中古車売却 中古車買取 コラム

事故

事故時のレッカー手配、どこに依頼すべき?注意点もご紹介

更新日:

事故などを起こした場合には、車の状態によってはレッカーを手配しなければならないこともあります。しかしどの程度の破損であればレッカーを呼ぶべきか、また、どのようにして手配すればよいのか分からない人もいるでしょう。事故時には焦ってしまうことも多いので、事前にレッカーの手配方法を頭に入れておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

レッカー移動が必要なケース

事故車でレッカーを手配する際には、まずはどんなケースで必要なのかを知っておくことが大切です。事故を起こしたらレッカーの手配することは多いのですが、必ずしも必要なわけではありません。事故の規模や損傷の程度によってはレッカーを呼んだほうが損をする可能性もあるので注意が必要です。レッカーは絶対に必要なわけではありませんので、適切なタイミングで手配しましょう。

自走不能になった場合

事故によって車が大破するなど、自走できなくなった場合はレッカーを手配しなければなりません。自走できない場合はその場から動かすことはできませんし、レッカーを呼ばなければ、いつまでもその場所に放置することになり周囲に迷惑がかかります。 自宅近くなどであれば押して動かすことも可能ですが、長距離になってしまう場合は、レッカーを手配したほうがよいでしょう。自走できない場合はレッカーは絶対に必要ですので、少しでもエンジンの稼働が不安定に感じれば、レッカーを手配したほうが無難です。

自走可能でも保安上の問題がある場合

事故に起こしたとして、自走可能であればそのまま乗って帰っても構いません。しかし自走できていても保安上問題を抱えている場合は、レッカーを手配して移動させてもらったほうがよいでしょう。事故によっては見た目はほとんど故障していないものの、内部に重大な欠陥を抱えているということもあります。 特にエンジン回りの損傷などには注意が必要で、場合によっては走行を続ければエンジンがオーバーヒートしたり、車が炎上したりしてしまう可能性もあります。事故では目に見えない部分が損傷する可能性もありますので、不具合を感じれば、無理せずレッカーを手配して移動させてもらうことが大切です。

事故車のレッカーはどこに依頼する?

事故車の状態によってはレッカーを手配しなければなりませんが、問題はどこに依頼するのかということです。レッカーを手配する方法はひとつではありませんので、その場に応じた方法で手配することが大切です。どこに依頼するかは人によって違いますし、手配できる依頼先も違ってきますので、自分はどの方法が可能かを確認しておきましょう。

任意保険のロードサービス

任意保険のロードサービスに加入している場合は、それを利用してレッカーを手配しましょう。保険に加入している場合は、ロードサービスは無料で手配してもらえますし、プランによっては近くの整備工場まで運んでくれることもあります。 任意保険に加入している場合でも、ロードサービスのプランに加入していなければ、無料サービスは受けられないので注意が必要です。

JAFのロードサービス

JAFのロードサービス会員に加入している場合は、レッカーの手配をしてもらえます。JAFによるレッカー移動は、15キロまで無料ですので、基本的には無料で利用できるでしょう。もちろん15キロを超える場合は、料金を支払わなければなりませんが、事故車を長距離移動させることはほとんどないでしょう。会員になっていれば、基本的には無料で使えると考えましょう。

警察が紹介するレッカー会社に依頼する場合も

ロードサービスの特約が付帯している保険などに加入していれば、それを利用してレッカーを手配しますが、加入していなければ、別途レッカーを呼ぶ必要があり料金がかかります。そのためレッカー代を渋ってしまう人もいるかもしれません。 しかしそのままの状態にしておくわけにはいきませんので、警察が紹介するレッカー会社に依頼しなければならないこともあります。緊急退避が必要な状態の場合は、警察経由でレッカー会社を利用しなければならないこともあることは理解しておきましょう。

警察が手配したレッカー会社を利用する場合

保険やJAFの会員になっていたとしても、緊急性を要する場合は、警察が紹介するレッカーを利用しなければならないこともあります。この場合、当然料金が発生しますのでその支払いをしなければなりません。保険などに加入している場合は、そちらを利用すれば保険会社がレッカー代を補償してくれるので、無料で済むことがほとんどです。そのためそのまま請求されるままに支払うのはもったいないため、適切な対処法を知っておきましょう。

高額請求されることもあるため注意

警察が紹介するレッカー会社の場合、費用は通常よりも高くつく可能性があるので注意しなければなりません。警察と提携しているレッカー会社はさまざまですが、警察経由で利用した場合は、通常より割高になってしまうことも多いです。 自分で呼ぶ場合よりも高額になる可能性は高いため、コストがかかることは理解しておかなければなりません。

保険のロードサービスで費用を補償してくれることも

緊急の場合は、警察が紹介するレッカー会社を利用しなければなりませんが、保険に加入している場合は、あとから保険を使って費用を補償してもらえる可能性もあります。そのため、どのレッカー会社に依頼したのかを記録しておき、領収書などはきちんともらっておきましょう。 もちろんすべての場合で補償を受けられるとは限りませんが、連絡先などを控えておけば補償してもらえる可能性はあるため、必要なものはメモしておくことが大切です。

費用の支払い方法は

レッカーの費用の支払いについては当日払いではなく、後日支払いとなることも多いです。そのため保険を利用する場合は、保険会社が代行してレッカー会社に支払いをしてくれます。保険会社によって対応は異なりますが、補償を受けられる場合の金銭のやり取りは、基本的には任せられると考えておきましょう。

いざというときに備えてシミュレーションしておこう

事故車で車が動かなくなった場合は、レッカーを手配することが多いですが、手配の方法はさまざまです。実際に事故に遭うと、パニックになることも多いため、事前にシミュレーションをしておき、緊急時にも上手に対応できるようにしておきましょう。

なお、レッカー移動後に事故車の処分を行う事になるでしょうが、この場合にも移動のためにレッカーが必要になります。そんな時は事故車の買取も可能なカーネクストに買取に出されれば、移動に必要なレッカーの手配は無料で行いますので、買取金額を無駄にせずに処分する事が可能となります。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト