中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車のパーツ販売方法のまとめ。購入時のポイントや注意点など

更新日:

廃車された車は単に廃棄されるわけではなく、分解してリサイクルされます。リサイクルといっても方法はさまざまで、素材としてリサイクルすることもあれば、使えるパーツはそのまま他の車に使いまわすこともあります。 廃車にした車でも、状態のよいものであればそのまま再販され、中古品として販売されていますが、問題はこれを使っても大丈夫なのかということです。廃車から取った中古のパーツであれば、安く購入できますが、新品よりは安全性や信用性などは劣ってしまいます。廃車のパーツは使えるのかを知って、お得にパーツを購入しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車と中古パーツの販売ルート

廃車された車は分解され、中古パーツとして販売されますが、そのルートはさまざまです。また、廃車から取った中古パーツを使用することには、さまざまなメリットがありますので、それらを知って、中古パーツへの理解を深めましょう。

廃車の理由と中古パーツ

廃車の理由は車によってさまざまですが、基本的には不要になったからであることが多いです。車が不要だからといって、完全に故障しているとは限らず、分解すれば使えるパーツが残っていることは多いです。廃車で処分された車は解体業者で解体され、使えるパーツは取り外して販売されます。 仮に事故車であっても、破損した部分以外は使えることもありますので、どんな車でも一部のパーツなら使える可能性は高いと言えるでしょう。

中古パーツを購入する理由

車のパーツは中古だけとは限らず、当然新品もあります。同じパーツを購入するなら、新品のほうが信用できると考える人もいるでしょうが、中古パーツならではの購入理由やメリットもあります。なぜ中古パーツを選んで購入するのか、その理由を知っておきましょう。

経済的にメリットがある

中古パーツを購入する理由としては、価格が安く、経済的にメリットがあることが挙げられます。中古パーツは新品よりも安く、特に廃車から取り外したパーツは非常に安価で取引されています。販売している業者やパーツの品質などによっても異なりますが、新品純正品の1/3~1/6で購入できることが多いです。

廃車のリサイクルに貢献できる

中古パーツを使うということは、廃車のリサイクルに貢献するということでもあります。車は資源的な価値が高いですが、せっかくリサイクルしても、使う人が誰もいなければ意味はありません。廃車から取り外された中古パーツが売れれば、それだけ需要が生まれ、リサイクルの意識も高まります。廃車のリサイクルに貢献できることで、環境への悪影響も減り、環境保全にも繋がります。

中古パーツのタイプ

中古パーツにはさまざまな種類がありますので、よりお得にパーツを入手するためには、それらを把握しておくことも大切です。種類ごとにさまざまな特徴がありますので、違いを知って、パーツへの理解を深めましょう。

廃車から取った純正中古パーツ

廃車といっても理由はさまざまであり、中にはメーカーの純正品で、かつ状態のよいものが残っていることもあります。状態のよいものは、取り外すだけでそのまま再販できますので、純正中古パーツは、中古品の中でも特に品質が良いと言えるでしょう。

廃車から取ったリビルトパーツ

廃車からパーツを取る場合、必ずしもすべてがそのまま再販できるとは限りません。完全に故障はしていないものの、若干の修理が必要なものもあり、それらはメンテンスをしてからリビルトパーツとして販売されます。 リビルトパーツはもともとの状態が悪いため、品質に問題があることも多いですが、最低限のメンテナンスはされており、価格も安価に設定されているのが特徴です。

他社メーカーによる社外新品

中古パーツに近い価格で販売されているものとしては、社外新品が挙げられます。これは、他社メーカーが純正部品を海外で格安で製造するというものであり、新品でありながら安価で購入できるのが特徴です。中古パーツほど安いとは限りませんが、品質のよいものが安く手に入れやすいため、コスパはよいと言えるでしょう。

中古パーツの販売の形式

中古パーツは販売ルートだけではなく、販売の形式にも種類があります。同じ中古パーツの販売であっても、形式が違えば特徴も異なるので、それぞれの違いを把握しておくことが大切です。形式ごとの特徴を理解して、どちらのほうがよりお得にパーツを購入できるか考えてみましょう。

廃車解体業者による中古パーツ販売

中古パーツは、廃車解体業者によって販売されていることが多く、これがもっとも一般的な形式と言えます。解体業者が解体し、取り外したパーツを選定し、状態のよいものはそのまま再販されます。故障しているものなどは、修理や洗浄などをしてリビルト品として販売されることも多いです。 純正品の中古からリビルト品まで販売されていますので、購入の選択肢は広いと言えるでしょう。業者ごとに取り扱うパーツのラインナップは異なりますが、業者同士でパーツの保管情報を共有しているため、相談すれば欲しいパーツを見つけてくれる場合もあります。

もぎ取り車による中古パーツ販売

中古パーツの販売形式には、もぎ取り車による中古パーツ販売というものがあります。これにはさまざまなメリットがありますが、同時に注意点もありますので、どんな形式なのかきちんと把握しておくことが大切です。

もぎ取り車によるパーツ販売とは何か

もぎ取り車によるパーツ販売とは、廃車から必要な部品を見つけ、購入する形式です。パーツを見つけるところから取り外しまで、自分でおこなわなければなりませんので、部品を手に入れるためには、工具を持参して車を分解しなければなりません。 もぎ取り車の場合は、部品の状態などによって価格差がつけられないことが多いため、上手に選べば高品質の部品を格安で手に入れられます。

もぎ取り車による中古パーツ販売の注意点

もぎ取り車による中古パーツ販売は、上手に利用すればお得ですが、車ごとの廃車理由には注意しなければなりません。廃車理由によっては、欲しいパーツが故障してしまっている可能性もあるため、理由から状態をある程度予測して、品質のよいものを探すことが大切です。 また、一見関係ない理由で廃車にしている場合でも、欲しいパーツにまで悪影響を及ぼしている可能性もあるため、品質は完全に保証されているわけではありません。もぎ取り車の場合は、いわばジャンク品を購入とも言えるため、購入後の返品や交換などもできないので注意しましょう。

廃車のパーツを活用して愛車を再生

廃車にする理由はさまざまですが、すべての部品が故障しているケースは少なく、大抵の場合、パーツごとにみればまだまだ使えます。そのため、廃車から取ったパーツでも十分に使えることは多く、場合によっては高品質のパーツもあります。 また、購入価格も安いため、欲しいパーツなら、中古パーツ販売を利用するのがおすすめです。廃車からリサイクルされたパーツを上手に使って、愛車のメンテナンスやパワーアップに役立てましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト