中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

廃車にするときの保険の手続き。解約のタイミングや流れ

更新日:

廃車は必要書類を揃え、運輸支局で抹消登録を行う、あるいは業者に必要書類を提出し代行で手続きを行ってもらうなど、やるべきことは多いです。抹消登録手続きを終えればそれで終了ではなく、保険の手続きも考えなければなりません。廃車時は保険の「解約」「入れ替え」「中断」のいずれかを選択しなければ存在しない車に対して保険料を払い続けることになるため、それぞれの手続きのポイントを把握しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車による保険の手続き

廃車登録の手続きに伴い、保険の手続きも必要です。保険の手続きは加入している保険によって異なります。種類ごとの違いを把握し、基礎知識を身につけてスムーズに手続きを完了させましょう。

加入している保険会社に申請

保険は廃車しても自動的に変更されるわけではないため、自身で保険会社に連絡し、変更の申請をしなければなりません。これは任意保険も自賠責保険も同じであり、申請しなければ契約期間まで保険は延長されます。廃車後に新たな車を買わない場合でも、保険は継続され、余分な保険料を支払い、損をするため、廃車時には必ず保険会社に連絡しなければなりません。 保険を解約しない場合でも、廃車に伴う保険の変更が必要なことは多いため、保険手続きまで含めて廃車が完了すると考えましょう。

払い戻しは月単位でできる

保険を解約すると、契約期間の残りに応じて払い戻しが受けられ、これは月単位で計算されます。解約時に保険の有効期限が1カ月以上残っているなら払い戻しは可能です。払い戻し金額は1カ月単位で計算され、締め日は月末になっていることが多いです。 そのため、解約手続きが翌月に回ってしまうと、1日の違いだけで1カ月分の払い戻し金額が減少します。解約手続きが遅れると、その分払い戻しが減って損をするため、廃車後は速やかに保険を解約することが大切です。

自賠責保険の場合

自賠責保険は車とバイクに乗る人にかけられる強制保険です。そのため、廃車登録以前に解約はできず、廃車後に保険会社に連絡し、手続きをおこないます。廃車手続きは運輸支局でおこないますが、保険の手続きはその場ではおこなえないため、別途自身で保険会社にコンタクトを取らなければなりません。 また、解約するには名義が抹消されたことを証明する書類が必要です。廃車方法によって「登録事項証明書」「抹消登録証明書」のどちらかが発行され、これが証明となるためなくさないように保管しておきましょう。

任意保険の場合

任意保険は廃車前でも解約が可能で、廃車の証明も必要ありません。任意はあくまで希望者だけが加入するため、自賠責にさえ加入しているなら、車やバイクを使用することは可能です。廃車前の解約が可能なため、車を使わないなら早めに解約して、少しでも多く払い戻しをもらうのもひとつの手です。 ただし、あまりに早く解約すると、廃車までに事故を起こした場合に保険が適用できないため注意しなければなりません。車に乗る予定がないなら先に解約しても構いませんが、少しでも乗る予定があるなら、廃車までは解約を待ったほうが無難でしょう。

任意保険を解約するタイミング

自賠責保険は廃車後にしか解約できませんが、任意保険なら好きなタイミングで解約できます。自由に解約できるため、自身の都合に合わせて手続きをおこなうことが大切であり、タイミング次第で大きくメリットが得られることもあります。 ただし、間違ったタイミングで解約すると、デメリットを被る可能性もあるため、状況に合わせていつ解約するのが適切かを考えなければなりません。

永久抹消登録の場合

永久抹消登録は、車を解体してから名義の抹消手続きをおこなう方法です。解体した車は使用できないため、解体後に保険をかけているとその分は無駄になります。解体しても保険は継続されるため、解体時期に合わせた解約を心がけましょう。

廃車の工場に持って行く日までは加入しておく

永久抹消登録をする場合、廃車の工場に車を持ち込み、業者に引き渡しますが、引き渡しが完了するまでは保険は加入しておいたほうがよいでしょう。業者に車を引き取りに来てもらうことも可能ですが、レッカーを依頼すると運搬に1万円程度費用がかかります。 余計な費用をかけないためには、自身で運転して車を持ち込む必要があり、引き渡しぎりぎりまで事故の危険性があるため、保険は解約しないのが無難です。引き渡しが完了し、事故を起こす危険性が完全になくなってから、保険を解約しましょう。

先付け解約制度を利用しよう

先付け解約制度は、保険を解約する日を事前に決められるものです。業者に引き渡す日を決め、その日に合わせて解約日を予約しておくと、よりスムーズに手続きを終えられます。 永久抹消登録の場合、解体後に廃車手続きが必要で、保険の解約を忘れることが多いため、廃車時の作業を簡略化するためにも、事前に保険解約の申請をしておきましょう。

廃車してすぐに新しい車に乗る場合

廃車後すぐに新しい車に乗り換える場合は、保険は解約せず、継続して使用しましょう。「車両入替申請」を行うことで、これまで使用していた保険内容を、そのまま新しい車に適用して使用できます。保険は解約して新規で加入し直すと、これまでの等級がリセットされ、保険料が高くなります。保険内容を見直すなら解約もひとつの手ですが、継続して使用するなら入替申請をおこないましょう。

廃車してすぐには車に乗らない場合

廃車後、しばらく車に乗る予定がない場合は、「中断証明申請」の手続きをおこないましょう。これは保険の使用を中断するものであり、中断している間は保険料がかかりません。また、次に車を購入した際に、中断を解くことで以前の等級を引き継いで保険を使用できます。 保険会社ごとに中断可能な期間は決まっているため注意が必要ですが、将来的にもう一度車に乗るなら、解約せずに中断で様子を見るのがおすすめです。

バイクの保険の解約は車と同じ

バイクの保険手続きも車と同じであり、自賠責、任意保険ともに自分で手続きをおこなわなければなりません。手続きの種類も、「解約」「入れ替え」「中断」の3つで同じため、状況に合わせた手続きをおこないましょう。

廃車の際は忘れずに保険会社に連絡を

廃車時には保険の手続きが必要なため、忘れないよう素早く保険会社に連絡しなければなりません。手続きが遅れると損をすることも多いため、速やかにおこない、廃車手続きをスムーズに完了させましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト