中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

ディーラーに廃車を依頼する場合の相場。メリットや注意点など

更新日:

廃車はディーラーに依頼して代行してもらえますが、他の方法より費用がかかりやすいので注意が必要です。ディーラーは新車の販売がメインであるため、廃車の引き取りには積極的ではありません。しかし、ディーラーを利用するメリットもありますので、費用の相場を知り、廃車の選択肢として考えてみましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ディーラーの廃車費用内訳

廃車手続きにかかる費用はひとつではなく、レッカーや解体、手続きの登録手数料など、複数の費用がかかります。加えて業者に依頼した場合、代行手数料がかかり、高くなることが多いです。自分でおこなえばほとんど費用をかけずに廃車できますが、ディーラーに限らず、業者に頼む場合は、費用が高くつきやすいことは覚えておきましょう。数ある業者の中でも、ディーラーは特に費用が高くなりやすいため、注意が必要です。

廃車のレッカー代金

廃車にする車が自走できない場合、ディーラーに持ち込むにはレッカーで運ばなければなりません。レッカーの代金は利用する業者や距離によって異なりますが、1~3万円程度が相場です。距離が長くなるほど、費用は高くなりやすいので注意しましょう。自走可能で運転して持ち込む場合は、レッカー代は不要です。

廃車の解体費用

廃車にともない車を解体する場合、解体費用が3~5万円程度かかります。ディーラーは車をリサイクルする術を持っていないため、解体が必要な車はすべて解体業者に委託し、引き取ってもらいます。ディーラーと解体業者との間で中間マージンが発生し、その分費用が上乗せされるため、通常より解体費用は高いです。また、名義を一時抹消登録するだけなら、解体費用はかかりません。

廃車手続き代行費用

業者に廃車を依頼した場合、廃車手続きの代行費用がかかります。業者によって費用は異なりますが、ディーラーの場合は1万円程度が相場でしょう。これは抹消登録の方法に限らず、一律で設定されていることが多いです。 廃車手続きは、永久抹消登録なら無料、一時抹消登録なら手数料350円でできますが、ディーラーに依頼する場合は人件費が発生しますし、ディーラーは廃車の引き取りで利益を上げられないため、人件費の回収として代行費用も高く設定されています。

廃車をディーラーに依頼するメリット

ディーラーに廃車を依頼した場合、総額で5~7万円程度かかることが多く、費用相場はかなり高いです。他の方法であれば、もっと安く済ませられることも多いですが、ディーラーならではの魅力もあります。なぜ費用が高いディーラーに廃車を依頼するのか、利用するメリットから魅力を知りましょう。

無料にしてくれる場合もある

ディーラーでは基本的には廃車の費用は高額ですが、条件次第では無料にしてくれる場合もあります。廃車にともない新車を購入する場合や得意先で懇意にしているディーラーなら、廃車を無料でやってくれることもあります。 もともと廃車自体には費用がかからないため、上客を逃さないよう手厚くサービスをおこなうディーラーは多いです。無料にならずとも、多少の割引をしてもらえる可能性もあるため、場合によっては他の方法よりお得に廃車できます。

信頼が厚い

ディーラーは車のプロであり、信頼が厚いです。業者に依頼して廃車をおこなう場合、廃車に関する認識のずれや手続きまでのプロセスでトラブルに発展することは多いです。しかし、ディーラーの場合、豊富な知識と手厚いサービスによって廃車をおこなうため、トラブルが起きる可能性がほとんどありません。費用は高くなりやすいものの、安心して廃車を任せたい人にはおすすめです。

どのような状態の車でも動かせる

ディーラーはどんな状態の車でも動かせるのが強みであり、積載車を使えば特殊な状況にも対応できます。自走できない車はもちろん、特殊な装備の付いた車でも運搬でき、廃車までの手続きもスムーズでしょう。廃車では移動がネックになることも多いですが、ディーラーならその心配はほとんどありません。

廃車をディーラーに依頼する時の注意点

費用は高くつきやすいものの、ディーラーに廃車を依頼するメリットはあります。しかし、同時に注意点もあるため、それを知った上で利用することが大切です。注意点を把握していないと、手続きがスムーズに進められないことが多く、ディーラーを利用するメリットがなくなってしまいます。 また、場合によってはトラブルに発展することもあるため、注意点を把握して、上手にディーラーを利用しましょう。

ローンに関する話し合いをする

車のローンが残っている場合、ディーラーでローンを組んでいれば所有者はディーラーです。廃車は所有者以外が勝手におこなうことはできませんので、所有者に廃車したい旨を伝えて、相談する必要があります。ディーラー以外が所有者になっている場合は、所有先と相談して、廃車後の返済方法を話し合っておきましょう。 廃車にしてもローンの支払い義務がなくなるわけではありませんので、支払いは必須です。一括してローンを返済できれば、所有者は自分になるため、よりスムーズに廃車できます。

税金の還付について確認する

廃車時は自動車税と重量税が還付されますので、還付金の扱いも確認しておきましょう。還付金はいくら発生し、どのように返してもらえるのか、また、税金の返金にともない、手数料が発生するかを確認しておく必要があります。 還付金の扱いはディーラーごとに異なるため、返金方法や手数料の有無を確認した上で、最終的にいくら返してもらえるのか聞いておくことが大切です。還付金の受け取りでトラブルに発展することは多いため、納得できるまで入念に話し合いましょう。

ディーラーでの廃車も検討してみよう

ディーラーでの廃車は高いとイメージする人が多いですが、実はメリットも隠されています。上手に利用すれば、ディーラーでもお得に廃車できますので、ポイントを把握して選択肢のひとつとして検討してみましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト