きが必要ですし、還付が受けられる条件も決まっています。廃車手続きさえおこなえば、重量税が必ずしも還付されるわけではありませんので、注意が必要です。重量税の還付について正しく理解し、損なく廃車を完了させましょう。

廃車時に税金の還付を受け取る方法。全体の流れと注意点を把握する

自動車にはさまざまな税金がかかりますが、実は条件によっては廃車時に税金が返ってくることもあります。払いすぎた税金は返してもらわなければもったいないですし、廃車時にきちんと返金の手続きをすることが大切で ...

続きを見る

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車の重量税還付手続きの流れ

自動車税は廃車すれば自動的に還付金の支払い通知書が届きますが、重量税に関しては廃車時に一緒に手続きをして、還付の申請をしておかなければなりません。重量税還付の際には、さまざまな手続きや書類が必要になります。全体の流れを理解して、スムーズに手続きを進めましょう。

申請に必要なものを準備する

重量税を還付してもらうためには、まずは申請に必要な書類を揃える必要があります。所有者の住民票、還付を受ける金融機関の口座番号がわかるものなどを準備し、廃車手続きを進めましょう。代理人が行う場合は、さらに代理人の印鑑と身分証明書、委任状などが必要です。

還付申請書を提出する

重量税の還付を受けるためには、廃車時に還付申請書を提出しなければなりません。還付申請書は永久抹消登録申請、または解体届出と一体となっているため、必要事項を記入して運輸支局の窓口へ提出します。重量税の還付が受けられるのは永久抹消登録や解体届出をした場合のみで、一時抹消登録の場合は還付が受けられないので注意が必要です。 重量税が還付されるのは車を解体した場合のみで、廃車すれば必ずしも還付されるわけではありません。もちろん、解体を伴う廃車であれば還付はされるので、普通車、軽自動車など車種に関係なく、還付金を受け取ることは可能です。

受け取り方法を決める

重量税は申請時に還付金の受け取り方法が選択できます。受け取り方法は、預貯金口座への振込か、郵便局や指定の金融機関に出向いて受け取るかの2つです。口座振り込みを希望する場合は、事前に申請が必要ですので忘れずに手続きをおこないましょう。

還付金は約2カ月で還付される

重量税の還付には時間がかかり、還付申請書を運輸支局に提出してから支払いまでは、2カ月半程度見ておかなければなりません。これは還付申請書の審査に時間がかかるためです。

廃車の重量税に関する注意点

car-yen-question

重量税の還付申請をおこなう際には、さまざまな注意点があります。間違った方法で手続きを進めてしまうと、場合によっては還付金が受け取れなくなる可能性もあるので、注意しなければなりません。損なく廃車を完了させるためにも、重量税の還付に関する注意点は、細かく理解しておきましょう。

後日の申請はできない

重量税の還付申請が可能なのは、廃車手続きの際のみです。廃車の手続きを済ませてから、後日還付申請だけをおこなうのは不可能ですので、廃車時に必ず申請しておかなければなりません。これは還付申請書が抹消登録申請書と一体になっているからです。 重量税の還付額がどれだけ大きいとしても、申請をしていなければ1円も受け取れなくなるので注意しましょう。

盗難や紛失の場合は申請できない

車が盗難にあったり、災害で紛失してしまった場合は、廃車の手続きをおこなっても重量税の還付申請はできません。重量税の還付が受けられる要件は、車を解体し、リサイクルすることです。リサイクルの有無が重量税の返還の要素になるため、たとえ永久抹消登録をおこなったとしても還付は受けられません。 盗難や災害で紛失した場合でも、廃車手続きそのものは可能ですが、重量税の還付がないことは理解しておきましょう。

有効期限が1カ月を切っている場合は支払われない

重量税は廃車時の車検の残存期間に応じて還付金額が決定します。車検の残り期間が長ければ、還付金額も大きくなりますが、最低条件として1カ月以上の残存期間が必要です。重量税の還付については、1カ月単位で計算されますので、残存期間が1カ月未満の場合には還付金は発生しません。 また月末に手続きをおこなう場合にも注意が必要で、月をまたいでしまうと、還付金額も1カ月分減額となります。自分でおこなう場合は申請日の時点で計算できますが、業者に依頼する場合は、手続きの完了が遅れてしまい、翌月に持ち越しになる可能性もあります。 月末に廃車依頼をした場合には、手続きの完了はいつ頃になりそうかを事前に確認して、トラブルが起きないようにしましょう。

所有権を移譲した場合も返金されない

買取業者などに廃車する車の所有権を移譲した場合、還付される重量税は業者のものになってしまいます。還付の対象者は廃車時で所有権を持っている人ですので、下取りや買取に出して廃車を依頼する場合には、注意しなければなりません。 還付金の受け取り対象は業者になりますが、これは依頼すれば返金してもらえる可能性もあります。廃車の見積もり時点で下取りや買取の金額だけではなく、還付金についても確認しておき、重量税などの返金が可能かは必ず聞いておきましょう。

忘れずに重量税の還付を受けよう

永久抹消登録をおこなえば、車検の残存期間に応じて重量税の還付が受けられます。申請をおこなわずに廃車手続きを完了してしまうと、どれだけ車検の有効期限が残っていても、還付は受けられないので注意が必要です。還付を受けずに廃車すると損をしますので、還付申請は必ずおこない、損をしないように廃車を完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト