中古車売却 中古車買取 コラム

車検

車検代をローンで支払う方法。審査の基準と通らないときの対処法とは

更新日:

車検をどの方法で受けるかによって費用は異なりますが、車検代は高くついてしまうことが多いです。場合によっては現金一括で払うのが難しいこともあり、そこで考えたいのがローンの利用です。車検は一括払いだけではなく、ローンを組んで少しずつの返済も可能です。ローンの組み方やローン払いの注意点を知って、車検代を上手に支払いましょう。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。
なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検の費用をローンで払う方法

車検代は一括払いだけではなく、ローンで支払うことも可能ですが、ローン払いにはいくつかの方法があります。同じローン払いでも方法によって注意点などは違いますので、それらを把握しておくようにしましょう。支払い方法別のポイントを押さえて、無理のないローンを組みましょう。

クレジットカードで支払う

車検代は現金だけではなく、カード払いも可能です。クレジットカードを持っているなら、それを使って支払いが可能です。持ち合わせがないだけであればカードで一括で支払ってもよいですし、一括が難しいなら分割払いを選択しましょう。 クレジットカードで分割払いにする場合には、利用金額を確かめておく必要があります。車検代を支払う時点で限度額いっぱいまで使っている場合は、分割払いもできないので注意しましょう。

消費者金融のカードローンを利用する

車検代を一括で支払うのが難しいのであれば、消費者金融が提供しているローンを利用する方法もあります。消費者金融であれば審査時間が短い場合が多く、店舗によっては即日融資が可能なところもあります。ただし、金利が高く、返済が厳しくなる場合もあるので注意が必要です。 審査も緩く、すぐに融資が受けられることも多いですが、その分金利は高めに設定されていますので、利用時には本当に返済できるかをよく考えなければなりません。

金融機関のマイカーローンを利用する

金融機関のマイカーローンは、車の購入に使うローンですが、一部車検代にも対応している場合もあります。カードローンに比べて低金利ですし、ローンを組んでも比較的返済がしやすいです。しかし、低金利とはいえ金利があるのは確かですし、すべての金融機関で利用できるとは限りません。 マイカーローンはあっても車検代には対応していない場合もありますので、利用時には必ず確認しておきましょう。

車検を受けた店舗でローンを申し込む

ユーザー車検ではなく、業者に依頼して車検を受けている場合は、店舗でローンを申し込むことも可能です。車検を受けた店舗のクレジットローンを使えば、車検代は分割で支払えます。ローンを組むには審査が必要ですが、法定費用も含めた金額をローンに組み込めることが多いです。 そのため、車検にかかる費用すべてをローンにできますので、ほかの方法と比べれば車検時の自己負担金額は少ないです。もちろん、すべての店舗でローンが組めるわけではありませんので、これも事前に確認が必要です。

車検でローンを組む時の審査基準

支払い方法にもよりますが、ローンを組む際には基本的には審査が必要です。申請さえすれば誰でもローンが組めるわけではなく、きちんと返済できる見込みがなければローンは組めません。ローンを組むというのは借金をしている状態ですし、借金返済能力がある人だけが審査に通ります。 借りる先によって審査基準は異なりますが、基本的な部分は共通していますので、審査基準を知ってローンが組めるかどうかを判断しておきましょう。

他社からの借り入れがない

ローンを組む際には、すでに借金があると不利になります。他社からも借り入れをおこなっている場合は、審査に通らない可能性が高いので注意しなければなりません。 複数社から借り入れをしていることで、お金にだらしない印象を与えてしまいますし、貸す方からすれば本当に返してくれるのかと不安になります。借り入れ社数が多いほど信用はなくなるので注意しましょう。

安定した収入がある

ローンの審査に通るためには、働いていて安定した収入が必要です。年収が低すぎたり無職や失業中である場合は、審査に通るのが難しいので注意しましょう。また収入が高い場合でも、不安定な仕事の場合は審査に通らない場合もあります。 基本的には企業に就職していればそれほど問題にはなりませんが、自営業者などは場合によってはローンが組めないこともあるので注意しましょう。

過去に返済を延滞したことがない

ローンの審査では、現状の支払い能力の有無だけではなく、過去の借入状況なども参考にして決定します。過去に借り入れがあってもきちんと返済していれば問題ありませんが、支払いを延滞させたことがある場合は要注意です。 支払いの延滞は履歴が残っている可能性が高く、ブラックリストに載っていると審査にも通りづらくなります。現在の収入が安定している場合でも、延滞歴があるだけで審査に引っかかる可能性もあるので注意しましょう。

状態がよくなくても高価買取⁈ トヨタ ハリアー 年式15年 走行距離130,000km 買取金額170,000円 無料査定のお申込みはこちら

車検のローン審査に通らない時の対処法

車検代は高額になってしまう場合もあり、一括で支払うのが難しいことも多いです。しかし、ローンを組もうにも審査に通らず、途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。車検を受けなければ車を走らせることはできませんし、車検切れの間は車が使えないので困りますが、実は対処法もあります。ローン審査が通らなくても、車検代を工面する方法はありますので、最終手段として知っておきましょう。

車検を受けるだけでローンが組める店舗を利用する

車検が受けられる業者はさまざまあり、業者によっては車検を受ければ自社ローンを組んでくれる場合もあります。自社ローンが組める業者であれば、自己破産やブラックリストに記載されていても関係はありません。ローンを組む条件は車検を受けることですので、これさえ満たせば審査は不要です。 ただし、業者によっては金利が高い場合もあります。ローンは返済できることが前提でなければなりませんので、それらも確認した上でローンを組みましょう。

家族や親族から借りる

ローンが組めないなら、家族や親族に事情を話して、車検代を貸してもらう方法もあります。これは、日頃から信頼関係を築くことが大切です。普段関わりのない人にいきなりお金を貸してほしいとお願いしても聞き入れてもらえないことがほとんどですし、逆に関係が途絶えてしまう可能性もあります。 お金の貸し借りは家族間でもトラブルに発展しやすいですし、きちんと信頼関係を築いた上で、滞りなく返さなければなりません。

会社から前借する

前借が可能な会社に勤めている場合は、給料から車検代を前借させてもらう方法もあります。この場合、翌月の給料が減ってしまうため、しっかりとしたやりくりが必要です。また前借が続けば信用もなくなりますし、社内での立場も危うくなります。 お金を借りるのは信用にかかわる大きな問題ですし、前借が続いてしまわないように日々のやりくりには十分注意しましょう。

ローンを組む場合は余裕を持った返済計画を立てよう

車検代はローンを組んで少しずつ返済もできますが、ローンを組む際にはその後の支払いについてもきちんと考えておかなければなりません。ローンを組めば車検時には出費がほとんどありませんが、それは返済を先延ばしにしているだけで、最終的に支払う金額は一括で払うより多くなります。ローンを組む場合は返済計画を立て、余裕を持って払えるようにしておきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト