中古車売却 中古車買取 コラム

購入

トヨタの不人気車とは。高性能でも人気が出なかったモデル

更新日:

トヨタは日本が世界に誇る自動車メーカーであり、国内外に人気のモデルを数多く輩出しています。国内での人気はもちろん、世界的にも人気のモデルはたくさんあり、トヨタ車は特に海外でも高く評価されています。しかし、トヨタ車もすべてが人気モデルというわけではなく、不人気車もありお得に購入したいならこれが狙い目です。 不人気車であれば、品質の高いトヨタ車でもお得に購入できますので、どんな車が不人気なのかを知り、掘り出し物をゲットしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

実力はあるのに売れない現行トヨタ車

不人気車=性能が悪いとイメージする人は多いでしょうが、実は必ずしもこの通りではありません。性能の問題によって不人気になる車もありますが、高性能で実力があるにも関わらず、不人気になっていまうモデルも数多くあります。 トヨタの現行モデルでも、実力はありながらも不人気車になってしまったモデルはありますので、どんなものが該当するのか知っておきましょう。

メーカーに見放されてしまったマークX

トヨタと言えばマーク?を想像する人が多いほど、マーク?は人気車でしたが、その次のモデルのマークXはモデル消滅の危機にあります。マークXも性能としては申しぶんはありませんのが、メーカーにも見放され、各販売店では取り扱い数も減っています。正式にモデル消滅が発表されているわけではありませんが、生産終了も時間の問題だとする説も濃厚です。

割高感が否めないプリウスPHV

プリウスPHVはデザイン性の高さと、従来モデルよりもさらに低燃費であることで、華々しいデビューを飾りました。発表当初は大きく注目されていましたが、問題は価格の高さであり、維持費の安さを差し引いて考えても、あまりに高いという印象を与えてしまい人気は低迷しています。 デザイン性や維持費の安さは売りではあるものの、元を取るのに時間がかかり過ぎることから、不人気車となっています。

先を行き過ぎたMIRAI

MIRAIはその名の通り、水素自動車という未来の車として発表当初は注目を集めましたが、問題は水素ステーションの普及です。水素自動車という最新技術は注目されましたが、実際に使用するとなれば、水素を補給するためのステーションが必要です。 水素ステーションは全国で見てもほとんど普及されておらず、購入するリスクがあまりにも高いとして不人気車となっています。最先端モデルではありますが、先を行き過ぎたのが不人気の理由と言えるでしょう。

お値打ちな不人気車の中古車事情

不人気車であっても購入のメリットはあり、最大のメリットは購入価格の安さにあります。不人気車は発表当初の価格ではなかなか売れないため、何度も値下げを繰り返してリーズナブルで手の届きやすい値段まで引き下げられています。 加えて中古車であれば、さらに値引きがされており、お得に購入できるものも少なくありません。トヨタの不人気車の中古車事情を知って、よりお得に購入する方法を考えてみましょう。

不人気車なら中古車市場で極上車がお買い得

不人気車、かつ中古車であれば、新車販売時の半額程度の値段で購入できる場合もあり、非常にお得です。不人気車の中古は安く買えるのが大きなメリットですが、せっかく購入するなら性能の高い極上車を選びましょう。 不人気車といっても、不人気になった理由はさまざまであり、デザイン性やメーカーの販売戦略の失敗など、性能に関係しないものもあります。性能以外が理由で不人気になった車であれば、高性能な車も多く新車と変わらない性能の車を、かなりお得な値段で購入可能です。

トヨタ車なら中古車でも安心保証付き

中古車は安く購入できるものの、保証がない場合も多く、購入後の故障リスクなどを不安に感じてしまう人は多いでしょう。しかしトヨタ車であれば、中古車でもトヨタロングラン保証が付けられます。これは1年間の無料修理保証であり、年式を問わずに保証を受けられますので、お得かつ安心して中古車を購入できます。

当然ながらデメリットもある

トヨタの不人気車はお得に購入しやすく、メリットもさまざまありますが、当然不人気車ならではのデメリットもあります。不人気車は流通量が少ないことがほとんどで、選択肢がそれほど多くはありません。また中古車として購入価格が安い=市場需要が低いということになるため、売却時にほとんど値が付かないことも多いです。お得に購入しやすい反面、デメリットも少なからずあることは理解しておきましょう。

歴代優良不人気トヨタ車を振り返る

トヨタは現行モデルでも不人気車と呼ばれる車はさまざまありますが、それだけではなく、過去にも不人気車となったものもあります。しかし不人気車であっても、性能が悪いとは限らず、高性能ながらもさまざまな理由によって不人気になってしまったものも多いです。 歴代の不人気車の中でも、とくに優良と言われていたものを振り返り、トヨタ車への理解をさらに深めていきましょう。

異端車と呼ばれたヴェロッサ

ヴェロッサはマーク?の姉妹車として売り出されたモデルでしたが、マーク?は国民的なセダン車、ヴェロッサは異端車と呼ばれました。これはヴェロッサのデザイン性にあり、欧州風のデザインを取り入れたものの、中途半端になったことが原因です。性能としては問題ないものの、デザイン性の悪さから、あえなく不人気車となってしまいました。

ホットハッチになりきれなかったブレイド

ブレイドは高出力のエンジンを搭載しているのが大きな特徴で、ホットハッチ市場をターゲットに販売されました。しかしトレンドは低燃費モデルのエコカーにあり、市場需要とのずれによってターゲットを逃してしまい、不人気車となっています。 エンジン出力は優れており、車の性能としても高いですが、トレンドにそぐわなかったことが不人気の原因と言えるでしょう。

販売戦略を誤ったパッソセッテ

パッソテッセは車としての質もよく、高く評価されている車です。それでも不人気車になってしまったのは、販売戦略の失敗と言えるでしょう。パッソテッセはコンパクトサイズで6人乗り、デザイン性にも優れていましたが、主婦向けの路線を強調する販売戦略により、ターゲット層を見失い不人気車になりました。

不人気=ダメ車ではない

不人気車といえば性能が悪く、使い物にならないとイメージする人もいますが、実はそうとは限りません。不人気車になってしまう理由はさまざまであり、中には性能に関係しない理由で不人気となっていることもあります。 そのため低価格で販売されていても、新車同様、あるいはそれ以上に高性能ということもあり、上手に選べばお買い得なモデルと言えます。トヨタ車でも高性能ながらもさまざまな理由で不人気車になったモデルがありますので、不人気になったモデルをしっかり見極め、良質な車をお得に購入しましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト