中古車売却 中古車買取 コラム

車検

日産に車検依頼する前に知っておきたい事|ディーラー車検を上手に利用

更新日:

車検にはさまざまな方法があり、どの業者を利用するかによって費用は異なります。詳細な費用は、業者ごとに異なりますが、もっとも高いと言われているのはディーラー車検です。費用だけを考えるなら、別の業者に依頼した方がいいですが、ディーラー車検には他にはないメリットもたくさんあります。ディーラー車検の中でも日産の車検について知識を深め、利用する魅力を知っていきましょう。

「車検代行」とはどのようなものか。メリット・デメリットをご紹介

車検を受ける方法はさまざまあり、その中のひとつに車検代行があります。車検代行は、文字通り車検を代行してくれるサービスですが、業者に依頼する=車検代行ではないのかと考える人も多いです。ディーラーやカー用 ...

続きを見る

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検について知っておこう

車検はディーラーをはじめとして、さまざまな場所で受けられますが、そもそも車検とはどんなものなのかを理解しておくことが大切です。車検が受けられる場所はたくさんあり、それぞれに細かな違いはありますが、根本的な部分は共通しています。車検についての理解を深め、その必要性や実際の手順などを学びましょう。

車検とは何なのか

車検とは、国が決めた保安基準に車が適合しているかを調べるための検査です。車を安全に使用することは使用者の義務であり、安全性を高めるためにも定期的にメンテナンスをおこなわなければなりません。車検は新車購入時は3年、以降は2年毎に更新が必要です。車検が切れいている=安全性が確かめられていないと判断されるため、公道を走ることはできません。

車検の時期

車検の時期は車によって違っており、自動車の登録日、あるいは前回車検の更新日から有効期限が設定されます。車検は自分のタイミングで受けられますが、有効期限満了日の1カ月前に受けるのが基本です。車検を早くに受けてしまうと、残った分の有効期限は抹消されます。 そのため期限を無駄にしないためにも、車検が切れるぎりぎりを狙って受けることが大切です。また車検の満了日については、月単位ではなく日単位で設定されていますので、該当月ではなく該当日までに車検を受けて更新しておかなければなりません。

車検時に必要になるもの

車検は業者に車を持ち込めば、すぐに受けられるわけではなくさまざまな準備が必要です。車検は保安基準に適合しているかを見るものですので、車の点検、整備は欠かせませんが、それだけではなく車検時に提出する書類も準備しなければなりません。 必要書類としては、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、印鑑などが挙げられます。どれだけ念入りな整備ができていても、書類がなければ手続きは進められないので注意しましょう。

予約から支払いまでの車検の流れ

車検をおこなう際には、まずは事前点検の予約をおこない、車を点検して費用の見積もりを出してもらいます。業者ごとの基本の暫定料金と検査をしてからの正式な見積もりを取った上で、車検の申し込みをおこないます。 見積もりの段階で金額に納得がいかなければ、交渉、あるいは別の業者の利用を考えましょう。業者ごとに基本料金は違いますし、点検項目や整備内容も異なるため、納得のいく金額を提示した業者を利用することが大切です。 見積もりの金額に納得がいけば、検査の予約をおこない車を引き渡して検査、検査後納車となり車検は終了です。

日産で車検を受けるとしたら

ディーラー車検は高いとイメージする人も多く、実際に他の車検方法と比べても、費用はもっともかかります。しかし費用がかかるからといって必ずしも悪いわけではなく、ディーラー車検ならではのメリットも数多く存在しています。 ディーラー車検でもメーカーごとに特徴は違いますので、日産ならではの特徴を知って利用する魅力を知っていきましょう。

ディーラーのため信頼性が高く安心

ディーラー車検の場合は、自社メーカーの車に精通した、プロの整備士による点検が受けられます。点検、整備の腕は一級品ですし、仕上がりの安心感も抜群です。点検項目も充実していますので、整備の質を求めたいのであればディーラー車検の利用がおすすめです。

メーカー保証対象があるかも

ディーラー車検の場合、車によってはメーカーの保証対象となっている場合もあります。特に初回の車検や新車購入の場合は、保証に入っていれば不具合パーツの無料交換や無料整備などの特典がつく場合もあります。保証内容によって受けられる特典は違いますが、日産のメーカー保証は充実していますし、他の方法で車検を受けるよりもお得になる可能性が高いです。

部品交換があれば純正品

車検時には車の状態に応じて、部品交換などが必要になります。ディーラー車検の場合、部品交換に使用されるパーツはすべて純正品であり、部品代は割高です。自社メーカーのパーツですので、交換後に不具合が起きるリスクは少ないですが、費用としては高くつくことは覚えておきましょう。 ディーラー車検の費用が高くなってしまう理由はさまざまですが、純正品を使用したパーツ交換も理由のひとつです。

メンテプロパックを検討する

日産のディーラー車検では、メンテプロパックというものがあり、お得に車検を受けたいなら利用を検討してみましょう。これは6ヶ月ごとの定期点検とオイル交換がパックになったメンテナンスのプランであり、定額料金で利用できます。 加入の年数は自由に決められますし、途中解約も可能です。また他府県に引っ越した場合でも、引き続きプランを利用できますので、継続的なサポートが受けられます。アフターサービスの充実もディーラー車検のメリットですし、日産で車検を受けるなら、メンテプロパックはおすすめです。

他社メーカーの車なら日産でする必要なし

日産の車検は整備の質も高く、アフターサービスも充実していますが、利用がおすすめなのは自社メーカーのみです。他社メーカーの車なら日産で車検を受ける必要はありませんし、メリットは半減してしまいます。ディーラーは自社の車に精通しているのが特徴ですが、裏を返せば他社の車の経験は少ないということです。 ディーラー車検のメリットが最大限受けられるのは、自社メーカーの車の場合だけですので、購入したメーカーに合わせてディーラーを選択しましょう。

年式が古い車はセールストークが入るかも

年式が古い車を車検に出す場合には、部品の入手が難しいなどの理由で、新車の購入を勧められる可能性もあります。年式が古いほど部品交換箇所も多くなりますし、費用も高くつく可能性が高いです。高い費用を出して車検を受けるのはもったいないですし、車検の更新は買い替えの時期としてもぴったりのタイミングです。 実際に買い替えた方がお得になるケースもありますが、セールストークを鵜呑みにせず、本当にベストと思える選択をしましょう。

日産車なら精通している自社での車検をまず考えよう

日産車に乗っているのであれば、自社ディーラーでの車検がおすすめです。日産で車検を受ければ、整備の質は高いですし、より安心して車に乗り続けられます。またアフターサービスも充実していますし、車検後の心配もありません。 ディーラー車検は費用が高いですが、その分受けられるサポートは多いですし、日産車に乗っているなら、まずは日産での車検を検討してみましょう。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト