中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

不動車の廃車の仕方について|登録の方法や費用の相場を紹介

車は動かないと邪魔になることも多いため、廃車して処分したいと考える人も多いでしょう。しかし、不動車は動かせないため、廃車手続きもスムーズに進められない場合があります。車も動かせず、廃車手続きも進まないとなると、困ってしまいますが、不動車でも廃車にする方法はあります。 不要な車をいつまでも持ち続けていると大きなコストになるため、不動車は素早く廃車にして処分し、余計なコストを抱えないようにしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

不動車とはなにか

そもそも不動車とは何かですが、これは「動かない車」あるいは「動かせない車」を指します。動かない車とは、事故や故障によってエンジンが作動しない車が該当します。エンジンが作動しないからといって、必ずしもエンジンにトラブルを抱えているとは限らず、バッテリー切れで動かない場合も不動車です。 動かせない車とは、車検切れによって公道を走れない状態の車を指します。車の機能は問題なく作動していても、公道を走れないものはすべて不動車に該当します。車検切れでも私有地なら走行できるため、不動車=自走できないわけではないことは理解しておきましょう。

不動車の廃車の仕方

不動車の廃車の仕方に困る人は多いですが、実は廃車登録の手続き自体は、通常の廃車と同じです。不動車の問題は車を動かせない点にあるため、その問題さえ解決したなら、後は通常と同じ手順で廃車できます。 廃車の方法は大きく「永久抹消登録」「一時抹消登録」「解体届出」の3つに分けられ、それぞれで手続きが異なります。方法ごとの違いを理解し、状況にあったやり方で廃車しましょう。

永久抹消登録

永久抹消登録は、車を解体して、二度と乗れなくする廃車方法です。登録前に解体が必要なため、不動車は解体業者に引き取ってもらうか、レッカーで解体場まで輸送しなければなりません。 廃車登録には解体業者に車を渡した後にもらえる、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きが必要なため、なくさないようにしましょう。永久抹消登録に必要な書類は、以下の通りです。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

手数料納付書以下は、自身で行う場合に必要で、これらは当日窓口で入手できます。また、業者に依頼する場合は、別途委任状の作成が必要です。

一時抹消登録

一時抹消登録は、車の解体はせず、名義のみを抹消する廃車方法です。解体の必要がないため、不動車でも問題なく廃車でき、特別な手続きは不要です。 ただし、動かない車を保有して邪魔な場合は、処分のために「売却」「譲渡」などが必要であり、それらの手間がかかる可能性は把握しておきましょう。一時抹消登録に必要な書類は以下の通りです。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

永久抹消登録と同様に、手数料納付書以下は、自身で行う場合のみ当日入手が必要です。解体が不要な分、必要な書類も少なく、比較的簡単に廃車できます。

一時抹消登録をしたあとに解体をした場合

一時抹消登録をした車を解体して処分する場合は、解体届出の登録を行います。解体届出の手続きは、永久抹消登録とほとんど同じですが、必要書類が異なるため注意が必要です。解体届出に必要な書類は、以下の通りです。

  • 登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

登録識別情報等通知書、あるいは一時抹消登録証明書は、一時抹消登録時に発行されるため、なくさないように持っておきましょう。解体届出は一時と永久、両方の抹消登録を行うことになるため、事情があって名義なしの車を保有しなければならない場合以外は、最初から永久抹消登録するのがおすすめです。

不動車の廃車費用

不動車の廃車には費用がかかり、廃車方法によっていくら必要かは異なります。方法に限らず、基本的には費用がかかりますが、方法次第でコストを下げることはできます。廃車方法ごとの費用の内訳を知り、安くするにはどのような工夫が必要かも知りましょう。

永久抹消登録にかかる費用

永久抹消登録の場合、車を解体しなければならず、解体業者に引き渡すにはレッカーを利用します。レッカー代は距離によっても異なりますが、1万円程度が目安です。また、解体費用も必要で、0~30000円程度と業者によって差があります。 さらにリサイクル料金を支払っていない場合は、廃車時に支払いが必要で、7000円~20000円程度必要です。業者に代行する場合は、さらに1万円程度手数料がかかるため、高い場合だと5万円以上費用がかかります。 不動車の永久抹消登録は費用がかかりやすいですが、業者によっては「レッカー無料」「解体費用無料」「代行手数料無料」などのサービスを実施している場合もあります。業者の選び方次第では、ほとんど費用をかけずに廃車できることは知っておきましょう。

一時抹消登録にかかる費用

一時抹消登録は解体が不要なため、費用はほとんどかかりません。ナンバープレートの取り外しが必要で、業者に依頼すると1~3万円程度かかりますが、自分で取り外すことも可能です。また、一時抹消登録の場合、廃車申請時に手数料が350円必要です。 ナンバープレートを自身で外し、リサイクル料金の支払いも不要な場合は、手数料の350円だけで廃車できます。

動かないバイクの廃車方法

不動車は車だけではなく、バイクも該当します。動かないバイクも不要なら廃車が必要なため、スムーズに行う方法を知っておきましょう。

バイクの廃車手続き

バイクの廃車手続きは、排気量によって手続きの場所が異なるため注意が必要です。原付や125cc以下のバイクは、市町村の役所で行います。126cc以上のバイクは、車と同じく運輸支局で手続きが必要です。廃車手続きの流れは車と同じであり、必要書類を揃えて窓口に提出することで、廃車は完了します。

バイクの解体処分

バイクは車と違って、廃車登録前に解体はできません。廃車登録をしてから解体しますが、廃車後のバイクは公道を走れないため、業者に引き取ってもらう必要があります。廃車して名義がない場合は、すべて公道を走れないため、不動車かどうかは関係ありません。 業者の引き取り費用は3000~7000円程度、解体費用が3000~10000円程度が目安です。これも業者ごとに金額が違うため、少しでも安い業者を探して利用しましょう。

不動車を放置せずきちんと処分しよう

不動車は処分に困ることが多く、放置してしまいがちですが、いつまでも保有していると邪魔になることが多いです。不動車でも名義がある以上、コストはかかるため、廃車登録だけでも早めに済ませて、不要な課税を避けなければなりません。不動車でも廃車はできるため、状況に合わせた方法を用いて、素早く廃車して処分しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト