中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

中古車のリサイクル料の仕組み。決まりや注意点などをご紹介

更新日:

車を使用するにはさまざまな費用がかかり、費用のひとつとしてリサイクル料が挙げられます。リサイクル料金はすべての車に必要なものですが、中古車を購入する場合は、車によって取り決めが異なります。正しい知識を身に付けて、リサイクル料への理解を深めましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

中古車のリサイクル料の決まり

車を囲む手

リサイクル料は中古車を購入する際にも関係することが多いので、どのような取り決めがなされているのかを知っておくことが大切です。そもそもリサイクル料とは何かなど、基本的な理解を深めておくことで、よりスムーズに中古車を購入できます。トラブルなく中古車を購入するためにも、リサイクル料について正しい知識を持っておきましょう。

車の廃棄時に所有者が負担する

リサイクル料とは、車を処分する際にかかる解体費用などを、所有者が一部負担するというものです。車は処分するといっても廃棄するわけではなく、使える部分はリサイクルに回されます。リサイクルには費用がかかるため、これを所有者が一部負担し、環境へ配慮するというのがリサイクル料のそもそもの目的です。 リサイクル料は、車の最後の所有者が廃棄時に費用を負担するものであり、これは自動車リサイクル法という法律により定められています。

支払うタイミングは購入時

リサイクル料の負担は廃棄時ですが、実際の支払いに関しては購入時であることが多いです。これは新車でも中古車でも同じであり、車を購入したタイミングでリサイクル料も一緒に支払います。リサイクル料を支払えばリサイクル券が発行され、これが支払いを済ませた証明となります。 また基本的には購入時に支払いますが、支払いを後回しにすることも可能です。この場合でも車検時や廃棄時には支払いが必要であり、車を使用するのであれば、絶対に必要であることは理解しておきましょう。

車によってリサイクル料が異なる

新車、中古車に関係なく、リサイクル料は必要ですが、これは車によって料金が異なります。自分の車のリサイクル料がいくらなのかは事前に調べておきましょう。

ほぼすべての車が対象になる

リサイクル料は普通乗用車だけに定められているわけではなく、そのほかほぼすべての車が対象となっています。トラックやバスなどはもちろん、特殊自動車や二輪車などもリサイクル料の納付が必要です。車やバイクは金属資源であり、リサイクルできる部分はたくさんあります。 そのまま廃棄すればかなりの資源が無駄になってしまいますので、車両のほとんどはリサイクル法の対象車になっていると考えましょう。

中古車のリサイクル料金に関する注意

リサイクル料金は車に乗るためには必須の費用といえますが、中古車を購入する場合にはさらに注意深くチェックしておかなければなりません。リサイクル料は新車だけが対象となっているわけではなく、中古車も対象に含まれています。 しかし車の状態によってはすでにリサイクル料が支払われており、別途納付の必要がない場合もあります。中古車の場合は注意点がたくさんありますので、中古車ならではのリサイクル料の注意点を正しく把握しておきましょう。

リサイクル券の紛失に気をつける

リサイクル料を納付すれば、リサイクル券が発行されますが、これは紛失しないよう大切に保管しておかなければなりません。リサイクル券はリサイクル料を支払った証明書であり売却時や廃車時に必要です。もし紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムからリサイクル料の預託状況を確認し、その画面を印刷しなければなりません。 預託状況の画面で代用はできますが、印刷などの手間がかかりますので、基本的にはなくさないように保管しておきましょう。

輸出した場合の請求期限は2年間

車を売却する場合は、国内だけではなく海外に売るという選択肢もあります。海外に輸出した場合は、2年以内に申請すればリサイクル料の還付が受けられます。これは自動的に還付されるわけではなく、自身で申請が必要ですので、必ず手続きをしておきましょう。また期限が過ぎれば当然請求はできなくなりますので、輸出すれば早めに申請しておくことが大切です。

売却時には返してもらう

リサイクル料は、車を廃棄するときにかかるリサイクル費用を一部負担するものです。そのため売却の場合は廃棄ではありませんので、リサイクル料を返還してもらえます。廃棄していないのにリサイクル料を支払ったままだと、払い損になるので注意しましょう。 車を売却する際には、買取金額の中にはにリサイクル料の返還額が含まれているかをチェックしておかなければなりません。申し出なければ返還してもらえない場合もありますので、必ず確認しておきましょう。

二重請求に気をつける

中古車を購入する際には、車両の本体価格の中にリサイクル料が含まれているか、確認しておかなければなりません。中古車は売却時にリサイクル料が返還されているため、次の購入者が負担しなければなりません。しかし業者ごとに車両価格に含めているか、別途請求するかは違っているため、きちんと内訳を確認し二重請求には気を付けましょう。 場合によっては払いすぎているということもあるため、代金の内訳は細かくチェックしておかなければなりません。

制度を理解して正しく納めよう

リサイクル料については法律で定められているものですので、必ず納めなければなりません。中古車の場合は特にややこしくなることが多いため、基本的な知識を正しく身に付けて、払いすぎ、払い漏れがないようにしましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト