中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

古い車に必要な車両保険とは。加入時のポイントや注意点

更新日:

車をより安全に使用するためには、任意の車両保険への加入がおすすめです。車には強制加入の自賠責保険もありますが、任意の車両保険を併用することで、さらに補償の範囲は広くなります。加入すべき車両保険は車によって違いますので、古い車ならではのポイントなどを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

古い車に車両保険が必要な理由

自賠責保険は、加入が義務付けられていますので、絶対に加入しなければなりませんが、車両保険はそうではありません。車両保険はあくまで任意であるため、絶対に加入しなければならないわけではなく、実際に加入していない人も多いです。 しかし、古い車に乗るのであれば、特に車両保険に加入しておいたほうがよいケースも多々あります。なぜ古い車には車両保険が必要なのか、その理由を知っておきましょう。

車両保険金額を修理代として備えられる

車両保険に加入するメリットとしては。修理代の備えになることが挙げられます。保険に加入していれば、事故などで車が損傷した際に補償金を受け取ることができ、これを修理代に充てられます。もちろん、全額負担してもらえるとは限りませんが、限度額に応じていくらかの補償はあるため、自己負担を抑えられるのは確かです。補償金額の限度を高く設定できるうちは、車両保険に加入しておいたほうが安心と言えるでしょう。

次の車の買い替え費用にできる

車両保険は車の修理代金に対して補償が支払われますが、これは必ずしも修理に充てる必要はありません。修理代金として補償されたお金を使って、次の車の買い換え費用に充てることもでき、自己負担を減らして新しい車が購入できます。 もちろん、支払われる金額は限度額までですし、あくまで修理した場合にかかる費用をもとに補償金も決定します。そのため、買い換え費用が全額補償されるとは限りませんが、いくらかは足しにできますので、全損事故などの際にも、負担を抑えて買い替えが可能です。

自分の過失分に対応できる

車両保険は単に車の修理費を捻出するためのものではなく、自分の過失分を支払うためのものでもあります。交通事故などで相手がいる場合は、事故当時の状況に応じて、過失割合が決定し、それぞれで賠償金などを決定します。 自分が加害者となった場合は、相手の車の修理費や、怪我をしている場合は通院費、入院費などを支払わなければなりません。しかし、車両保険に加入していれば、これを保険会社に一部負担してもらえます。もちろん、限度はありますし、適用範囲も場合によって異なるので注意が必要ですが、事故のリスクを減らすためには、加入しておいて損にはならないでしょう。

古い車に車両保険をつける時のポイント

古い車でも車両保険に加入しておいたほうがお得になる、ということは多いですが、実際に加入する場合は、プランなどを細かくチェックしておかなければなりません。ひとくちに車両保険といっても、種類はさまざまであり、どんな内容で加入するかによって、補償の範囲や得られるメリットなども異なります。 せっかく加入していても、プラン次第では補償額が少なくなってしまうこともありますので、古い車ならではのポイントを理解して加入しましょう。

車両超過時の修理費用特約をつける

車両保険には特約というものがあり、これを付けることで補償の範囲や金額などを広げることができます。特におすすめなのが、車両超過時の修理費用特約であり、これは車そのものの時価額を超える修理代が発生した場合にも、そのまま補償を受けられるものです。 もちろん、車自体の価値を超えて補償されるといっても、最高金額は決められていますが、補償額が大きくなるのは確かです。古い車だと時価額は低くなりやすいため、特約を付けて補償金額を引き上げておきましょう。

全損時の修理費用特約をつける

古い車におすすめの特約としては、全損時の修理費用特約も挙げられます。これは、車が全損した際に、車両金額の5~10%分の修理代を補償してもらえるものです。古い車だと、新車に比べればさまざまな部分が劣化しており、ちょっとした事故でも大きく損傷してしまう可能性は高いです。 古くなるほどに全損のリスクも高くなるため、少しでもリスクを下げるためにも、全損時に関する特約には加入しておきましょう。

古い車に車両保険をつける時の注意

車両保険にはさまざまな種類がありますし、上手に選べばよりお得な条件で加入できます。しかし、古い車の場合は車両保険に加入する際の注意点があり、それが守れていないと損をする可能性もあります。車両保険はもしものための備えになるものですが、条件次第では機能しないこともあるので注意が必要です。特に古い車の場合は、気をつけるべき点がたくさんありますので、注意点を正しく把握しておきましょう。

保険料が高くなる場合がある

古い車は故障のリスクが高く、修理費も高くなることが多いため、保険料が高くなることも多いです。保険会社からすれば、補償額が大きいほどリスクは大きいですし、少しでも保険料を上げておかなければ損失を出す可能性が高くなります。 基本的には保険を使用するほど等級が下がり、保険料も値上がりしますが、古い車は最初から低い等級でのスタートになることも多いので注意しましょう。

車両保険に入れない場合もある

古い車は故障のリスクが高いため、場合によっては保険の加入自体を断られることもあります。あまりにもボロボロの状態であったり、経過年数が大きかったりした場合は特に注意しなければなりません。保険会社によって対応は異なりますので、複数社検討することが大切ですが、それでも断られる可能性があることは理解しておきましょう。

車の時価額が低い可能性が高い

車両保険の補償金額は、車の時価額をもとに計算します。そのため、時価額の低い古い車では、補償金がほとんど出ず、修理費なども大部分が自己負担になることが多いので注意が必要です。特に10年落ち以上の車は、時価額がほとんどないと判断されますので、特約を付けるなど、補償金が少しでも多くもらえるよう工夫しなければなりません。

保険の担当者に相談してみよう

古い車で車両保険に加入すべきかどうかは、状況によって異なります。必ずしも加入しなければならないわけではなく、場合によっては損をする可能性もあるので注意が必要です。上手に車両保険を使うためにも、車の状態をしっかり見極め、保険の担当者と相談しながら、加入すべきかを考えてみましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト