中古車売却 中古車買取 コラム

Nissan Serena

車検

セレナの車検に必要な費用|相場や安く抑えるポイントなど

更新日:

セレナはファミリーカーとしても人気が高いですが、ミニバンでサイズが大きいため、車検費用も高くなってしまう可能性があります。しかし、車検の方法はいろいろあり、工夫次第では安く抑えることも可能です。セレナの車検費用の相場を理解し、上手に受ける方法を知ってお得に車検を済ませましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

セレナの車検費用の内訳

セレナの車検費用の相場を知るためには、まずは費用全体の内訳を知っておくことが大切です。車検にかかる費用はさまざまであり、すべてを総合して最終的な出費が決まります。費用によっては絶対に必要なもの、工夫次第で抑えられるものがあるため、それぞれの特徴を理解することも大切です。 費用の内訳を知ることは、相場を理解することにも繋がるため、何にどれくらいのお金がかかるのかを把握しておきましょう。

車両重量にかかる重量税

車検時には重量税の支払いが必要であり、これは法定費用として定められているため、避けることはできません。重量税は車両重量によって異なり、重くなればなるほど、金額も高くなります。セレナの車両重量は1,500kgであり、重量税は32,800円発生します。 重量税は絶対に必要な費用ですが、エコカー減税対象期間であれば、免税により0円になることもあります。減税対象期間が外れれば、重量税は値上がりしますが、それでも同重量の他の車よりは安く済ませられます。

24カ月分の自賠責保険料

車検更新時には自賠責保険の更新も必要であり、これも法定費用のひとつなので必須です。セレナの自賠責保険料は、24カ月で25,830円です。基本的には24カ月の支払いで構いませんが、車検切れを放置し自賠責保険まで切れている場合などは25カ月契約となり、保険料も上乗せして払わなければなりません。 自賠責保険が切れていたとしても、運転さえしなければ問題はありませんが、車検更新の手続きが面倒ですし、保険料も高くなるため注意しましょう。

検査用の印紙代金

車検に必須の法定費用は、重量税、自賠責保険料のほかに、検査用の印紙代金が挙げられます。継続検査用に必要な印紙の代金は、車種に関係なく1,800円程かかります。これも絶対に必要な費用ですので、法定費用分を合計して、最低でもいくらかかるかは把握しておきましょう。

業者に支払う車検基本料

業者に依頼して車検をおこなう場合は、車検基本料という代行料金がかかります。車検基本料については、業者によって異なるため、正確な相場はありませんが、基本的には2~10万円程度と考えましょう。車検基本料は、車検を代行するための手数料であり、これが業者側の儲けとなります。業者を利用しなければ、車検基本料はかかりません。

部品の交換代

車検を通すためには、国が定めた保安基準をクリアしなければなりませんので、車の点検、整備が必要です。このとき必要に応じて消耗品などの部品を交換する必要があり、この交換代にもお金がかかります。交換代は部品の代金だけではなく、作業工賃もかかるので注意しましょう。 交換箇所が多ければ多いほど、必要な費用も高くなります。年式が古く走行距離が長い車であれば、各種部品も消耗していますし、交換代は高くつく可能性が高いので注意しましょう。日頃のメンテナンスが行き届いていれば、比較的安価で済ませられます。

セレナの車検を安く抑えるポイント

車検では法定費用に加えてさまざまな費用がかかり、場合によっては総額で10万円程度と、高くついてしまうこともあります。セレナはエコカー減税対象期間であれば、重量税は他の車より安くなりますが、それでも費用を総合すれば高額になることは多いです。 車検は初回検査で3年、以降2年毎に受けなければなりませんし、費用が高くつくのは避けたいと考える人は多いでしょう。車検には少なからず費用がかかりますが、これは工夫次第で抑えることができます。車検費用を抑えるポイントを知って、お得に車検を受けましょう。

特典のある車検を選ぶ

業者によって車検時に受けられるサービスは違い、キャンペーンを開催するなど、何らかの特典をつけたサービスを提供する業者もたくさんあります。早期予約割引やネット割など、業者ごとに特典の内容は違いますが、それらを利用することで、よりお得に車検が受けられます。 特典の有無で割引率は違いますし、積極的に利用しましょう。キャンペーンなどは期間限定のものも多いため、早めから情報をチェックし、お得なタイミングを見逃さないことが大切です。

事前にクーポンを購入しておく

業者によってはメンテナンスや部品などのクーポンを販売していることもあり、それらを事前に購入しておくのもおすすめです。クーポンの内容はさまざまですが、無料点検や部品代の割引、消耗品の無料交換など、お得な内容であることは確かです。 車検のメンテナンスがパックになっているクーポンを購入しておけば、通常時よりも費用を抑えることができ、よりお得に車検が受けられます。

部品を自分で調達する

車検時には部品交換が必要になることが多いため、交換が必要な部品は、あらかじめ自分で調達しておくのもおすすめです。どこに整備を依頼するかによっても異なりますが、ディーラーで依頼した場合などは、部品交換もすべて純正品が基本となり、部品代だけでも高額です。 ネットなどで中古の部品を安く購入しておけば、部品代はかなりお得になりますし、工賃だけの負担で済みます。中古部品を使用する場合は、安全性を確かめることが大切ですが、上手に選べれば安くて質のよい部品を手に入れることは可能です。

基本料金を比較する

業者に車検を依頼する場合は、基本料金を複数の業者で比較し、検討しましょう。基本料金は業者ごとに大きく違い、これをどれだけ抑えられるかが車検全体の費用にも影響します。基本的には、ディーラーなど手厚いサポートが受けられる業者は、基本料金も高い傾向にあります。 料金が安いほど、サービス内容は少なくなるので注意が必要ですが、自分が納得できる範囲で選びましょう。サービス内容と料金を天秤にかけ、もっともバランスの取れた業者を選ぶことが大切です。

費用を抑えてお得に車検を受けよう

車検には少なからずお金がかかりますが、工夫次第で安く抑えることは可能です。車検は絶対に必要はものですし、安く済ませられるならそれに越したことはありません。セレナはサイズが大きいため、車検費用も高くなりがちですが、これも工夫次第です。車検方法をしっかり考え、少しでもお得に車検を受けましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト