中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

4月や5月に廃車手続きをする場合の自動車税について

更新日:

廃車の際には、自動車税を含めたさまざまな還付が受けられますので、何が返ってくるのかを正しく把握しておくことが大切です。還付金額は時期によって異なりますが、自動車税を支払ったばかりの4月や5月に廃車する場合は、特に注意しなければなりません。4月5月での税金の還付について理解を深め、廃車手続きをスムーズに行いましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車で戻ってくる還付金の種類

廃車の際に戻ってくる還付金は大きく3つに分けられます。すべての場合で還付されるとは限らず、それぞれ還付の条件があるので注意が必要です。また、廃車する時期やタイミングによっても、いくら返ってくるかは異なります。

残りの期間分の自動車税

自動車税は廃車の方法に関係なく還付され、金額は廃車時期から年度末までの残りの期間によって変動します。廃車した翌月から3月までの期間に応じて月割り計算された金額が還付されるため、年度の早い時期に廃車すればするほど、還付金額も大きくなります。 しかし、還付金が多いといっても、1年分まとめて支払っているものが返ってくるに過ぎませんので、得をしているわけではありません。還付はあくまで損をしないためのものです。得をするものではないことは理解しておきましょう。
また、中古車買取業者に車を買取に出す場合、自動車税の還付金を受け取れるかどうかは依頼する業者によって異なります。買取金額に還付分を含んでいる場合もあれば、業者が自分たちの利益にしてしまう場合もあります。査定の時点で、自動車税の還付金がどうなるのかは確認しておいた方がいいでしょう。

カーネクストは還付金も安心して受け取れる

カーネクストにお車の買取をお任せいただいた場合、自動車税の還付に必要な手続きまで全て代行させていただき、都道府県税事務所から自動車税の還付金を受け取っていただけるようになります。県税事務所からの還付になるため還付金のごまかしなどもなく、安心してご利用いただくことができます。お気軽にカーネクストまでお問い合わせください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

自動車重量税は永久抹消登録の場合のみ

廃車時には自動車重量税の還付も受けられますが、これは永久抹消登録をおこなった場合のみです。解体を伴わない一時抹消登録の場合は、重量税は還付されないので注意しましょう。また、還付を受けるには、車検の有効期間が1カ月以上残っていなければなりません。 重量税の還付金額は、車検の残存期間に応じて決定します。最低でも1カ月以上車検が残っている必要があることは覚えておきましょう。

自賠責保険料の払い戻し

廃車時には、自賠責保険料の払い戻しを受けることもでき、これは有効期間が残っている場合に限られます。自賠責保険も月割りで還付されますが、廃車した時点ではなく、保険の解約をした時点での金額が還付されるので注意しましょう。 自賠責保険の払い戻しを受けるためには、廃車後に自身で保険会社に連絡して、解約の手続きをしなければなりません。廃車をしただけで勝手に解約されるわけではなく、保険の解約手続きが遅れると、還付金も少なくなるので注意が必要です。廃車手続きをしてすぐに保険の解約も行うようにしましょう。

4月5月に廃車する場合の自動車税はどうなる?

自動車税は廃車の方法に関係なく、廃車の翌月から年度末までの期間に応じて、還付金を受け取ることができます。廃車した時点から年度末までの期間が長い場合はそれだけ還付の金額も大きくなりますが、問題は4月や5月など、自動車税の支払いが済んでいない場合です。 自動車税は毎年4月1日時点で車の名義を持っている人に課せられますが、実際に支払いの通知書が届くのは、5月頃です。課税の対象にはなっているものの、自動車税の支払い自体は済んでいないということも多く、支払いまでに廃車することもあります。 4月や5月など、自動車税の支払いと廃車にする時期が重なる場合、自動車税はどのような扱いになるのか知っておきましょう。

自動車税を払う必要はある?

自動車税の支払い通知書が届く前に廃車をする場合ですが、この場合でも、一旦自動車税は支払わなければなりません。廃車にしたとしても、課税の対象にはなっているため納税の義務は発生しており、これを納めなければ税金の滞納となってしまいます。 支払いが遅れてしまうと延滞税が課せられてしまい、余計に税金を多く支払わなければならないので注意しましょう。自動車税が課税されるかどうかは4月1日時点での名義の有無が関係しているため、4月1日時点で廃車手続きが済んでいなければ、自動車税は支払わなければなりません。

自動車税は廃車手続き後に還付される

4月や5月など、年度の最初に廃車した場合でも自動車税の納付は必要ですが、これは廃車手続き後、月割り計算で還付されます。一度支払ったものを還付してもらうので手間がかかりますが、支払った全額分は損するするわけではないので、心配はしなくてよいでしょう。 ただし、還付は受けられるものの面倒ではありますので、手続きを簡略化するためにも、基本的には3月までに廃車手続きを完了させておいたほうが楽です。

還付手続きの方法

廃車に伴う税金や保険料の還付を受けるためには、申請が必要です。それぞれ申請の方法や必要書類などは異なりますので、手続きの詳細を把握して、スムーズに還付金を受け取りましょう。

※カーネクストにお申し込みの際は、還付金の手続きも全て無料で代行いたします。ご不明な点はお気軽にご相談ください。
カーネクストでの査定額をWEBで確認

自動車税の還付を受ける手順

自動車税の還付には特別な手続きは必要なく、廃車手続きを完了させれば、自動的に還付申請は済ませたことになります。廃車方法に関係なく還付されますので、手続きさえきちんと完了させれば還付は受けられます。ただし、自動車税が還付されるのは普通車の場合のみで、軽自動車の場合は還付はありませんので注意しましょう。

自動車重量税の還付手続きと必要書類

自動車重量税は、永久抹消登録の手続きと一緒におこなわなければなりません。永久抹消登録の申請書で、重量税の還付申請もおこないますので、このタイミングを逃してしまうと、還付金は受け取れなくなるため注意が必要です。 重量税の還付には、振込先の口座情報が必要で、代理人が申請する場合は、代理人の印鑑も準備しなければなりません。

自責賠償保険の還付手続きと必要書類

自責賠償保険の還付手続きは、保険会社の窓口でおこないます。申請には一時抹消登録証明書、または登録事項等証明書のコピーと自動車損害賠償責任保険証明書の原本、所有者の認印、振込先口座などが必要です。自賠責保険の解約には時間がかかることも多いため、廃車したら素早く保険会社に連絡して、解約申請をおこなうことが大切です。

還付金についてしっかり理解しよう

廃車の際に還付される税金や保険料はさまざまであり、これらはきちんと受け取ることが大切です。還付金を受け取らないと、大幅に損をする可能性もあるため、還付金について理解を深めて、損のないよう廃車手続きをおこないましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト