中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

故障車の処分方法|方法別の特徴や業者の選び方をご紹介

更新日:

車が故障すれば、何らかの方法で処分を考えますが、処分方法は実にたくさんあります。どの方法で処分するかによって、かかる費用やメリットも異なるため、それぞれの違いを正しく理解して、故障車を上手に処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

故障車を処分する方法

故障車を処分する方法はさまざまであり、どの方法を利用するかがお得に処分するポイントです。同じ車を処分する場合でも、方法が異なればさまざまな点に違いが出ますし、得をすることもあれば損をすることもあります。 車の状態によっても、どの処分方法が適切かは異なるため、方法ごとの特徴を知ってもっとも適切なものを選びましょう。

故障車の処理業者に買取を依頼する

車の処理業者にはさまざまな種類があり、中には故障車や廃車に特化した業者もあります。専門の処理業者であれば、故障車であっても買取が可能で、場合によっては高値を付けてもらえる可能性もあります。専門業者の場合は故障車を分解してリサイクルできるため、車としてだけではなくパーツとしての買取が可能です。 故障車であっても、パーツ単位で見れば使えるものが残っている場合も多く、少しでも高値で買い取ってもらいたいならおすすめの処分方法ですね。

車の販売店に下取りに出す

故障車でもディーラーなどで下取りに出すことは可能です。下取りの場合、新車購入の手続きを並行しておこなえますので、車の処分から買い替えまでがスムーズに進められます。契約手続きがスムーズというメリットはありますが、下取りの場合は査定額が買取より下がることが多く、特に故障車の場合はかなりの減額対象となります。 場合によっては全く値がつかなかったり、引き取りに費用がかかったりすることもあるので注意しましょう。故障車といっても、比較的軽度な故障、かつ買い替えを予定している人にはおすすめです。

スクラップ業者に依頼する

下取りや買取に出しても全くの値がつかないという場合は、スクラップ業者に依頼して処分してもらいましょう。故障車のスクラップ費用は2万円ほどかかりますが、車の状態に関係なく引き取ってもらえます。またスクラップにする場合でも、車の解体業者に引き取りを依頼すれば、鉄くずの代金として買い取ってもらうことが可能です。 この場合は解体費用を相殺し、かつ数万円程度の利益が出ますので、スクラップ処分するなら車の解体業者を利用しましょう。

ネットオークションに出品する

車は業者に依頼せず個人との間で売買することも可能で、ネットオークションに出品して処分する方法もあります。出品料無料のサイトであれば、費用はかかりませんし、買い手さえつけば故障車であっても売却が可能です。 ただし買い手がつくとは限りませんし、希望した値段で落札されるとも限りません。また、売却が決定した後も手数料が引かれるため、それも加味した値段設定が必要です。オークション出品ではやらなければならないことが多いですが、その分買い手さえつけば高額で買い取ってもらうことができます。

故障車の処分を依頼する業者の選び方

故障車の処分方法はさまざまあり、方法ごとにメリットは違いますが、さらにどの業者を選ぶかも重要です。同じ処分方法でも、業者ごとにサービス内容は違うため、よりメリットの大きい業者を利用することが、お得な処分に繋がります。 業者はたくさんありますが、見極めるためのポイントもありますので、それを把握して信頼できる業者に愛車の処分を依頼しましょう。

廃車にするための費用が必要ない

故障車を処分するとなれば、同時に廃車もおこないますが、この費用がかからない業者を選ぶことが大切です。自走できない場合はレッカーを利用しますが、業者によってはレッカー代を無料にしてくれることもあります。 また廃車手続きも無料で代行してもらえることもありますので、各種サービスが無料で廃車がスムーズにおこなえる業者を選びましょう。

還付金を計算して返還してくれる

故障車であっても、廃車方法に応じて還付金は受け取れますので、これをきちんと返還してくれる業者を選ぶことが大切です。自動車税や重量税の還付については業者には説明責任がないため、金額を明らかにしないまま業者の取り分としてしまう場合もあります。 廃車にかかる費用や買取の金額に加えて、還付金がいくら上乗せされるのかを説明してくれる業者を選ぶことが大切です。還付金について細かく説明してくれない場合は、金額を誤魔化される可能性もあるので注意しましょう。

自社のリサイクル工場を持っている

解体による処分を考えている場合は、自社でリサイクル工場を持っている業者に買取を依頼するのがおすすめです。通常業者が買い取りリサイクル業者に引き渡しとなるため、中間マージンがかかりますが、自社でリサイクル工場を持っていればこれがなくなります。 手数料がないことで、削減できる費用分が買取金額に還元されることも多く、より高値で引き取ってもらいやすくなります。リサイクル工場を持っている場合は、国から認可を受けているかを確認し、信頼性をチェックしておきましょう。

査定士の対応がいい

故障車を買取処分する場合は、査定士が車の状態を確認して金額を決定します。このとき査定の内訳について細かく説明してくれる、あるいは質問にもきちんと答えてくれることが大切です。査定士の対応は業者の信頼度とも言えますので、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。 査定士の対応を見極めるためにも、複数の業者に査定に出し、それぞれの対応を比較してみることも大切です。

故障車はお得に処分しよう

車の処分にはお金がかかると考える人も多いでしょうが、それも方法次第で変わります。たとえ故障車でも、方法によっては利益が出ることもありますので、正しい知識を身に付け、お得に愛車を処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト