中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車はどこで手続きができるのか。全体の流れと注意点など

更新日:

車を廃車する際、どこで手続きをすればよいのか悩む人は多いでしょう。廃車は自分でおこなうか、業者に依頼するかになりますが、どちらを選ぶかで手続きの場所は異なります。また、車種によって手続きの場所も違うので注意が必要です。廃車手続きをスムーズに完了させるためにも、どのように進めればよいのか知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車手続きの流れ

廃車をスムーズに進めるためには、手順を把握しておくことが大切です。初めての廃車だと、どのように手続きをおこなえばよいか分からず、困ることも多いでしょう。廃車は難しく、複雑だと感じる人も多いですが、手順さえ把握していれば難しくはありません。全体の流れを把握して、手続きをスムーズに進めましょう。

廃車の解体業者を探す

廃車に伴い車を解体する場合は、解体業者を探さなければなりません。廃車の方法は永久抹消登録と一時抹消登録の2つに分けられ、解体が必要なのは永久抹消登録です。車の解体は自動車リサイクル法という法律で決められており、国から認可を受けた工場を持つ業者でなけばおこなうことはできません。 認可されていない業者だと、無用なトラブルに発展する可能性もあるため、業者を選ぶ際には、必ず認可の有無をチェックしておきましょう。

車を解体業者に持っていく

利用する業者を決めれば、業者まで車を持っていきましょう。業者に持ち込めば、使用済自動車引取証明書を発行してもらい、これは廃車時に必要ですので、大切に保管しておきます。使用済自動車引取証明書が、車を解体した証明であり、これがなければ永久抹消登録はできないので注意しましょう。

廃車手続きに必要な書類を揃える

廃車手続きには書類が必要ですが、一時抹消登録と永久抹消登録で必要なものが違うので注意が必要です。一時抹消登録で必要な書類は以下のとおりです。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

手数料納付書以下の書類は、当日入手で構いません。業者に依頼する場合は、ナンバープレートまで集めればOKです。永久抹消登録の場合は、これに使用済自動車引取証明書と「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きが必要です。また、他人に廃車手続きを代行してもらう場合は、それぞれ委任状を用意しなければなりません。

運輸支局で廃車の手続きをおこなう

業者に依頼する場合は、車と必要書類を引き渡せば後は、業者が手続きをおこなうのを待つだけです。自分でおこなう場合は、住所を管轄する運輸支局で廃車の手続きをおこないます。運輸支局の窓口で必要な書類を入手し、事前に用意した書類と一緒に提出すれば、廃車手続きは完了です。 運輸支局は平日の昼間しか開いていませんので、平日に時間が取れない場合は、業者に依頼したほうがよいでしょう。また、窓口で手続きを行った際、書類に不備があれば出直さなければならず、後日平日に改めて時間をとって再度手続きをおこなわなければなりません。廃車の手続きに不安がある場合は、無理せず業者に依頼したほうが無難です。

税金の還付手続きをおこなう

廃車の方法や時期によっては、自動車税や重量税が還付されますので、税還付の手続きもおこないましょう。自動車税は廃車方法に関係なく、廃車手続き完了とともに還付の申請も完了します。廃車の翌月から次の3月までの残り期間を月割り計算して返金されるため、3月に廃車すれば還付はありません。 重量税は永久抹消登録の場合のみ還付され、抹消登録の申請書の還付申請欄への記入が必要です。廃車の翌月から車検の残存期間を計算して還付されるため、車検が切れていれば還付はありません。また、自動車税は普通自動車のみ還付対象です。軽自動車は重量税のみ還付が可能で、自動車税の還付はありません。

廃車の手続きに関する注意点

廃車手続きには注意点があり、それを把握した上で進めることが大切です。注意点が守れていないと、きちんと手続きが完了しなかったり、損をしたりする可能性があります。注意点を正しく把握し、自分に合った方法で廃車手続きをおこないましょう。

軽自動車は手続きの場所が違う

普通自動車は所在地を管轄する運輸支局で手続きをおこないますが、軽自動車は軽自動車検査協会でおこないます。運輸支局では軽自動車の廃車手続きはできませんので、間違えないよう注意しましょう。

自走できない車はレッカー移動が必要

故障して自走できない場合、業者に引き取りにきてもらわなければなりません。レッカーを利用しての引き取りとなり、利用する業者や距離によって異なりますが、1万円程度かかると考えておきましょう。レッカー代は、自分で業者に持ち込めば不要ですので、自走できるなら持ち込みがおすすめです。 また、レッカーが必要な場合でも、レッカーを無料サービスしてくれる業者を選べば、費用をかけずに引き取ってもらえます。業者によって廃車のサービスは異なりますので、利用先はじっくり調べて選ぶことが大切です。

廃車手続きの代行を頼むと手数料が発生する

廃車手続きは、業者に代行を頼むと手数料が発生します。業者によって金額は違いますが、1万円程度が相場です。自分でおこなう場合は永久抹消登録なら解体費用やレッカー費用、一時抹消登録なら登録手数料の350円だけで済みます。 費用を考えるなら、自分で手続きをおこなったほうが安いでしょう。ただし、業者によっては代行手数料が無料の場合もあるので、じっくり探せば安く済ませることは可能です。廃車手続きは業者によってサービスが大きく異なるため、利用する業者次第で、全体の費用は大きく異なります。

バイクの廃車手続きは排気量によって異なる

125cc以下の原付バイクの場合、廃車手続きは市町村役場でおこないます。それ以上の排気量の場合、所在地を管轄する運輸支局での手続きになるので注意しましょう。原付の廃車の場合、必要な書類は少なく、比較的簡単に廃車できます。それにたいして125cc以上のバイクの場合、車同様の書類が必要ですので、手続きはやや面倒です。

手続きの流れを確認してから準備をする

廃車手続きは自分でおこなう場合と業者に依頼する場合で、手順が異なるので注意が必要です。自分でおこなえば費用は安く済みますが、手間がかかります。業者に依頼すれば費用がかかる反面、手続きがスムーズに進められるというメリットがあります。それぞれメリット、デメリットがありますので、自分に合った方法で、スムーズに廃車を完了させましょう。

車を廃車するときにまず考えたいのが買取ですが、廃車買取業者はどのように選べばいいのかと悩んでしまう人は多いです。廃車買取の業者はたくさんありますが、どの業者を利用するかで買取時の値段などは大きく違ってきます。そんなお悩みの方は必見!
→【廃車買取業者のかしこい選び方】業者によって買取価格は違う

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト