中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車代行が無料でできる理由|業者委託の手続きの注意点

更新日:

廃車は業者に代行できますが、多くの場合は代行手数料がかかってしまいます。廃車の費用を抑えたいなら、自分で廃車手続きをおこなった方がよいと思われると思いますが、実は廃車買取業者に廃車の代行を依頼した場合、無料で廃車を代行してくれるだけでなく、買取もつくことがありです。なぜ無料で廃車代行が可能なのか、理由がわからないと不安ですよね。廃車代行が可能な理由を知っておくと安心して依頼ができますので、こちらの記事で、廃車買取業者が廃車代行を無料で出来る理由について知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車買取業者が廃車代行手続きを無料でできる理由

廃車買取業者が無料で廃車代行をおこなってくれるのには、さまざまな理由があります。無料で廃車代行ができるのは、結論から言えば廃車買取業者にも利益があるからです。廃車を引き取った際に、廃車買取業者にはどのようなメリットがあるのかを知り、無料で手続きが可能な理由を理解しましょう。

廃車の代行を依頼した際のトラブル|頻発の事例と回避方法

廃車にはさまざまな手続きが必要ですし、自分でおこなうとなれば面倒なことは多いです。廃車をスムーズにおこなうには、代行業者を利用するのがおすすめですが、業者を利用した際にはトラブルが起きてしまうこともあ ...

続きを見る

廃車買取する車をリサイクルできる

廃車代行を依頼したいと考える車は、まずボロボロな状態か自走できない車である場合が多いです。しかし、どんな状態であっても車には金属資源としての価値がありますので、リサイクルは可能です。車のサイズによっても異なりますが、解体すればかなりの鉄が取れますし、廃車買取業者には、取り出した鉄の再利用が出来る販路をもつ業者もあり、資源的価値と廃車の費用を相殺することで廃車代行が無料でおこなえるのです。

廃車のパーツを中古品として販売している

車はボロボロであってもすべてのパーツが故障しているとは限らず、分解すれば使えるパーツはたくさんあります。中古部品の売買をしている廃車買取業者であれば、廃車同然のボロボロの車でもパーツとしての価値を見いだせますし、その買取代金に含めることで廃車手続きの費用をとらず無料で代行が出来ています。車の状態次第ではかなりのパーツが再利用できますし、業者としても大きな儲けになる可能性が高いです。

海外への販売ルートを持っている

海外に販路を持つ廃車買取業者であれば、廃車として引き取った車を輸出して販売します。海外では日本車は高く売れますし、自走可能であれば国産の中古車の人気が高いため買い手がつくことも多いです。輸出して売却すれば、廃車買取業者にとっては廃車代行以上の利益が得られますので、サービスとして廃車代行を無料でおこなっています。

廃車の手続きにかかる費用が安いため

無料で廃車を代行する業者が多いのは、そもそも廃車手続きにはほとんど費用がかからないからです。廃車手続きで実費としてかかる費用は運輸支局での登録料の数百円ですし、行政書士など業者に依頼した時にかかる廃車費用の多くは、依頼した際の代行手数料や解体業者へ外注するための解体費用によるものです。廃車買取業者によっては自社工場で解体をしていることもありますし、廃車手続きだけであればほとんど負担になりません。特に、廃車手続きを運輸支局で行うなら台数が多く、廃車する機会が多い廃車買取業者にとっては負担も少ないのです。廃車にするしかないような状態の車でも価値はいろいろありますし、廃車手続きの手間や費用を比較すれば、無料で引き取ったとしても廃車買取業者にはかなりの利益が生まれています。

廃車買取業者に廃車代行を依頼する時の注意点

廃車手続きを無料でおこなってくれるなら嬉しい限りですが、廃車費用だけに気を取られていると失敗する可能性もあります。業者に廃車を委託した場合には、さまざまなトラブルが起きる可能性がありますし、注意点を正しく理解しておかなければなりません。 廃車代行無料だと思って飛びついてしまうと、場合によっては損をする可能性もあります。注意点を把握して、慎重に手続きを進めましょう。

廃車手続きの種類を確認する

廃車は永久抹消登録と一時抹消登録の2つに分けられ、どちらの方法で廃車にするのかは事前に確認しておかなければなりません。永久抹消登録の場合は、車を解体しますので2度と使用できなくなります。対して一時抹消登録の場合は、名義を一時的に抹消するだけですので車の解体は必要ありません。どちらで廃車手続きをするのか確認し、認識にずれがないようにしておきましょう。

還付金の返金方法を確認する

廃車するときに要件を満たしていれば税金の還付が受け取れますが、この返金方法についても確認しておかなければなりません。まず廃車に際して還付金は発生するのか、いくらあるのかを確認します。その上で還付金が買取価格に含まれているのか、手続きしたあとに別途返金となるのかを廃車を委託する相手の業者へ聞いておきましょう。 税金の還付については、廃車業者には説明義務がありません。そのため場合によっては、説明しないままうやむやにされることもありますし、廃車業者が還付金をすべて受け取ってしまうこともあります。受け取り漏れを防ぐためにも、返金額と方法については必ず確認してから依頼をするようにして、トラブルがおきないようにしましょう。

認可を受けている廃車業者を選ぶ

車の解体は認可を受けている廃車解体業者しかできないよう、法律で定められています。廃車に伴い解体が必要な場合は、都道府県知事から正式に認可されている廃車解体業者を選びましょう。認可を受けている業者であれば信頼できますし、安心して廃車手続きを任せられます。 自社で解体工場を持っていても、認可を受けていない場合もあります。廃車解体の認可の有無は業者の信頼度を測る重要なポイントですので、必ず確認して信頼できる廃車買取業者に廃車代行を依頼しましょう。

見積金額の相違がないか確認する

廃車の際には見積もりを出してもらい、金額を確認してから正式に代行依頼をおこないます。廃車費用が無料な場合でも、見積もりを出してもらい、本当に費用がかからないのかを確認することが大切です。また買取をしてもらう場合には、買取金額についての見積もりもしてもらい、総額だけではなく内訳も細かくチェックしておきましょう。

廃車の代行手続きは信頼できる廃車買取業者に依頼しよう

廃車代行の手続きを無料でおこなってくれる業者はたくさんありますが、廃車費用の安さだけにつられ、吟味しないまま利用するのは危険です。無料をうたっていても、実際には料金が必要だったという悪質な業者もありますし、検討しないままに車を手放すと、実は買取がついた車なのに無料で売却してしまったなどの損をすることも多いです。廃車同然でボロボロの車だったとしてもさまざまな価値がありますので、信頼できる廃車買取業者に引き渡して、お得に廃車をおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト