中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車時に印鑑証明はいる?いらない?ケースごとに解説

更新日:

廃車の手続きをおこなうにはさまざまな書類が必要であり、その中のひとつに印鑑証明書があります。印鑑証明書は実印を登録し、その信用性を証明する書類です。印鑑の信用度を保証するためのものですので、廃車に限らずさまざまなシーンで使用されています。 廃車時には印鑑証明書が必要ですが、ルールが細かく設定されているので注意が必要です。印鑑証明書の正しい取り扱い方法を理解して、上手に廃車をおこないましょう。

※カーネクストにお申し込みの場合にも、印鑑証明の提出は必要になります。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車時の印鑑証明に関して知っておくべきこと

廃車時には印鑑証明書が必要ですが、これにはさまざまな決まりがあります。印鑑証明書はただ用意すればいいわけではなく、状況に合わせて準備することが大切です。印鑑証明書に関しての基本的な知識を身に付け、上手に廃車の手続きを進めましょう。

軽自動車の廃車には印鑑証明は不要

廃車の手続きには印鑑証明書が必要ですが、これは普通自動車の場合のみです。軽自動車の場合は不要であり、印鑑も認印で手続きができます。普通自動車では実印が必要なので、印鑑証明書も用意しなければなりませんが、軽自動車の場合は例外的に不要であることは覚えておきましょう。

必要な印鑑証明の枚数を確認する

廃車登録の際には、名義変更をおこなうために印鑑証明書が1枚必要ですが、場合によっては2枚必要になることもあります。業者に還付金の受け取りをしてもらう際には、還付委任状を作成する必要があり、この作成のためにも印鑑証明書が必要です。 廃車の状況によっては2枚必要になりますので、業者に依頼する場合は事前に何枚必要か確認しておきましょう。

印鑑証明の有効期限は3ヵ月

廃車の手続きをスムーズに進めるためには、必要書類を早めから準備しておくことが大切です。しかし印鑑証明書は発行から3カ月以内のものと有効期限が決められていますので、早くから準備しすぎるのはNGです。業者に依頼する場合は、手続きをしてから廃車が完了するまで時間がかかるケースも多いですし、期限には十分余裕を持って発行してもらいましょう。

印鑑証明の扱いには十分に気をつける

印鑑証明書は実印の信用度を保証するための大切な書類ですし、取り扱いには十分に注意しなければなりません。面倒だからと一度に何通も発行するのではなく、必要なときに必要な部数だけ発行して必ず使い切ることが大切です。 また業者に余分に要求された場合は、なぜ必要なのか必ず理由を聞いておきましょう。悪用を防ぐためにも、重要書類を取り扱っているという意識を持つことが大切です。

印鑑証明がなくても車を廃車にする方法

廃車の際には印鑑証明書が必要ですが、例外的になしでも廃車する方法があります。特殊なケースの廃車の場合、通常と必要な書類なども違っていますので注意しましょう。

車の解体がされていれば自動的に廃車に

車を解体すれば、解体報告記録日の連絡があり、その後使用済自動車引取証明書が業者から送られてきます。解体報告記録日はメモし、使用済自動車引取証明書を持って、自動車税事務所で自動車税の停止手続きをおこないます。 自動車税の差し止めをして5年が経過すれば、陸運支局の職権によって名義が自動的に抹消されますので、印鑑証明書は必要ありません。廃車の要件は自動車税の支払いがストップし、更新されていないことですので、必ず差し止めはおこないましょう。

名義変更をすれば廃車にできる

所有者が死亡して印鑑証明書を取得できない場合は、車を相続してから廃車をおこないます。車は資産ですので、所有者が死亡すれば誰かが相続する必要があり、相続しない場合は国の持ち物になるので注意しましょう。 所有者死亡による名義変更を伴う廃車の場合は、遺産分割協議書と除籍謄本が必要です。これらの書類を使って名義変更をおこない、廃車手続きが進めれば印鑑証明書は不要です。

手続きに不安がある場合は業者に相談を

印鑑証明書を使わない廃車方法は複雑な手続きが必要になることも多いので、分からないことがあれば業者に相談してみるとよいでしょう。廃車の専門業者であれば廃車に関しての知識もありますし、イレギュラーなケースにも対応してくれます。特殊なケースの場合は通常通りの方法では手続きは進められませんし、プロの手に任せるのがおすすめです。

車検証と印鑑証明の住所や名字が違う時の対処法

印鑑証明書は、車検証の記載情報と一致していることが大切です。それぞれ住所と名字が同じものを用意しなければなりませんが、引っ越しや結婚などで記載が違っている場合もあります。記載された情報が違う場合は、別途手続きや書類が必要になるので注意しましょう。

転居をして住所変更をしていない場合は

転居をして車検証の住所変更をしていない場合は、転居が1回なら住民票、2回以上なら戸籍の附票が必要です。戸籍の附票に直前の住所がない場合は、住民票も合わせて必要になります。また結婚による住所の変更の場合は、戸籍謄本を用意しなければならないので注意しましょう。

結婚や離婚で名字が違う場合は

結婚や離婚で名字が違う場合は、名義変更をして廃車手続きをおこないます。手続きには印鑑証明書のほかに戸籍謄本、または戸籍抄本が必要です。それぞれ本籍の役場で発行しなければなりませんが、郵送による発行も可能ですので、遠方の場合はそれを利用しましょう。

印鑑証明書はコンビニで簡単取得

印鑑証明書は廃車の際に必要な書類であり、基本的には市町村の役場で発行します。発行が面倒に感じる人も多いですが、最近ではマイナンバーカードを使えばコンビニでも発行できますし、利用しやすい方法を選びましょう。 印鑑証明書は重要な書類ですので、発行すれば取り扱いには注意しなければなりません。廃車の際には有効期限を守って準備し、スムーズに手続きを完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト