中古車売却 中古車買取 コラム

車とカギ

買取・売却

故障車なのに買取が可能な理由|売却のポイントや注意点

更新日:

車が故障した場合、素早く手放し、処分しなければなりません。故障車でも車は持っているだけでお金がかかるため、売却して処分することが大切です。 しかし、車を買い取ってもらうには、ある程度状態がよくなければならず、故障車では買取ができないと考える人は多いでしょう。実は故障車でも買取は可能です。売却時のポイントを把握し、少しでも高値で愛車を売却してください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

故障車でも業者が買取できる理由

故障車でも買取に出すことは可能ですが、なぜ故障しているのに売れるのかと、疑問に思う人は多いでしょう。中古車でも高く売れるのは状態のよいものであり、年式が古く、走行距離が長いほど、査定額は減額されます。 しかし、実際には故障して自走できない車でも、売却は可能です。故障車を買い取る業者があるのは、故障車を引き取っても利益が出るからです。買取に出し、業者に引き取られた故障車がどのように扱われるのかを知り、値段をつけてもらえる理由を理解しましょう。

海外への販売ルートがある

日本の車は海外で需要が高く、故障車でも買い手がつくことが多いです。海外に販売ルートを持つ業者なら、状態の悪い車でも買い取ることができ、修理して直せるなら高値で買い取ってもらえる可能性もあります。 故障車が海外で売れるのは、日本の車が人気なだけではなく、海外では走りさえすれば車の状態はそれほど気にされないことも理由です。海外では年式や走行距離は日本ほど気にされないため、故障車でも売却ができます。

鉄などの素材として利用できる

修理しても直らない車でも、スクラップにすることで、鉄や樹脂など、素材へのリサイクルが可能です。車の売却先は買取業者だけではなく、解体業者に鉄くずとして買い取ってもらうこともできます。 解体業者なら車の状態に関係なく、ほとんど同じ金額で買取が可能なため、どの業者で値段を付けてもらえない場合でも諦める必要はありません。 ただし、車から取れる鉄くずの量が買取金額のため、新車でも故障車でも買取金額はほぼ同じです。査定で少しでも値段がつくなら、買取業者に売却し、解体業者への買取依頼は最終手段と考えたほうがよいでしょう。

解体してパーツを販売に回せる

故障車は解体して、パーツを取り出して販売もできます。自走できない=スクラップではなく、分解でパーツの価値を見出せる可能性もあり、高値で売れることもあります。 純正部品は需要が高く、価値もつきやすいため、一部分でも綺麗に残っているなら、売却は可能です。特にバンパーやエンジンなど、部品そのものの値段が高いものは、パーツ販売でも高値になりやすいでしょう。

故障車を売る買取業者の選び方

故障車でも買取に出すことは可能ですが、上手に売却するには買取業者の選び方が重要です。同じ車でも売却先によって査定額は異なるため、少しでも高く売るには業者の選定にもこだわらなければなりません。 故障車でもこれは同じであり、普通の車より売りづらい分、より注意して選ぶ必要があります。買取業者の選び方は、車の状態にも影響されるため、故障の具合を確認して、適切な業者を選びましょう。

軽度の故障は中古車買取店

軽度の故障なら、査定額にそれほど影響しないため、通常の中古車買取店に売却するのがおすすめです。軽度な故障とは、「バッテリー切れ」や「ライト切れ」などであり、これらは簡単に修理できるため、手を加えて転売できます。 中古車買取店は買い取った車を転売して利益を出しているため、自走可能かどうかが重要なポイントです。自走できるなら、ほとんどは軽度な故障と言えるため、中古車買取店を選びましょう。

重度の故障は事故車買取専門店

重度の故障の場合は、「事故車買取専門店」や「廃車買取専門店」に買取を依頼しましょう。「エンジンの故障」や「水没」など、自走できない故障は重度な故障に該当します。重度な故障の場合は修理できないことが多いため、通常の買取業者では値段を付けてもらえない可能性が高いです。 事故車や廃車を専門に買い取る業者なら、海外への転売やパーツに分解しての転売も可能なため、重度な故障車でも高値をもらえる場合があります。

自社のリサイクル工場を持っている

重度な故障車を売却する場合は、自社リサイクル工場を持っているかも重要です。重度な故障車は解体し、リサイクルすることが多いですが、自社工場を持っていない業者だと、解体作業を別の業者に委託します。 車の解体は自治体から認可を受けた工場以外では行うことができず、外部委託だと中間マージンが発生し、査定額も減額される可能性が高いです。自社工場を持っている業者は、中間マージンが不要な分を買取金額に上乗せされるため、より高値で売却しやすいです。

故障車を買い取ってもらう時のポイント

故障車を買い取ってもらう際には、売りに出すときのポイントもあります。故障車は売り方ひとつで買取金額も違ってくるため、工夫して売却することが大切です。買取に出す際のポイントを知り、スムーズかつ有利な条件で買い取ってもらいましょう。

できるだけキレイに清掃を行う

買取に出す際には、車をできるだけ綺麗な状態に戻すことが大切です。汚れたままだと査定士の印象が悪くなり、マイナス査定になりやすいため、可能な限り掃除しておきましょう。 綺麗に掃除しておくことで、車も大切に使っている印象を与えることができ、プラス査定に繋がる可能性もあります。車を売却するには、私物をすべて取り除かなければならないため、売却前の整理も兼ねて、掃除しておきましょう。

修理をせずに持ち込む

車は綺麗な状態に戻すことが大切ですが、故障箇所を修理する必要はありません。修理することで査定額は上がりますが、微々たるものであり、修理代のほうが高くつくことがほとんどです。修理をしても結果的に修理費分マイナスが出て実質の買取金額が下がってしまうため、手を加えずそのまま買取に出しましょう。

社外品のパーツは外しておく

故障車はパーツの価値で買い取ってもらうこともできますが、評価されるのは基本的には純正パーツです。社外品パーツは評価されるかどうかが業者によって異なるため、パーツはすべて純正に戻し、パーツは別売りで買い取ってもらえないか交渉しましょう。 社外品でも場合によっては高値をつけてもらえる可能性もあるため、不要でも処分せず買取に出すことが大切です。また、次に車を買う場合に使いまわせる可能性もあるため、必要ならパーツを残しておくのもおすすめです。

故障車でも諦めずに査定を依頼してみよう

故障車でも買取に出すことは可能であり、「買取業者の選び方」と「車の状態」次第で、値段をつけてもらうことは可能です。 車はどれだけひどく故障している場合でも、価値がゼロになることはないため、少しでも値段をつけてもらい、売却することが大切です。故障車でも諦めずに買取査定に出し、少しでも高値で売却できるよう工夫しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト