中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

古い車を買い替えて維持費を下げよう。コストアップの理由など

更新日:

車は購入すればそれで終わりではなく、その後使い続けるための維持費がかかります。維持費としては、メンテナンスの費用や税金、保険料などさまざまなものが考えられますが、これらは常に金額が固定されているわけではありません。 維持費は車が古くなるごとに高くなる傾向にありますので、維持費が高くなり始めたタイミングで買い替えを検討することも大切です。なぜ古い車は維持費が高くなるのか、理由や維持費を抑えるポイントを把握しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

古い車の維持費で高くなるもの

車は古くなればなるほど維持費が高くなりますが、実際に何にお金がかかるのか把握できていない人は多いでしょう。ひとくちに維持費といってもさまざまであり、古くなるごとに費用がかさむものもたくさんあります。全体的な維持費が上がるのは仕方のないことですが、内訳として何が高額になっているのか知っておきましょう。

古い車 (年式が13年以上前の車) は税金が上がる

古い車の維持費が高くなるのは、かかる税金が増加してしまうからです。一般的に古い車と定義されるのは新車登録をしてから13年以上経過した車であり、年式13年を超えた時点から税金が上乗せされます。追加で課される税金は大きく2種類に分けられます。

自動車税が15%増加

年式が13年以上になり、古い車として認定されると、自動車税が15%増加されます。平成27年4月までは10%の割り増しでしたが、4月以降は15%になっています。現在は15%で落ち着いていますが、場合によってはさらなる増税の可能性もあるので注意が必要です。

重量課税は4割近く上がる

車には自動車重量税というものがあり、これも古い車になれば税金額が上がります。重量税は二段階で追加課税があり、13年の次が18年です。18年を超えるとさらに税金は高くなりますので、それまでに手放さなければ、維持費はより高額になってしまうでしょう。

古い車の税金が上がる理由

古い車の税金が上がるのは、基本的には環境への配慮を考えるためです。古い車は各種性能が劣化しており、燃費なども悪いため、より多くの排気ガスを排出し、ガソリンも多く使います。現行モデルの車は環境へ配慮したものも多く、悪影響も少ないため、環境に優しい現行モデルへの買い替えを促すためにも、税金を上げてペナルティを与えています。

古い車は車検が高くなる

車の維持費の中でも特にお金がかかるのが車検の費用です。車検では法定費用や整備などの費用が必要であり、業者に依頼する場合は代行手数料なども必要です。やり方次第で費用が抑えられることもありますが、基本的には数万円から10万円以上かかりますし、かなりの出費となります。車検はただでさえお金がかかりますが、古い車になればさらに負担は増えるので注意しなければなりません。

13年超え、18年超えで重量税が上がる

車検では絶対に必要な費用があり、これは法定費用と呼ばれています。法定費用とは、車検にかかる税金や保険料であり、重量税、自賠責保険料、印紙代の3つで構成されています。自賠責保険料や印紙代は古い車でも同じですが、重量税は経過年数に応じた重課が生じます。18年超えともなれば、さらに課税額は大きくなりますし、結果的に車検全体の費用は上がってしまいます。

年数で交換が必要な部品が増える

車検は単に検査に出せば通るわけではなく、国が定めた保安基準に適合するように、整備をしておかなければなりません。新しい車であれば、ほとんど整備の必要なく車検を通りますが、古い車となれば、メンテナンスをしなければならない部分は増えます。整備や修理、部品交換など、すべきことが多くなるため、作業工賃や部品交換代も増加します。

古い車は燃費が悪い

車はどれだけ丁寧に扱っていても少しずつ劣化するものであり、特に燃費はエンジンの劣化とともに少しずつ悪くなります。燃費が悪ければ給油の回数も増えますし、ガソリン代だけでもかなりの出費となってしまいます。

維持費を抑える方法

車は古くなればなるほど税金は高くなりますし、維持費も高くなってしまいます。維持費を抑えるためには、車を買い替えることが大切ですが、買い替えさえすればどんな車でもよいわけではありません。たとえ新車であっても維持費が高いものはありますし、少しでも維持費を抑えたいのであれば、どの車に買い替えるのかを吟味することが大切です。 選び方ひとつで必要な維持費は大きく違ってきますので、車の本体価格だけではなく、購入後のコストも考えて、お得な車を選びましょう。

車種と大きさを考える

車を買い替える際には、車種や大きさを考えることが大切です。自動車税や重量税は、車の排気量や車両重量によって金額が変わり、排気量が大きく、重量が重いほど負担は大きくなります。コンパクトカーであれば、税金は安く済みますし、特に軽自動車であれば普通自動車よりもさらに維持費がかかりません。 車の使用状況によってどれくらいのサイズが必要かは異なりますが、オーバースペックにならないよう、適切なサイズ感の車を選びましょう。

燃費の良い車でガソリン代を抑える

車の維持費として頻繁に必要なのは、ガソリン代です。そのため、燃費のよい車に乗っていれば給油回数も減りますので、維持費は格段に安くなります。現行モデルの車は燃費がよいものが多いですが、その中でもハイブリッド車などを選ぶと、特にガソリン代を抑えられます。 また、エコカーモデルであれば、減税対象になる可能性もありますし、燃費を抑えつつ、税金なども安くなるのでおすすめです。

買い替えで維持費を抑えた方が得になる

車を買い替えるとなれば、かなりの出費になると考え、躊躇してしまう人は多いでしょう。しかし、古い車に乗り続けるほうが、実は維持費などが高く、損をしてしまうことも多いです。思い切って買い替えたほうがお得になることも多いので、税金が増額されるタイミングで、買い替えを検討するのがよいでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト