中古車売却 中古車買取 コラム

バンパー破損

故障・修理

車のバンパーの修理・交換費用とは?修理内容や期間もご紹介

更新日:

車をぶつけてしまったり、衝突された衝撃などでバンパーが破損してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。バンパーは衝突時の衝撃を和らげる役割を果たしているため、破損した状態のままで走行を続けるのは危険です。破損してしまった場合は、すぐに修理や交換を行いましょう
ここでは、バンパーの修理・交換にかかる費用や、どこに修理を依頼すべきか、修理にかかる期間などについて詳しく解説していきます。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

バンパーの修理・交換費用相場

コイン

バンパーの修理や交換にかかる費用は、損傷の程度によって異なります。簡単に修理できる小さな傷などであれば修理費用は比較的安く済みますが、バンパーの交換が必要なほど損傷が激しい場合、交換費用は高額になります。
では、実際にどれくらいの修理・交換費用がかかるのか見ていきましょう。

バンパーについた傷の修理費用の目安

バンパーにできた傷を修理する場合、傷の大きさや深さにもよりますが、13,000~25,000円程度が修理費用の相場になります。車の他の箇所の修理費用と比べると比較的高額であるため、ひっかき小さな傷などの場合は、自分で修理した方が安く済むこともあります。

バンパーのへこみの修理費用の目安

バンパーのへこみの修理費用もへこみの程度によって異なりますが、傷の修理と同じく、13,000~25,000円程度が相場になります。小さなへこみであれば自分で補修することもできますが、へこみの補修は失敗すると複雑な形に変形してしまう恐れがあり、傷の修理よりも難易度が高くなっています。
また、へこみ修理の場合は塗装が必要になることが多く、珍しいボディカラーの場合は修理費用が高額になりやすいです。

バンパーの交換費用の目安

バンパーの損傷が修理では対応できないほど激しかったり、損傷の範囲が広い場合は、バンパーそのものを新しいものに交換する必要があります。バンパーを交換する場合は、バンパーの部品代によって交換費用が左右されるため、交換費用の幅は非常に広くなります。車種によってバンパーの部品代は異なりますが、5~20万円程度が交換費用の相場となります。
バンパーは車のパーツの中でも高価な部類であり、バンパーの交換費用は高額になりやすいため、長く乗っている車のバンパーを交換する必要がある場合は、乗り換えを検討してみるのも一つの手です。
また、交換するバンパーを新品ではなく中古品で探すことができれば、交換費用を安く抑えることができます。当然、メーカー純正品の新品が品質は一番いいですが、その分高価になってしまうため、できるだけ状態のいい中古品を探すことをおすすめします。

内部が変形している場合の修理費用の目安

衝突時の衝撃が大きいと、バンパーを貫通して車の内部まで損傷してしまうことがあります。フレームの修理も必要となる場合、フレームの損傷の程度にもよりますが、フレームの修理費用だけで5~10万円、場合によってはさらに高額になることもあります。さらに、これに加えてバンパーの交換費用も必要になるため、かなり負担が大きくなります。
フレームは車の重要な部分であり、修理したとしても他の部分の不具合を引き起こす恐れがあります。また、フレームを一度でも修理すると修復歴がつくことになり、売却時の価値が下がってしまいます。修理費用が高く、売却時の価値も下がることを考えると、車を買い換えた方がお得になることがほとんどです。

バンパーの修理・交換はどこに依頼する?

スマホを触る女性

バンパーの修理や交換を自分で行うのは難しいため、専門の業者に修理や交換を依頼することをおすすめします。修理や交換はどこに依頼すべきなのでしょうか。

安心感のあるディーラー

ディーラーにバンパーの交換を依頼すると、基本的にはメーカー純正品の新品のバンパーに交換してくれます。ディーラーに修理や交換を依頼する最大のメリットは、メーカーや車種に関する専門知識が豊富なスタッフに任せることができる安心感です。
しかし、整備工場や板金屋などと比べると、どうしても修理や交換にかかる費用は高くなってしまいます。値段よりも確実性や安心感を求める方は、ディーラーに修理や交換を依頼することをおすすめします

費用を抑えるなら整備工場・板金屋・モータース

整備工場や板金屋、モータースなどに依頼すると、ディーラーよりもバンパーの修理・交換費用を安く抑えることができます。また、中古品のバンパーを取り寄せてもらうこともでき、細かい要望などにも応じてもらいやすいというメリットもあります。
しかし、こういった業者を初めて利用する場合、どこまで対応してもらえるのかや、技術力が未知数だというデメリットもあります。利用を検討している業者の評判などを事前に調べておくことをおすすめします。

バンパーを自分で修理するのは難しい

バンパーは前部分のフロントバンパー、後ろ部分のリアバンパーに分かれている、車全体を覆う大きなパーツです。そのため、自分で修理するのは難しく、高度な技術が必要となります。新しいバンパーが手元にある場合、自分で交換することは可能ですが、バンパーの取り外しや取り付けなどの工程は、専門的な知識や技術が必要となる複雑な作業です。よっぽど腕に自信がある場合は別ですが、基本的にはプロに修理や交換を任せるようにしましょう

バンパーの傷をコンパウンドで補修|修理の手順やコツをご紹介

バンパーに傷ができると目立ちますし、すぐにでも修理したいと考える人は多いです。しかし、少し傷がついたくらいで修理に出すのはもったいないですし、かといってそのまま放置することもできません。小さな傷であれ ...

続きを見る

バンパー修理の作業工程と日数

最適なタイミング

バンパーの種類や交換をディーラーや整備工場などに依頼した場合、どれくらいの日数が必要になるのでしょうか。車を修理に出している間、代車などを利用する必要がある方は、修理期間が長くなればなるほど費用がかさんでしまうので注意しておきましょう。

バンパー修理の作業工程

バンパーの修理はまず、バンパーを取り外し、傷の程度によって磨き落としたり、パテで埋めるなどの作業を行います。バンパーが変形してしまっている場合は、元通りにはまるように形を戻す作業が必要になります。へこんでいる箇所は引っ張りあげて元の形に戻すこともありますが、基本的にはパテで埋めて修復します。形を整えた後は塗装し、元の場所にはめ込むことで修理は完了します。
一見、作業工程が多いようにも感じますが、簡単に言うとバンパーを取り外して補修した後、再び取り付けるという作業になります。

バンパーの修理・交換に必要な期間

バンパーの修理や交換に必要となる期間は、バンパーの損傷の程度や箇所によって異なります。基本的には、フロントバンパーの修理の方が期間は短く、リアバンパーの修理は期間が長くなりやすいです。
傷やへこみを修復するだけであれば、フロントバンパーで2日程度、リアバンパーで4日程度が目安となります。しかし、損傷が激しく、バンパーの交換が必要となる場合は、新しいバンパーを取り寄せる時間が必要になるため、期間は長くなります。特に外車など、部品を海外から取り寄せる必要がある場合は、かなり長期間かかってしまうこともあります。

バンパーの修理・交換費用は高額になりやすい

バンパーは車の重要な部分であるため、修理や交換にかかる費用は高額になりやすいです。そのため、長く乗っている車のバンパーの修理費用や交換費用が高額になる場合、新しい車に乗り換えた方が、長い目で見るとお得になることも少なくありません。
まずはディーラーや整備工場などから修理・交換費用の見積もりを取り、車買取業者の査定額と比較して、どちらがお得かを見極めることが重要です。
カーネクストでは、バンパーが破損してしまった故障車や不動車などのお買取も積極的に行っております。査定も無料で承っておりますので、まずは一度査定し、修理費用の見積もりと比較してみてはいかがでしょうか。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト