中古車売却 中古車買取 コラム

購入

外車を中古で購入しよう|選び方のポイントや維持費など

更新日:

外車=高級車とイメージする人は多く、いつか憧れの外車を乗り回したいと考える人も多いでしょう。すべてのモデルが高級車に該当するわけではありませんが、実際に国内で販売されているものは高級車モデルが多く、販売価格も国産のものと比べれば非常に高いです。 外車を新車で買うのは非常にコストがかかるため、少しでも安く購入したいのであれば、中古に目を向けることが大切です。外車でも中古であればお得に買えることが多く、場合によってはかなり割安で入手できることもあります。中古の外車について正しい知識を身に付けて、憧れの車をお得にゲットしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

知っておきたい中古の外車の基礎知識

外車を少しでも安く購入したいのであれば、中古を狙うのがおすすめですが、本当に良いものを見極めるためには、まずは基本的な知識を身に付けなければなりません。ひとくちに中古車といっても、国産車と外車ではさまざまな違いがありますし、外車ならではの特徴を把握しておくことが大切です。中古の外車の基礎知識を身に付けて、購入に役立てましょう。

中古の外車の魅力

中古の外車の魅力はさまざまありますが、もっとも大きいのは販売価格です。新車の外車は非常に高額で、簡単には手が出せませんが、中古であれば手の届きやすい値段に設定されていることが多いです。もちろん、中古といってもビンテージとしてプレミアがついているものは別ですが、通常の中古品であれば、国産車と同程度、あるいはそれ以下になっていることもあります。

2種類の販売ルート

中古の外車には2種類の販売ルートがあり、正規ディーラーと専業店販売に分けられます。正規ディーラーによる販売の場合は、認定中古車という区分で販売されていますが、専業販売店の場合は、中古輸入車と呼ばれます。 同じ中古の外車であっても、販売元によって取り扱いの区分が違っていますので、混同しないように注意しましょう。

中古の外車の相場

中古の外車は、モデルや車の状態によって価格の相場は大きく異なります。相場を知るには、気になっている外車の車種や年式、グレード、走行距離などと同じ条件の車を探し、その車の中古車価格を参考にするのがおすすめです。 外車の場合は相場がさまざまですので、一律にいくらくらいと言うのは難しいですが、ある程度の目安なら同じ条件の中古車の価格から推測できます。

中古の外車の走行距離

中古の外車の走行距離は、日本車とは考え方が違っており、より短い距離でメンテナンスが必要です。日本車であれば、1年で1万キロが目安とされており、5万キロ、10万キロなどの節目でメンテナンスをおこなうことが多いです。 車の状態によっても異なりますが、外車はそれよりも短い距離でのメンテナンスが必要な場合が多く、維持費や整備の手間がかかりやすいことは理解しておきましょう。単に憧れの車に乗りたいだけではなく、日頃から車をいじるのが好きで、メンテナンスも苦にならない人に、中古の外車はおすすめと言えます。

中古の外車の寿命

中古車は10万キロ、15万キロなどが寿命の目安とされていますが、中古の外車の場合は必ずしもこれに該当するとは限りません。外車は使い方やメンテナンス次第で寿命が大きく違ってきますので、丁寧に使っていれば、国産車より長持ちすることもあります。 また、中古車の場合は、自分がどのように手入れをするかだけではなく、前オーナーの使用・メンテナンス状況にも左右されます。場合によっては購入時点でかなり消耗しているということもありますし、どの車を買うかはしっかり見極めなければなりません。

中古の外車が安い理由

基本的に中古車は安くで購入できますが、外車の場合は特に新車と中古車で価格に大きな開きがあります。安くで買えるのでお得ではありますが、値段が下がるのには理由があることを理解しておかなければなりません。なぜ中古の外車は値段が下がりやすいのか、安くなる理由を把握しておきましょう。

中古車市場で人気がないため

中古の外車が安くなるのは、中古車市場では人気がないからです。中古車市場では人気のある車ほど高く、不人気な車ほど値段が安く設定されています。新車の外車は人気が高いですが、中古になれば一気に需要が減ってしまうため、売り手も何とか在庫をさばこうとして、販売価格を大幅に引き下げます。

壊れやすいというイメージ

外車が中古車市場で人気が出ないのは、故障しやすいなど、マイナスのイメージが強いからです。外車だからといって故障しやすいわけではありませんが、国産車よりもこまめなメンテナンスが必要なのは確かであり、整備の手間などからも人気がありません。 壊れやすく、長く使うには手間がかかるというマイナスイメージから、国産車のマーケットと比べれば、中古の外車は需要が低いと言えます。

査定額が低いため

中古の外車は国内では需要が少なく、売れない車種であるため、当然査定に出しても高値は付きづらいです。外車は維持費がかかりますので、いざ購入しても維持費の高さから早期に手放してしまう人は多いです。業者としても転売するには安くで売らなければなりませんし、そのためには、買取価格自体を引き下げざるを得ません。 査定額が低く、販売価格も低いと取り扱いの金額自体が引き下げられていきますので、中古になった途端に一気に値下がりするものも多いです。

中古の外車を選ぶ際のポイント

中古の外車は比較的安くで売られていますので、購入もしやすいですが、価格だけにつられて買ってしまうのは危険です。中古車といっても車によって状態はさまざまですし、外車は前オーナーの使用状況なども大きく影響するため、どれにするかは特に慎重に選ばなければなりません。 選び方を間違えれば、せっかく安くで購入できても、結果的に損をする可能性もあるので注意しましょう。本当に良い車を購入するには、選び方のポイントを正しく把握しておくことが大切です。

認定中古車が安心

外車の中古車は、認定中古車と中古輸入車の2種類に分けられますが、より安心なのは認定中古車です。認定中古車であれば、ディーラーが部品交換や整備などをしっかりおこなってから販売しているため、質が高い車が多いです。 中古輸入車でも、中には状態の良い車もありますが、ばらつきが多いため、見極めるのは非常に難しく、場合によっては状態の悪いものを掴まされる可能性もあります。外車の中古車は特に状態の良が肝心ですので、認定中古車を選んだほうが、長く使える可能性も高いです。

ワンオーナーの車を選ぶ

中古車はさまざまなオーナーを転々としているものもありますが、おすすめなのは、まだ一人しか使用していないワンオーナーの車です。ワンオーナーであれば、使用状況やメンテナンスの履歴が分かりやすく、状態が見極めやすいです。 また、使用年数が短ければさらに状態が良い可能性は高く、品質の良いものを選ぶなら、ワンオーナーの車を探しましょう。

おすすめは左ハンドル

外車と言えば左ハンドルですが、日本での使い勝手などを考えて、右ハンドル仕様になっているものも多いです。右ハンドルであれば使いやすいのは確かですが、左ハンドル仕様を無理矢理に変えているものも多く、機能性や操作性が悪い可能性もあるので注意しましょう。 左ハンドルそのままであれば、少なくともハンドルによる設計変更の影響が及ぼす運転席周りの不具合はありませんし、より状態が安定しているものが多いです。何より左ハンドルは外車の醍醐味でもありますし、憧れを実現させるなら、左ハンドルの車を選んだほうが良いでしょう。

アフターサービスがしっかりした店を選ぶ

外車は国産車以上にメンテナンスが必要であり、中古の場合は特にこまめに手入れをしなければなりません。そのため、アフターサービスがしっかりした店で購入するのがおすすめであり、メンテナンスの相談やサポートをしてくれると、より安心です。 外車は国産車とは作りが違うため、アフターサービスが付けられないという店も多いので注意しなければなりません。特にメンテナンスが必要な中古の外車だからこそ、アフターサービスがしっかり受けられるかはとても重要なポイントです。

車の仕様をよく理解しておく

車は製造された国によって少しずつ仕様が違うため、国産車とどのような違いがあるかを理解しておくことが大切です。仕様が違えば使い勝手に差が出るだけではなく、故障の条件なども異なります。車の使い方はもちろん、保管場所や環境、その他さまざまな影響を考えて、車の仕様に合った使用、管理の方法を考えましょう。

中古の外車の維持費

車を購入する際には、購入価格だけではなく、購入後の維持費についても考えておかなければなりません。特に国産車と外車では維持費も大きく違っており、特に中古の場合は維持費がかかりやすいので注意が必要です。 車を使うなら費用は絶対に考えておかなければならないポイントですので、維持費がどの程度かかるのか、事前に把握しておきましょう。

外車の維持費は高い

大前提として理解しておきたいのが、国産車と比べれば外車の維持費は高いということであり、これは新車でも中古でも同じです。車検の費用や保険料などは、国産車の倍以上かかるケースもあり、特に修理代は技術料もプラスで請求されるため、かなりの費用がかかります。 外車は国産車とは仕様が違っていますし、修理するためには、専門知識や特殊なスキルが必要になることが多いです。外車の修理ができる修理工を呼ぶだけでも費用がかかりますし、維持費は全般的に高くなると考えましょう。

保険代は車種や色によってさまざま

車に乗る上では保険の加入は欠かせませんが、これも基本的には国産車より高くなります。ただし、車種によってさまざまです。高級車に分類される車であれば、保険代も高くなる傾向にあり、場合によっては色によっても値上がりする可能性もあります。 スポーツカー仕様で人気のカラーなど、過去の事故歴の多い車の場合は、危険度が高いとして保険料が値上がりするというケースもあるので注意しましょう。どんな場合にしても、国産車より高くなることがほとんどです。

高級外車は整備回数が多い

国産車の場合、高級車であればメンテナンスがそれほど必要ないイメージがありますが、外車の場合は違います。高級外車の場合は、通常の車よりも整備回数が多くなる傾向にあり、整備にも費用がかかりやすいです。高級な外車は作りも精密であり、ちょっとしたことが原因で不具合を起こしてしまうこともあります。 中古であれば、さらに整備回数が多く必要になる可能性は高く、メンテナンスにもお金がかかることは覚悟しておきましょう。

部品代が高い

外車の修理は専門的な知識やスキルを必要とするため高額ですが、これは部品代が高いことも影響しています。外車を修理するとなれば、部品の在庫がないことがほとんどですので、海外から輸入しなければなりません。 部品そのものは安くても、輸入のコストがかかるため、結果的に部品代は高額になってしまいます。本来であれば安くで済むはずの簡単な修理であっても、部品代が高くつくばかりに費用も高額になってしまうことは多いです。

外車を売却するときのコツ

外車は中古車市場では人気が低いため、査定額も安くつけられがちです。手放す際には、少しでも高く売りたいと考えるのは自然なことですが、外車は国内マーケットの構造上、高値で売却するのは難しいです。しかし、必ずしも価値がつかないというわけではなく、売り方を工夫すれば、高値で売却できることもあります。 外車は査定額が安くなりやすいからこそ、売却時にはさまざまな工夫が必要です。売却時のポイントを知って、少しでもお得に買い取ってもらいましょう。

外車専門買取店に依頼する

買取業者はさまざまあり、少しでも高値で売りたいなら、外車専門買取店に依頼することが大切です。専門店であれば、中古の外車の販売、流通のルートを数多く持っていることが多く、他の業者よりも転売がしやすいため、高値が付きやすいです。 また、外車を専門にした知識の豊富な査定士が常駐している場合もあり、より正確に価値を判断してもらえます。買取店が違うだけでも、金額は大きく違ってきますので、必ず外車を専門にした業者を利用して売却しましょう。

買取相場をあらかじめ調べておく

妥当な金額で売却するためには、事前に自分の車の買取相場を調べておくことが大切です。外車は安くでしか売れないと認識している人が多いため、業者によっては不当な価格で買い叩こうとすることもあります。業者の言い値で引き渡すのはもったいないですし、正当な評価を受けるためにも、相場はある程度把握しておかなければなりません。買取相場を知っていれば、どの業者に売れば良いか判断しやすく、交渉の材料としても使えます。

高級オプションをつけて希少価値を高める

高くで買い取ってもらいたいたら、高級オプションをつけて希少価値を高めるという方法もおすすめです。買取では車の価値だけではなく、オプションの価値も総合して金額を決定するため、高級なオプションがたくさんついていれば、査定額がアップする可能性があります。 もちろん、どのオプションが評価されるかは業者によって異なるため、純正品があれば、それも一緒に査定に出すことが大切です。また、オプションを付けすぎることで、転売がしづらいと判断され、査定額を下げられる危険性もあるので注意しましょう。 オプションの評価は業者ごとに違いますので、複数の業者へ査定に出して、もっとも高値を付けた業者に売ることが大切です。

憧れの外車を中古で手に入れよう

高級な外車に憧れを持つ人は多いですが、価格の高さがどうしてもネックになってしまいます。販売価格のハードルを大きく引き下げるのが中古の外車であり、中古であれば、人気のモデルでも格安で購入できることが多いです。 中古の外車はメンテナンスが大変で、維持費もかかりやすいですが、大事に使えば長持ちします。また、購入時に上手に選べば、メンテナンスの手間もそれほどかかりません。中古で購入する場合は、いかに状態の良いものを見抜けるかが肝心です。上手な選び方のポイントを把握して、憧れの外車を中古でお得に手に入れましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2022 中古車買取カーネクスト