中古車売却 中古車買取 コラム

購入

低年式過走行の中古車に注意。購入時のポイントや注意点

更新日:

同じ中古車でも価格帯は幅広く、新車とほとんど変わらない値段のものもあれば、新車価格の半額以下になっているものもあります。安い中古車は、低年式過走行であることが多く、これには注意が必要です。安いからといって飛びつくと、結果的に損をする可能性もあるため、注意点を知って損なく中古車を購入しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

過走行車の定義

過走行車とは標準的な走行距離よりも多く走っているものを指し、軽自動車なら8,000km、普通自動車なら1万kmが年間の目安です。普通自動車で考えれば、年式×1万kmを超える走行距離の場合、過走行車と定義されます。仮に総走行距離が多いとしても、年式×1万kmの基準を上回らなければ、過走行車にはなりません。

低年式車と高年式車

年式とは車が登録されてから何年経過したかを表すものであり、高年式は新しく、低年式は古い車を指します。一概になん年から低年式という決まりはありませんが、5年と10年がひとつの区切りになっているでしょう。 登録から5年経過すれば低年式として扱われ、価値は大きく下がり、10年経過すればほとんど価値はなくなります。

中古の過走行車がおすすめな理由

色んな車

中古車の価格は年式と走行距離、市場の需要によって決定します。価値を決める上では、性能面は重視されており、年式よりも走行距離を重要視する傾向にあります。走行距離が標準よりも長い過走行車は、劣化が進んでいるとして価値が下がりますが、実は購入するメリットはあり、お得に買えることも多いです。

過走行車はお買い得

過走行車はとにかく価格が安いものが多く、購入費用を抑えたい人には特におすすめです。走行距離は5万kmと10万kmが大きな目安とされていますが、値下げ自体は1万kmごとにおこなわれます。ほとんど同じ状態にある車でも、走行距離が1万km違うだけで、数十万円程度差がつくことも多く、より安価で購入しやすいです。

過走行車はエンジンの調子がよい

過走行車はエンジンをよく使っている証拠でもあり、オイルの循環がスムーズで調子のよいものも多いです。エンジンは使わなさすぎるとオイルが循環せず、汚れが溜まって劣化します。過走行車でもあまりにも距離が長すぎる場合は、エンジン自体が消耗している可能性もありますが、ある程度の距離であれば問題はなく、むしろ状態がよい可能性も高いです。

中古の低年式過走行車を選ぶ際のポイント

低年式の車は価格が安くなっていることも多いため、過走行の特徴をあわせ持つ車なら、さらにお得に購入できます。低年式過走行の車は、一般的に避けられることも多いですが、購入するメリットは意外にも大きいです。 さらにお買い得な車を見つけるためにも、購入時のポイントを知り、少しでも状態のよいものを見極めましょう。

ワンオーナーの車を選ぶ

中古車の状態は、以前のオーナーの使用状況によって決定するため、できるだけワンオーナーの車を選ぶことが大切です。ワンオーナーの車なら、整備の記録をさかのぼりやすく、状態を明確に把握しやすいです。また、複数オーナーがいると、どこかで手入れをサボっている可能性があり、状態が悪くなっていることもあるため、ワンオーナーの車のほうが安心度は高いでしょう。

年式が高い車を狙う

ひとくちに低年式といっても、経年数の幅は広いため、できるだけ年式が高いものを選ぶことが大切です。年式が高ければ経年による劣化が少ないため、状態もよいものが多いです。ただし、高年式になると値段が高くなるため、購入価格のバランスを取るなら、5年落ちあたりの車を選ぶのがおすすめでしょう。

低年式の過走行車には注意が必要な理由

低年式で過走行な車の購入にはメリットがある反面、価格だけを見て買ってしまうと、後から後悔する可能性も高いので注意が必要です。低年式で過走行だと、車の状態は悪いものが多く、選び方を間違えればすぐに故障することもあります。安く購入しても、すぐに使えなくなれば意味がなく、損をするので注意しましょう。

部品の経年劣化

車の部品は経年により劣化し、ゴム類や金属部品は、10年程度が寿命のものが多いです。低年式の車は各種部品が劣化しており、故障のリスクは高いでしょう。また、購入価格が安くても、部品交換で費用がかかり、結果的にコストが高くつくことも多いです。 購入時には消耗品の状態も確認し、きちんと部品交換されているものを選ぶことが大切です。また、消耗品に限らず、走行性能に関わる重要な部品が劣化していることもあるので注意しなければなりません。場合によっては経年劣化によって性能が低下しており、事故のリスクが高くなることもあります。状態の悪さは承知の上で、納得してから購入してください。

傷やヘコみがそのままにされている事が多い

車は走っているだけでも小さな傷がついたり、汚れが蓄積したりします。過走行車になるほど傷や汚れは多く、そのまま放置されているものも少なくありません。傷だらけの状態で売りに出されているものも多いため、購入後の修理費を考えれば、結果的に高くつくこともあります。 見た目さえ気にしなければ、小さな傷やヘコみは直さなくても構いませんが、長期間傷を放置していると、傷の内部でサビが発生し、腐食が進む可能性もあります。腐食によって内部パーツが故障することもあるため、過走行の場合でも潜在的な故障のリスクは高いといえます。

安心できる中古車選び

中古車は安く買えるに越したことはありませんが、車の状態にも気を配ることが大切です。いかに安く購入しても、故障のリスクが高く、購入後にメンテナンスの費用がかかると、結果的に損をすることも多いです。価格だけを見て決めるのではなく、車の状態もしっかり見極めて、安心できる中古車選びを心がけてください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト