中古車売却 中古車買取 コラム

購入

高年式低走行な中古車を購入するメリット。選ぶ際の注意点など

更新日:

中古車は車によって状態が違い、経過年数が少ない高年式でかつ走行距離も短い低走行の車もあります。高年式低走行であれば、中古車でも状態が良いといえますが、新車とそれほど状態が変わらないなら、思い切って新車を買いたいと考える人もいるでしょう。中古車は購入のメリットを把握して、正しく判断することが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

高年式低走行な中古車の魅力

高年式低走行の車は中古車市場では珍しい存在であり、さまざまな価値のある魅力的な車といえます。中古車を購入する場合でも、できるだけ質の良いものをお買い得に買いたいと考える人は多いですし、魅力あふれる高年式低走行車は特におすすめです。 中古車を購入する際には本当にお買い得か、メリットがあるかを判断することが大切です。高年式低走行車の魅力を知り、購入するメリットを把握しましょう。

コンディションが良い

高年式低走行車は、経過年数が少ないため経年による劣化の心配がなく、走行距離による足回りの劣化もありません。中古車でありながらコンディションが良いのが大きな特徴であり、新車と比べても質としては遜色ない場合が多いでしょう。 中古車=質が悪いと考え敬遠する人も多いですが、高年式低走行車であればほとんど問題はありません。前オーナーの使い方にもよりますが、よほど無茶な使い方をしていない限り、大きく劣化していることは少ないです。

見た目がきれい

高年式低走行車は、ほとんど使用されていませんので、見た目がきれいな状態のものが多いです。長距離運転されていないため、外装はもちろん内装の汚れや傷も少なく、場合によっては全くないこともあります。また高年式ですので、デザインも新しく魅力的なデザイン性を誇る車も多いです。 車は走行性能はもちろん、ビジュアル面も重要なポイントですし、劣化のほとんど見られない高年式低走行車はおすすめ度が高いといえるでしょう。

現行モデルが少し安く買える

車種によって頻度は違いますが、車は数年に一度モデルチェンジがおこなわれます。高年式車の場合は、中古であっても現行モデルである可能性が高く、最新モデルを中古車価格で購入できますのでお得感があります。 現行モデルを新車で購入するとなれば、かなりの費用がかかりますし、なかなか手が出ないことも多いです。しかし中古であれば少し安くで買えるため、手が届きやすくてかつ状態も良いため、ほとんど新車同然で購入できるでしょう。

性能が高い

高年式車は性能が高いものも多く、中古であっても最新技術が搭載されていることも少なくありません。車としての性能が高いため、燃費が良く維持費もかかりませんし、事故や故障などのリスクも低いです。購入価格が安いだけではなく、購入後の維持費も安く済むためコスパは高いといえるでしょう。 モデルによって搭載されている技術は違いますが、最近販売された車なら安全装備搭載モデルが多いため、中古車でもより安全に使いたい人にもおすすめです。

高年式で低走行な車を選ぶときの注意点

高年式で低走行の車は、中古車でありながらコンディションが良く、購入するメリットがたくさんあります。しかし魅力がたくさんある反面、デメリットになってしまう部分もあるため注意しなければなりません。魅力だけに目を奪われ購入してしまうと、あとから後悔する可能性もあります。 魅力的な車だからこそ、購入には十分な注意が必要です。高年式低走行車だからこその注意点を知って、後悔のない車選びを心がけましょう。

価格が高い場合は新車を購入する

高年式低走行車は、状態が良いのが大きな特徴ですが、その分他の中古車に比べれば、価格は割高に設定されています。場合によっては新車価格とそれほど変わらないこともありますので、値段に大きな開きがなければ、新車を購入したほうがよいでしょう。 新車で購入した場合は、メーカー保証が付きますのでより安心して使えます。中古車でも保証が付けられる場合もありますが、メーカー保証に対して内容が劣る可能性も高いため、少しの差なら新車を買ったほうがお得でしょう。

試乗車は避ける

高年式低走行車は価格が高いことが多いですが、試乗車であればさらに割引され、購入しやすくなっていることもあります。しかし試乗車の場合、さまざまな人が乗っていますので走行距離は長くなってしまい、劣化が進んでいる可能性が高いです。 加えて試乗車の場合は、短距離走行がほとんどであり、これもエンジンなどに負担がかかる原因です。現在試乗車として出されているものはもちろん、過去に試乗車だったものも同様に劣化している可能性があるため、避けたほうが無難でしょう。

購入はなるべく早く決める

高年式低走行車は、中古車としてはレアであり、市場価値は高いです。そのため、悩んでいる間に他の人に取られてしまうことも多いため、購入はなるべく早く決めなければなりません。もちろん焦って買って後悔することもあるため、きちんと吟味して選ぶことが大切ですが、悩みすぎてチャンスを逃さないようにだけ注意が必要です。 悩むということは、引っかかる点があるともいえますし、本当に即断即決できる場合のみ買うなど、自分の中で購入の基準を作っておきましょう。

不具合がないか入念にチェックする

状態が良いといっても、中古車であることは確かですので、購入前には不具合がないか入念にチェックしておかなければなりません。事故歴や修復歴はもちろん、冠水歴なども確認しておき、本当に状態が良いのか細かく確認しておきましょう。 特に冠水歴については申告の義務がありませんので、自分から聞かなければ答えてくれないことが多いです。整備の履歴などを見るだけではなく、実際に試乗して使用感に問題がないか確かめることも大切です。

判断力を身に付けて良い車を見極めよう

中古車を購入する場合は、いかに上手に見極められるかが購入のポイントになります。高年式低走行車は優れた車も多いですが、必ずしもお得とはいえませんので、自分に本当に必要なものをしっかり見極め、納得できる車を購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト